だから「実家へ帰省がイヤ」になる! リアル40代の叫び

お盆といえば帰省でしょうか。「実家に帰省したら、何をしますか?」というアンケートの回答が、実家に帰省したくない理由になってきてしまいました。

そこであたらめて「実家が嫌な理由を教えてください」とアンケートし直した結果がこれです。40代ならではの切実な答えに満ちていました。

実家が嫌な理由はあれこれあります。同じ理由に頷くもよし、心の中で少しだけ応援してもよし。この時期を上手に乗り切りたいものです。

 

実家は面倒事を用意して待っている

■待ち受けているお見合い写真が全部気持ち悪い!

40代で独身というのは田舎の人には理解しがたいらしい。

実家に帰るたび、見合い写真がどっさり用意されている。

正直どれも私を不幸にしかしなさそうな人物ばかりである。

自分を棚に上げていえば、気持ち悪いのばかりだ。

イケメンっぽい人もいるが、その人物の名前を地元に残った友人たちに聞けばヤバい話ばかりが出てくる。

全員、明らかに薄気味悪い廃棄物な問題物件。

私はバカ息子のためにあるゴミ捨て場じゃないし、あんたらの世話もしたくない!

(42歳・会社員・独身)

 

■実家で待ち受けるうざい家族の現実

実家で必ず目にしなければならないのは、母と数年前に離婚して戻ってきた姉の諍い。

姉の離婚理由は「嫁いびり」で、母は自分はそれに耐えてきたのに!と腹が立つらしい。

結婚が必ず幸福であると言いきれない現場を毎年見る羽目になるのがつらい。

なお姉は婚活を頑張っているようだが、単に実家から逃げるためだけだとしたら同じことが起こると思う。自立したほうが早いのになあ。

二人を見るのがつらいし、それを止めようとしない父を見るのもつらい。

実家には見たくない家族の現実が待っている。

(41歳・独身・会社員)

 

故郷がいいところだと誰が決めた?と実家で思う

■時代が止まったままの実家周辺に腹が立つ

某地方にある実家に帰ると、台所から出る暇もなく親類の男どもの宴会の世話をする羽目になる。

食べる暇も飲む暇もない。感謝もなく、女は働けという雰囲気。

男が家の大黒柱だから、という理由らしいが、親族は(うちも含めて)全員共稼ぎである。たぶん私のほうが高給取り。

社会で男としてのプライドが傷ついたからって、女をこき使ってなだめさせるな!まったく男のくせに情けない!…とあえて差別的に言ってやりたい。

なお夫は私の実家に近づきたがらない。現代の常識を持っているからだと思う。

(40歳・既婚・会社員)

 

■家族も親類も同業者ばかりで休めないのがきつい

我が家は祖父母も両親も教師。

親族もほぼ教師。

私も教師なので、会話がしんどい。

戦時中の教育や戦後すぐの教育が平成も終わろうとしている現代とマッチするはずないだろうが、と叫びたくなる。

それに田舎と都市の常識の違いも関係する。

っていうか、休暇のときまで仕事の話をしたくない。

今年は仕事であれこれある、と言い訳して帰らないことにした。

(47歳・既婚・教師)

 

言葉の暴力に満ちている実家が嫌だ

■中身の成長だけができない甥が面倒

実家に帰ると会うことが多い甥は小さい頃から暴言がひどい。ブス、デブ、ババア、は挨拶のようなものになっている。

兄夫婦に注意しないとまずいよとさりげなく言ったら、男の子はあのくらい元気じゃないと、と返されるだけだった。

甘やかされ過ぎて高校生になっても治ってない。

久しぶりに顔を見せた遠方に住む姉のとこの姪にも甥は同じだった。可愛い女の子相手でも変わらない。

すると姪は

「じゃあ同じレベルになってあげるね。底辺キモブサメンに言われたかねえわ、裏の井戸に埋めるぞ、イモ野郎ってのは、どう?」

と涼しい顔で返し、甥が青い顔で無言になって震えていた。怒りではなく、恐怖で。

私は現実の同世代の女の子からの反撃を初めて知った彼の成長を祈るばかりだ。

でも、ざまあ!と42歳の叔母はおとなげなく思う。

(42歳・独身・公務員)

 

■実家の空気に負けない娘よ、あなたを誇りに思う

実家に帰ると、必ず親や親類から、成長が遅い、躾がなっていない、女の子らしくない、可愛げがない、など育児への批判を言われる。

じゃあ協力してくれ、とシングルマザーでワンオペの大変さを訴えると、勝手に離婚したんだから自業自得だし私はひとりで育てた、と答える。嘘つけ。

しかし昨年、反抗期の娘(14歳)がその会話を聞いてしまい、どうなるかなあ、と思ってたら

「ママがこうなったのは、おばあちゃんたちの育て方が悪かったんでしょ?私はママに育てられたけど、そこそこいいと思ってるよ?

とさらっと語って去っていった。

帰る途中の車の中でもちろん娘をほめたたえた。

不思議そうな顔してたけど。

(43歳・既婚→独身・会社員)

 

帰省する『実家』を選べるなら……

■帰るなら夫の実家を選びたい!

夫の実家は楽しいから、まったく愚痴はない

夫と離婚しても友達としてつきあい続けそうな義母がいるっていうのが理由。

義母と一緒に勝手に出かけるし、世間話しながらの家事でも盛り上がる。

でも実家は嫌だ。

夫を自分勝手にダメ出しする自分の家族や親族にムカつく。

それをたしなめたら、「家族だと認めてる証拠」という説明になっていない理由を言われ、40過ぎて初の家庭内暴力を起こしそうになった。

周りの友人から不思議と言われるが、そういうことだって現にある。

自分の実家は本当に嫌い!

(40歳・既婚・公務員)

 

■安らげない実家から逃げて安住の地を発見

実家に帰ると、嫌な思い出話と説教ばかりでつらいし、うざい。

接待って割り切ればいいけど、貴重な休暇をこんなことに費やしたくない。

だから親族で唯一気があっていた亡き祖母の墓の前で缶ビールを飲んで過ごしている。

そうしたらお寺の住職さんに心配された。

結果的にお寺の住職さんと祖母の楽しい思い出話をして、その足で自分の住んでいるとこに帰りました。

今年はこっち(お寺を経由して祖母のお墓)に帰ります!

(46歳・独身・公務員)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

頭皮が固いと「老け顔」に!? 今すぐ1日5分の簡単セルフケア

「前より太ったわけじゃないはずなのに、何だかボワンとして、さえない顔……」と、鏡や写真にうつった自分を見て首をひねること、ありませんか?もしかしたらそれは、頭皮や…

心がつらくなったら。ストレスが軽くなる10分の「リフレーミング」を

あー!悲しい、という気持ちで心がいっぱいになってしまったこと、誰でもありますよね。もう涙が枯れるまで泣いたりしたこと、ありますよね?たとえば、大好きな恋人との破…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

魔法の1フレーズで激怒もスッと収まる「アンガーマネジメント」

突然ですが、みなさんのメンタルは「健やか」ですか?私たちは生活を続けている限り、さまざまなストレスから逃れることはできません。でもストレスを感じた時に早めになん…

職場の人間関係がストレスな40代に!「これでちょっと改善した」働く女性の5つの知恵

なんだかんだで、オフィスの最大の悩みは、お仕事そのものではなく「人間関係」! この悩みを避けるわけにいきません。そこで、働くリアルな40代に「オフィスの人間関係をいい具合に保つささやかな知恵」を聞いてみ…

いま40代が後悔しているのは?「30代までに挑戦と失敗をしておくべきこと」

40歳を『不惑』といったりしますね。しかし惑うこともありますし、30代までに挑戦し、仮に結果が失敗でも経験を積んでおけば良かったという後悔を持っている人は案外多いものです。むしろ、後悔と無縁の人のほうが少…

それ絶対ダメ!40代がいまだにやらかす「失敗ダイエット」5つの典型例

20代はやせていた人でも、40代になってからダイエットに取り組む必要が出ることは珍しくありません。また20代に多彩なダイエットを試した方の本気度もすごいです。でも20代のときと同じダイエットで失敗することが多…

40代ビジネスウーマンに聞いた!会社の「ストレスを上手に解消」する方法7選

普通に暮らしていてもストレスは溜まっていくもの。会社だってちょっとかみ合わせがずれればとってもストレスフルです。もうストレス生産所と呼びたいほどですよね。でも年齢を重ねるにつれて、降りかかるストレスに…

ダイエット疲れを吹き飛ばせ!やり直しに効く言葉は何?

大人は疲れと共存して生きるといっても過言ではないですね。その疲れの原因はアレコレあると思います。ダイエットも大人を疲れるものの1つです。今月のオトナの疲れ取り特集でも、ダイエットに疲れた大人の女性たち…

夏の「電気代の節約」どうしてる? 40代女性のリアルを調査してみた

2018年は猛暑です。もう凄まじいものですよね。異常気象で日本の暑さが危険区な状態です。まさにエアコンが欠かせない夏ですが、電気代も気になりますよね。そこでどんな風に室内にも押し寄せている暑さに対抗しつつ…

40代のビール腹対策!みんなが太らない・二日酔いしないためにやっていることは?

夏はビアホールに行ったり、居酒屋の飲み放題も気分がアガりますよね。でも飲み放題でやらかすという失敗もあり得る問題です。それに二日酔いも怖い。そこで40代の読者にどうやって回避しているかをアンケートしてみ…

ラクに体重が落ちるとウワサの「粗食ダイエット」にライターがトライ、結果は!

1週間で体重を落とすとすると、やはり食事管理が欠かせません。つまり量とカロリーのコントロールですね。それにふさわしいのは「粗食ダイエット」!「そしょく」と言うと台湾のベジタリアンフード、「素食」が浮か…

ズボラ40代の結論! 紫外線過敏症の私がたどり着いた3つのガード術

こんにちは、不真面目なダイエット連載に定評のある藤井です。私のようにダイエットすら不真面目な人間が、美白なとどいうコツコツとした積み上げの必要なことを真面目に頑張れるとは思えないでしょう。でも、頑張ら…

夏のイヤーな洗濯物の悪臭、こうして防いでます!40代のガチな知恵

この時期、ちょっと気を抜くと、汗で濡れた衣類から悪臭が漂いませんか?衣類の悪臭の原因は、繊維上で繁殖した雑菌。要するに洗濯のときにこれらの原因菌をうまく除去できていないのです。参考/花王・汗をかいた後…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事