男ドン引き! お泊まりの朝「別人じゃん…」になる40代に足りないコスメは?

お泊りデートの翌朝は、ポーチに入れて持参したコスメ類で、メイクを済ませるのが一般的。

アレコレと持っていくと荷物になるので、こういったシーンでは持ち歩くコスメは厳選し、自宅でのメイクに比べて、簡素に済ませている女性も多いのではないでしょうか。

ところが、“ツボ”を押さえたコスメを持っていなかったばかりに、パートナーが「あれ? 昨日とは別人じゃない……?」と感じるケースもしばしば起きているようです。

時短美容家の私、並木まきが、男性がお泊りデートの翌朝に違和感を抱く40代女性ほど、ポーチに忍ばせていないコスメに迫ります。

 

「ある」と「ない」では大違い…お泊りの翌朝、別人になる女性ほど使っていないコスメ1:メイク下地

外出先へ持ち歩くコスメを極力減らそうとすると、スタメンから外れがちなのが「メイク下地」。

昨今は、下地の実力も備えるファンデが豊富なので、こういったものに頼っている40代女性も多いことと思います。

しかし、年齢なりに“くすみ”や色ムラなどが出ている40代の肌だと、やはり下地とファンデーションを別々に塗った肌のほうが、仕上がりは格段に美しくなる傾向も否めません。

機能性コスメは便利だけれど「下地機能があるから、大丈夫」と過信してしまうと、男性からは想定外の「あれ? 昨夜とは別人のような……?」を招きがちです。

カバー力や透明感が不可欠な40代の肌だからこそ、面倒でも下地とファンデは別々のものを使ったほうが、無用な幻滅を避けやすい面も。

 

「ある」と「ない」では大違い…お泊りの翌朝、別人になる女性ほど使っていないコスメ2:アイライナー

お出かけ前のメイクでは入念なアイメイクを意識していても、旅先や恋人の家に泊まった翌朝などには「アイラインは面倒だし、省いちゃおう」となる女性も決して珍しくはありません。

しかし目もとの印象は、アイラインの有無によって大きく変わるのも確か。

アイラインを用いないナチュラルメイクも、抜け感があって悪くはないけれど、前夜にアイラインを使っていた女性が翌朝いきなり“ラインなし”の目もとになると、ちょっと地味な印象を加速させるのも否めず、です。

男性目線だと「この子、スッピンになると、年齢なりに目元がぼやけてる……!」なんてネガティブな感想を抱くこともあるだけに、これまでのデートにアイライン「あり」の目で臨んでいた女性ほど、お泊まりデート翌朝の無用な幻滅を防ぐには、マストなコスメでもあると言えるのではないでしょうか。

 

アイブロウメイクは、○○がないだけで一気に不自然に? 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事