二度と思い出したくない!リアル40代の「トホホな送別会」ワースト4

春は別れの季節でもあります。卒園、卒業、転勤、退職、あれこれありますね。リアル40代には、退職での送別会にまつわるエピソードを聞いてみました。見送る側のときもあれば、見送られる側のこともあります。でもトホホなことのほうが多かったみたいです。そのトホホな送別会エピソードをご覧ください。

 

異動するお局様に女子が総反撃!「全員すっぽかし」

今は私がお局様ですが、やはり若手時代もありました。

その頃の職場にいたお局様って、今の私より年下だと思います。

すごい意地悪で若手の女子社員をいじめるのが仕事みたいな人でしたね。

 

考えると、あの時代って独身のまま、ずっと働くのって

すごく風当たり強かった時代だと思うので

当たり散らしても仕方なかったかもしれないですね。

許されることじゃないけど。

 

その意地悪お局様が寿退社することが決まったんです。

詳しいことは不明ですが、お見合いだったと思います。

また当時、お見合いも下に見られる時代でしたね。

今は普通に婚活がありますが、

恋愛至上主義っていう時代でしたから。

 

私は「面倒なヒトがいなくなった」ってほっとしてたんで、

最後のお勤めだし、と彼女の送別会に出席したんです。

会費だけ払って逃げてもいいと思ったんですが、

それもあとがまずいか、と思ったんです。

 

ところが出席した女子社員は私だけ。

 

最後の最後で総スカン食ったわけです。

なんか泣かれるし、周りには慰めろって押し付けられるし、

本当にトホホでした。

 

とはいえ勉強になりました。

この送別会で社内の立ち回り方を全部学んだ気もします。

あとはこのお局様から最後の最後に集団でやり返されるという

現実も確認できましたから。

(44歳・独身・会社員)

 

お通夜みたい…「辞めたくない人」のグチ送別会

会社員時代の話です。

仲が良かった同期の送別会がトホホでした。

 

同期が退職する理由って

家業を継がなきゃいけなくなったっていうことだったんです。

彼は本来継ぐ必要がなくて、

じゃあやりたい仕事をするって就職したんです。

でも跡継ぎのお兄さんが逃げちゃって、

彼が継がなきゃならなくなっちゃったわけです。

 

やりたくて選んだ仕事が向いてたんですよ、彼は。

仕事がすごいできる人だったし、

上司たちは自分の後継者と思って、

かなり仕事を回して、鍛えていたんです。

彼らの掌中の珠が奪われたみたいなもんです。

 

だから送別会の空気が重くて暗い。

 

家業がいままでの仕事と近い業種だと腹が立つだろうけど、

良いライバルだとか、新規得意先にもなりますよ。

でも彼の家業はまったく畑違いなんですから、

泣きたくもなりますよ。

 

彼だって全然家業の仕事を覚えずに来てるわけですから、

不安だの不運を呪ってました。

今までの彼が積み上げたキャリアを全部潰されたわけですし。

 

結局、彼は恨み酒。

上司は泣き酒。

同僚は落ち込み酒。

居酒屋の宴会スペースがお通夜。

 

あれはトホホより悲惨でしたね。

彼は元気かな、と今も思います。

(49歳・独身・フリーランス)

 

「おめでとう」が言えない人たちの寿送別会は…

職場結婚ですから、自動的に私が退職しました。

別の部署でもダメだったんです。

そのときの送別会がトホホでしたねえ。

 

まず上司は

「女は仕込んでも数年で退職だから意味がない」

「腰掛けで女はやめるから嫌なんだ」

とか言うわけです。

辞めさせるのはアンタらだろうって思いましたけどね。

あとは

「子供はいつだ?」

これってセクハラですよね

 

仲がいいと思っていた同僚たちは

「うまいこと会社で一番良い男捕まえたよねー」

「やっぱり地味な見た目は結婚で強いよねえ」

「手が早かったのは、あなたでしょ?」

「浮気されないようにねえ」

でしたね。

うまくやってたつもりだったんですが、

こんなもんなのか、と情けなかったです。

 

この人たち、「おめでとう」の5文字が言えないんだ、と

ぼんやり思いながら、聞き流していました。

 

こんなだったら送別会なんかいらないと思います。

 

この会社の後に勤務したところもこんな感じでしたね。

なんだか送別会って人の本性が現れる気がします。

 

結婚しなきゃしないで面倒なことを言うんだから、

平和に送ってほしいものですね。

うわべでうまくやるなら最後までうまくやるべきなんです。

 

ちなみに送別会でもらった花束はゴミ置き場に捨てました。

花束に罪はないだろうけど、

嫌なものがこもってそうだし、持ち帰る義理がないでしょ?

(42歳・既婚・会社員)

 

二度とやるな!フラッシュモブだけは!

やってみたかった仕事で、

尊敬できる上司の下につき、

さらに良い同僚や後輩にも恵まれ、

人生って素晴らしい!と思ってましたが、

健康問題で退職することになりました。

 

これも運命ですね。

 

で、職場で送別会を開いてくれたんですが、

フラッシュモブ?ですか?

ああいうのを後輩がやってくれたんです。

 

正直居たたまれなかったですね。

たとえ場所がレストランの個室でも、しんどかったです。

 

あとからデジカメで撮った写真が送られてきましたが、

私だけトホホな顔してました。

 

ちなみに会社は辞めたんですが、

今は職場とは協力業者っていうか、

外部専任スタッフとしてのつながりがあります。

月に1回は会議で顔も出しています。

 

今は主任に昇級している同僚が

「感動的に送り出したのに出戻ってきてる!」っていいますが、

「相手を考えずにやった恨みがあるから化けて出てるんだ!」って答えています。

顔を合わせるたびにやっているので、

元同僚の部下のみなさんはあきれています。

(46歳・既婚・フリーランス)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク