卵かけごはんに「コーヒーフレッシュ」でうま味究極アップアレンジ

1年中どの季節も大人気の「TKG」こと、卵かけごはん。毎朝食べるという人も多いのでは? 2010年ごろの大ブームの後も、あげ玉、キムチ、のりバター、コーンスープなど、あらゆる食材との組み合わせが試され続け、今でもネット上にはレシピがたくさん流れています。

そんな中、試していそうでいなかったダークホースが出現! しかもコストは限りなく安い!場合によってはタダ!

 

 

卵かけフレッシュご飯!

img_5534

登場するのはこの、コーヒーに入れるポーションタイプのミルク。コンビニコーヒーについてきたものが冷蔵庫に眠っていがちです。

ちなみに、関西では「フレッシュ」、関東では「ミルク」と呼ぶそう。神奈川県出身の私は「コーヒーのミルク」と呼んでいました。

おおむね名古屋を境に東西に分かれるそうですが(名古屋人はフレッシュと呼ぶらしい)、この大人口圏での呼び名の違いのせいで「何のことを言っているのか」お互いわからず、これまでご飯のお供として有名にならなかったのでは?という説もあるようです。この記事では「フレッシュ」とします。

img_5574

食べ方は本当にシンプル、ご飯と卵にフレッシュをプラスするだけ。量は、いろいろ試した結果、このフレッシュ1つ(4.5ml)をご飯3杯で使い切るくらいがちょうどでした。

img_5576

とはいえ、最初の1回は「どんな味になるの……?」「本当においしいの……?」と疑心暗鬼なのではないでしょうか。大丈夫、私もそうでした。しかし案ずることはない、解決策がある。

img_5580

先に卵&ご飯&しょう油を混ぜておき、上からスープのトッピング感覚でさっとかけまわす食べ方をオススメします! 軽く混ぜて味をみながら「もうちょっと増やそう」と調節してください。結果的に「ちょっと多めかな?」くらいが美味しいですよ!

 

どうしてフレッシュはTKGに合うの?

img_5542

たとえば、ごま油やオリーブオイルをプラスする食べ方なら比較的想像しやすいかもしれません。フレッシュはこの延長線、油脂のコクをプラスする食べ方です。

実はフレッシュそのものはミルクではなく、乳化させた油脂なのですね。ですから卵黄とよくなじみ、そのほんのりとした甘味がさらに卵をひきたてるのです。

興味深いのは、卵の臭みが消える点。卵かけごはんが苦手という人がよく言う「あの卵の臭みがダメで…」という臭み部分がなぜかマスキングされます。理由はよくわかりません。

ただし、この万能なフレッシュ、弱点もなくはありません。

ミルク系の味なので、何かを乗せて食べる場合は相性のよしあしがあるかも。香味のある薬味系、たとえばネギ、わさび、三つ葉、大根おろしよりも、のりやバター、たらこなどとの相性がよさそうです。少量の味噌、塩こんぶなどは抵抗されることなくなじみます。

たとえて言えば「しつこさのないバター」。そんな感覚でプラスしてみてください!

img_5524

ちなみに、スーパー店頭を見たところ、「トランス脂肪酸ゼロ」というタイプがありました。健康に気をつかう方はこれを選ぶといいかもです。試しに1回やってみようという方、コンビニコーヒーの分を1回まわしてぜひどうぞ! なお念のため、これから食中毒の増える季節ですから、購入した卵は必ず冷蔵保管し、食べる直前に割るなど、取り扱いにご注意くださいね!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

なにげヘルシー! 「サッポロ一番塩」包丁いらないズボラレシピ4つ

みなさん、袋めんは何がいちばんお好きですか?最近、カップ焼きそばは地域ごとに売れ筋がまったく違うことが知られるようになりました。北海道はやきそば弁当、東日本はペ…

笠原将弘さんの「あぶり親子丼」が簡単&絶品! プロのコツ満載レシピ 

あまり家で作る機会もない親子丼。でも、一度このレシピを知ってしまったら、週5回でも親子丼を食べたくて震える騒ぎに! 主婦の友社のベストセラーどんぶり本、『笠原将…

どんなパンも「蒸し」で3割増し美味しくなる!決定的コツは

あらゆるパンが素晴らしく美味しく焼きあがる、と買った人が全員絶賛するトースター「バルミューダ」をご存知ですよね。いわゆるスチームオーブントースターは、先に庫内を…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

1年を通して、お風呂上りには必ず食べたいアイスクリームとシャーベット。でも、砂糖や油脂をたっぷりとると、寝る前の体にとってもダメージがありそう……。そこで、注目の…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

新米の塩おにぎりに「ごま油」プラスすると絶品!よりおいしくするポイント3つ

こんにちは!新米美味しいですね! 昨年末炊飯器をバーミキュラに変えてからお米が美味しくて美味しくて、お米屋さんで2銘柄ずつ買っては味比べしています。バーミキュラ…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

【専門店が教える】大人気!バターコーヒーの作り方と「最強」な飲み方

昨年の6月、東京・JR代々木駅前に突如として「バターコーヒー」のお店がオープンしました。代々木在住の私は嬉々として初日に立ち寄り、飲んだ感想を元に自己流のレシピ記事を書きました。そして、冬の間にたるんだ…

今度は腸活のお茶ですって!「サントリーの新烏龍茶」が満を持して発売

突然ですが、「玉ねぎヨーグルト」ってご存知ですか? 玉ねぎをスライスしてヨーグルトに混ぜ塩少々追加、一晩寝かせたものを毎日食べる健康法です。ヨーグルトは善玉菌のビフィズス菌摂取、玉ねぎは水溶性の食物繊…

年度末のいまこそ作る意味がある「今年度はじめてやったこと」リスト

週が明けると新年度が始まります。新しい職場で働く人も、自分の部署に新入社員を迎える人も、また自分が部署を異動する人、新たなミッションに挑む人もいることでしょう。もちろん、表面上、前週までと何も変化がな…

「餃子にビールはもう古い?」まさかのコレにおじさんがハマった件

先日、「メルシャンのロゼワインセミナーがあるよ」と話したら、部内の楽しいこと大好き系おじさんが高反応したんです。「オッ、いいねえ」的なノリで。そしてセミナーに行って帰ってきたら「もう明日からロゼしか飲…

シャンプー成分3つの誤解「シリコーンは頭皮に悪い」は都市伝説?

シャンプーの〇〇成分は頭皮に悪い、というネット記事を目にしたことはありませんか?ふと気が付いたら「ノンシリコーン」と書いてあるシャンプーが増えました。今回話を伺ったディシラの新シャンプーもまたノンシリ…

野菜がこんなに美味しいだなんて!東京イチ眺望のいいテラス席で

最近、ヴィーガン、ベジタリアンメニューの話をよく目にしませんか?たとえばぎんざ泥武士のようにもともと有機野菜がメインのお店でヴィーガン対応も可能なお店や、青山のたまな食堂のようにマクロビがベースのお店…

このまま肘を引ける?「エクササイズ界の脳トレ」セラサイズが難しい!

こんにちは、生ける体調不良ことOTONA SALONE編集部の井一です。今年はついに花粉症を発症したかなと思っていたら、ひっどい風邪をひいていました。ちょっと油断するといきなり肺炎になるので気を付けます。さて、「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FOODに関する最新記事