40代はスキンケア断捨離がマスト!じょうずな捨て方のコツと、最後に残るものは…?

新元号が「令和」と決まり、字体そのものはクールな感じだけど、昭和の響きに似ていてちょっと安心感を感じている中尾です。

さて。新学期がスタートしました。新たな場所で学ぶ人、働く人が多いことでしょう。私も今年は何か学びに行こうかなと思案中。人生も折り返し地点をとっくに過ぎ、何か得るものがあれば今のうちに吸収しておきたいという心境です。

が。何かを入れるためにはすき間を作らなくちゃなりません。断捨離というワードがありますが、なにごとにおいてもそれって必要なことなんですよね~。

余談ですが、コンマリさんにはいたく共感してまして、部屋の中では、ただ今「ときめくか、ときめかないか」絶賛吟味中です(苦笑)。

美容でも同じです。肌の上にたくさん重ねれば重ねるほど、崩れやすくなります。高級なコスメも土台がダメだったら無意味。いろいろと使えばいいってもんじゃない。必要なものを見定め、不必要なものは捨て去るべきです。

 

 

ファンデーション選びはツヤをまとう肌を目指したい!

最近は、コンシーラー&パウダーファンデーションでしっかりカバーすることはやめました。レーザーを当ててシミを取ったことも大きいですが、40代オーバーな肌に必要なのは艶、きらめき。透明感が演出できるパウダーファンデーションはたくさんありますが、やはり粉のチカラだけではつやめきが今ひとつ。

 

そこで手に入れたのが、ヤーマンの「ミネラルエアー」。まさにミスト状のファンデーションを“浴びるだけ”で10秒もあればメイク完了。ミネラルと美容成分配合なので肌負担も感じることなく、ミストでふんわり色をかけるという感じの仕上がりに。軽いけれど、自然にカバーはしながらツヤを与えてくれる、まさに40代オーバーの肌には必須なアイテムだと思います。

ミネラルエアー スターターセット(本体、ミネラルエアーファンデーション 10mL、充電用USBケーブル)  全7色 1万2,000円(税抜)

 

 

素肌からつややかに輝く肌になるためにヒアルロン酸に注目!

とはいえ、それだけでは物足りない。肌そのものがつややかでなくちゃ。と思い、スキンケアもヒアルロン酸ケアに的を絞っているところです。美白ケアも保湿ケアもシワケアも、ヒアルロン酸に集約中。以前クリニックでヒアルロン酸を注入してみてわかったことは、肌全体がぷりんとしてつやっつやになること。もちろん、永久に続くわけじゃありません。以来、あらゆるヒアルロン酸コスメを塗布することにしています。

 

コスメですから、即効性などは後まわし。とりあえず、集中して使うことに専念中です。化粧水だってヒアルロン酸配合をセレクト。ヘレナ ルビンスタインの「アドバンスド P.C.ローション」は、ヒアルロン酸×保湿ポリマーとの組み合わせで1日中しっとりした肌触りをキープしてくれます。

ヘレナ ルビンスタイン アドバンスド P.C.ローション200mL  8,500円(税抜)

そして、スイスの美容研究所LABO社が、5年の歳月をかけて開発させた「フィレリーナ リプレニッシング トリートメント」。

フィレリーナ リプレニッシング トリートメント 3種類  1万3,000~1万6,500円(税抜)

独自のヒアルロン酸配合技術を持ち、パーソナルなケアができるのが特徴です。注射器のようなアプリケーターに取って使いますが、なんだか注入するような気分(笑)。リプレニッシング ジェルとシルキーフィルムの2種類を毎晩、たった2週間続けるだけなので、めんどくさがりな私でもOK。肌悩み別に3種類揃っていて、個人的にはヒアルロン酸濃度が一番濃いグレード3を愛用。ジェルだけでもすぐにツヤツヤになるけれど、シルキーフィルムを重ねて使うと1週間過ぎたあたりからもっちり感が段違いになります。

 

それから、ヒアルロン酸のマイクロニードルがついたシートタイプのマスクも必携。資生堂の「ナビジョン HAフィルパッチ」を始め、さまざまなメーカーから出ていてプチブームですよね。まさにクリニック発想というか、速攻ケアとしてお役立ちのアイテム。大人気の「ナビジョン HAフィルパッチ」は大判サイズのシートに1200本のヒアルロン酸100%の針が並んでいる状態。週2回程度の使用が効果的だそう。注入ほどはいきませんが、乾燥による小じわくらいなら貼って寝るだけで目立たなくなります。

資生堂 ナビジョン HAフィルパッチ 2枚×3包  5,800円(税抜)

というわけで、最近はヒアルロン酸ケア×ミネラルエアーを大活躍させています。あれもこれも体験することも楽しいんですが、今何か必要かを見極める時期も大切ですよね~。

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

日焼け止めのオススメは何?美容ライターが今年リアルにお気に入りのUV3選

長いゴールデンウィークのあと、五月病にすらなれないほどバタついておりますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。今回は、日焼け止めについて超個人的なセレクトをお送りしたいと思います。もしかして、日差し…

このコスメが2019年の美を作る!気になるコスメトレンドランキング

こんにちは、美容ライターの中尾です。今年もよろしくお願いします。さて、平成最後の年と言われてますが、同世代の皇太子が天皇になられる、という事実に感動してます。あんなに小さかったのに~。同じだけ年を取っ…

美容ライター中尾さんの「超個人的ベスト」は?【オトナサローネ2018ベストコスメ】

2018年もあと少しですね。流行りぽく言えば、平成最後の12月、ということですね。各誌、各WEBでベストコスメを特集されていますが、こちらでも勝手に個人的なベストコスメを発表させていただきたいと思います。【オ…

【美容ライターが提言】40代50代の「たるみ毛穴」をキュッと締め上げる!化粧水・美容液・クリームはコレだった

抗老化生活を模索している中尾慧里です。今回のテーマは「たるみケア」とのことなんですが、50歳を過ぎると、すべてにおいて重力には逆らえない状態。いろいろなことを試している最中なので、何を話していいやら?と…

爽快!50代「枯れかけボディ」のめぐりを促す美容鍼で背中のハミ肉撃退

猛暑の中、老体に鞭打って仕事をこなすライター・中尾慧里です。最近は肌表面のトラブルだけではなく、健康面でもいろいろと心配ごとが増えてきました。50歳を越えてくると、シミだの吹き出物だの言ってる場合ではな…

突然ポツンと吹き出物が。美容のプロが愛用のオススメ2品とは…?

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。気になっていた、老け感を増幅させるシミがなくなって、日々快適に過ごしております(前回記事でもご報告しましたが、クリニックでレーザーを…)。シミがない素肌って…

流行りの「太眉」、40代・50代はついゴン太眉になりがちだけど…

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。3月はクリニックでの「シミとり大作戦」を決行しておりまして、ついついこちらのブログから離れておりました。その大作戦のことは、シミのビフォー&アフター写真と共…

以前より「シワが深い、シミが濃い!」と思うこと、ありませんか?

ある日ふと、鏡を見ていて「シワが深くなってる!」「シミが濃くなってる!」とか、写真を撮ったとき「横顔がたるんでる!」といったことに気づくことはありませんか?深くなる肌悩み、あなただけではありません!40…

[PR]

50歳ぺたんこ髪のハリ・コシが復活!はちみつの秘密とは…

50歳のラインを超えると、途端に「毛」そのものが弱く細くなってくる、ということを実体験している今日この頃です。前回ご紹介した時のまつ毛もそうですし、体毛すらも弱弱しくなるし。でも、やっぱり他人の目にも明…

「20年ぶりのマツエク」で申し訳なさそうに言われたこととは…

もう20年ほど前にまつエクが流行り出した頃、お仕事のおつきあいもあってさっそく最先端のまつエクをやっていました。その前はまつ毛パーマにハマっていたので、やはり20~30代はぱっちりとした印象的な目を演出した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事