よく飲む人ほどお金持ちになる?意外だけどシンプルな理由【国税芸人の視点】

交際費とは、難しく言うと接待、慰安、供応、贈答を、得意先や仕入先に行った費用です。広く一般的には、“飲み代”が交際費と認識されていますが、間違いではないでしょう。それ以外にも、付き合いの場や慶弔の出費、細かいところではクラウドファンディングや催しへの出席のための負担も、交際費です。お金の貯まる人は交際費を惜しみません。そして「お金がない」とか「今月、出費が多かったから」などと言いません。それが、お金を逃がす発言だと認識しているからです。

 

お金なくとも交際する芸人チーム

芸人チームは、とにかくお金がありません。ほとんどがアルバイトをしていて、その半分くらいは金融機関からの借金があります。それでも、付き合いを怠らない人間がたくさんいます。そういう芸人さんは、自ずと仕事をくれる人が増えていって、いずれバイトを辞められるくらいになります。

 

もちろん、ぼくもアルバイトをしていました。今だったら考えられませんが、いい歳して時給980円で働いていました。月収だと10万円とか15万円くらいでしょうか。それでも、どんな誘いも断らず、すべての会食やイベントに参加していました。その結果、同性でお茶に誘ってくる人はマルチ商法、ホームパーティをやっている人はマルチ商法、豊洲で運動会をしている人はマルチ商法という偏見が芽生えてしまいましたが、それ以外に多くの素敵な出会いがあって、仕事をいただき、豊かな知識を得ることができました。

 

「合コンは投資である」このシンプルな理由

この間、同期が「もう合コンはしない」と言っていました。「3000円払って女の子と飲んでも意味がない」と考えているようです。目の前に見えるものしか見ていない、極度の近視です。彼のことは同期として愛していますが、これには苦言を呈したい。3000円払った合コンで、4人の女性と知り合うとします。そのうち一人がライブに来てくれることになりました。大抵、一人では来ませんから2枚以上チケットが売れます。4人で来るかもしれませんし、何度も来てくれる可能性もあります。チケットは1枚1000円なので、3000円くらいすぐに元が取れるわけです。

 

そういう風に、投資的に考えないと、非効率的な支払いばかり増えて、永遠にお金は貯まりません。証券会社に口座を開かなくとも、投資の機会はあちこちにあるのです。

 

だから、週に3回くらいは合コンをしたいんですが、芸歴10年にもなると(なんと、4月で10年目になりました。あっという間の10年なり)、そんな飲み会もなくなります。合コンに積極的な大学生や20代前半と出会うことがないので、自ら催すこともないし、同期も催さない。

 

年齢が上がってきたら「おじさんと飲む」のもいい

最近では知識を求めて、おじさんとばかり飲んでいます。その知識を、自分なりに整理して、他の知識と組み合わせて講演会で喋ったり記事に書いたりして、生活しています。

 

おじさんはぼくより所得が高そうなので、高級なお店で集まることもあります。でも、金額を理由に断ったことはありません。幹事の大変さを知っていますし、何より、高級なお店に集まるおじさんは、仕事を頑張っているので、より面白い知識を持っている可能性が高いからです。

 

結論。交際費は「いろんな応援を形にしたもの」である

Facebookでは様々なイベントの告知が届きます。お花見や忘年会、知人が自分の成果をお披露目する催し、ブレインストーミング、ミートアップ。面白そうであれば参加しますし、興味がないジャンルであれば無料でも参加しません。ただ、知人が自分の成果をお披露目するような催しは、応援の意味も込めて積極的に参加します。「頑張ってね」というより、お金を払って参加することが本人にとっても、ぼくにとっても良いことだからです。

 

そのようにお金を使っていると、この10年でライブに来てくれていた人たちも応援を形にしてくれていたんだなと気づきます。もともと感謝していましたが、益々感謝します。その人達のためにも、お金を稼ぐだけでなく、タレントとして売れないとな、と思います。

 

きっと、ぼくが応援した相手も、「ありがとう」と思ってくれているはずです。その感謝が大きくなったら、仕事や人の紹介で返してくれます。

 

交際費を使うというのは、そういうことだと、ぼくは思います。

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

【男の意見】男が○○をしなくなったら浮気のサイン。金づかいで見抜く男の浮気本性

こんにちは、元国税局職員 さんきゅう倉田です。さて、芸人はみんな浮気をします。ぼくは、お笑いを初めて10年ですが、たくさんの浮気の話を聞いてきました。売れている売れていないに関わらず、みんな浮気に明け暮…

意外と知らない!芸能人の結婚式に呼ばれたら、ご祝儀はどうする?問題

他者と素敵な人間関係を築く人は、お祝いごとをかかしません。とくに、お笑い界は、めでたいことに敏感です。結婚式に呼ぶのが憚れるような大御所の先輩であれば、結婚の報告だけをすることも多々あります。すると、…

年収8000万の人たちがやってる「ものすごく手間がかかるけれど効果がデカい」節約

先日、クイズ番組の収録に遊びに行ったのですが、楽屋に10人いる中、お弁当が20個余っていました。持って帰りましょう、と誰かが言ったところ、その中にいたお金持ちから順にお弁当を取りに行っていましたが、先…

「もっとお金がほしい人」がインスタを見るとき注意すべき8ポイント

いつの時代も、たくさんの詐欺が溢れています。詐欺とは認定しがたいけれど、知識不足や思慮の浅さに付け込まれて、利益の出ない不動産を買わされてしまう人もいます。先日、ぼくの知り合いの30代の女性が「マンシ…

副業やセカンドキャリアを始めるときに、知っておきたい4つのこと

「仕事を辞めてかわいいカフェをやりたいなあ うふふ」と若い頃は思うものです。そのうち、開業資金や煩雑な手続きのことを知り諦めるわけですが、副業として何かをやるのはとてつもなく素敵なことです。国も副業・…

「自然にお金がたまる人」は腰を曲げない?言われてみればその通りの小さな習慣

「あっちのスーパーのほうが安いわあ、ちょっと遠いけど行っちゃおうかしら」数百円や数十円を追い求めて、スーパーやドラッグストアを移動していませんか。少しでも価格の安いものを求めるのは大切ですが、下がった…

傘を売るなら、雨の日は値上げする?値下げする?正解は…

あなたが交渉中の相手が、生意気な態度で交渉を取り下げてきました。あなたが「いま、取り下げるならあなたと会うことは二度とないわ」などと言ったとしましょう。それに対して相手は「私は、この会社の敷居をまたぐ…

国税芸人は見た!「ヤバいほどモテない」お金づかいの3人

お金の使い方や扱い方には、育ちや考え方が現れるものです。現金を蔑ろにし、支払いを渋り、自分の器を超えて無茶な決済をする人は、お金にも人にもモテません。社会にはびこるヤバイ人たちから、「モテないお金の扱…

ツチノコ見つけたら15日までに確定申告して!「会社員でも申告が必要」な7つのケース

会社員の確定申告は、やると得する場合とやらなければいけないけど損をする場合があります。前者は控除が受けられるときが該当し、後者は会社からの給与以外に収入があるときです。恣意的に確定申告は必要ないだろう…

元国税芸人が教える「意外な確定申告」サラリーマンでもお金が戻る5つのケースって?

1ヶ月間の確定申告期間も終わりを告げようとしています。オトナサローネの読者の皆さんは確定申告をしたのでしょうか。よくわからないからしていない、会社でやってくれているから大丈夫、そんな風に考えたことはあ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事