無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。

「特に思い当たるところはないのに、いったいなぜ?」と感じるときには、ひょっとするとなにげなく発した“ひと言”が発端となっているリスクも否めません。

そこで、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズに迫ります。

 

40代になってこれはちょっと…恋愛がダメになるフレーズ1:「だるい」「面倒くさい」

「いい歳して『だるい』とか『面倒くさい』が口グセになっている女性は、幼稚だし、一緒にいてテンションが下がります。例えば『ちょっと遠いんだけど、美味しいパンケーキの店があるから行ってみない?』と誘ったときに『遠いのはダルい』とかって返ってくるのは最悪。二十歳ソコソコじゃないんだから、こういう言葉を使って、相手のやる気を削がないでほしい」(44歳男性/IT)

 

「一緒に出かける約束をしているときに『なんか、めんどくさいねー』と言う女性が苦手です。行きの電車内や出がけに言われると、テンションはだだ下がり。そんなこと言いながらも、結局は行くんだから、もっとポジティブな言葉を言えないものかと思ってます」(42歳男性/編集プロダクション勤務)

 

ネガティブな言葉が口グセになっている40代女性は、かなり危険! 若いころから引きずっている「単なる口グセ」で深い意味はなかったとしても、男性たちはそう受け取ってはくれません。

 

40代になってこれはちょっと…恋愛がダメになるフレーズ2:「〜してください」

「敬語って、関係性によっては、ときにイラっとさせられません? 僕は、もう親密な仲になっている相手から『〜してください』口調の連絡が来ると、そのたびにウンザリします。丁寧な言葉ではあるのだけど、距離を感じるし、キツい感じがしますね」(45歳男性/工場経営)

 

「対面でもLINEでも『〜してください』が多い女性は、僕的にはNG。そもそも相手に何かをさせたいときに使う言葉だし、その言い方が上から目線っぽくてトゲを感じる。こういう言葉を多用する40代は、一緒にいると疲れます」(48歳男性/造園)

 

「〜してください」は丁寧な言い回しでもあるものの、40代が親密な相手に対して口にしてしまうと、年代なりの貫禄(!)もあってか、怖い印象を与えがちなのも否めません。

 

自立していない印象を強めてしまうあの言葉は、NG!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事