岩井志麻子 グレイヘア?オバサン?「白髪ケア+α」で女は4つに分類される

いわゆる美魔女と呼ばれる女性達よりも圧倒され畏怖してしまうのが、シルバーヘアあるいはグレイヘアと呼ばれる、白髪をそのままにしている女性達だ。そう、なぜか呼び名は白髪ではなくシルバーかグレイなのね。

 

美魔女とグレイヘア女性の違い

美魔女は若作りが命で、とにかく実年齢より若く見られることが至上の命題。命も女も賭けている。つまり裏返せば、自分が歳を取っていることを引け目に思い、それを隠そうとがんばってる。「若く見られたい」ってことは「歳取ってる」証明だもの。

となれば堂々とグレイヘアでいる女性は、「年取ってますが、なにか」と、そのまんまの自分に自信があるし、明るく強く老いを肯定している。

ただ、グレイヘアのシンボルみたいになった近藤サトさんのごとき、美貌とおしゃれさと高級な持ち物を兼ね備えた女性に限る!

 

白髪染めしない=グレイヘア女性?

地味でしゃれっ気がなくその辺の安物をひっかけてる熟年女性が白髪なら(こちらはグレイとはいわれない)「女捨ててる」とジャッジされ、「自然に老いを受け入れ、諦念あるいは達観してる」という消極的賛同は得られるものの、憧れられることはない。

 

実は今メディア、マスコミで話題のグレイヘア女性は、髪だけ染めない美魔女でもあるんだけどね。なぜか、反・美魔女、アンチ美魔女みたいに見られてる。それくらい髪ってのは、明解に老若を分かつものだからだ。

美しい熟年女性が老いを堂々と見せ、魅せる。だから単なる美魔女より衝撃的だった。

 

白髪+αでわかる、4つの分類

しかし「髪も染めるしその他の若作りもすべてがんばる自称美魔女」、「髪だけ染めない実は美魔女」、「髪も染めず若作りもしない自他ともに認めるオバサン」と三種類を挙げてきたが、もう一派いる。

私はここなんだけど、「髪だけ染めて後はユルいオバサン」だ。

 

これはなんというか、せめてものアリバイ作りといいましょうか、まったく身の周りをかまわないわけじゃないのよ~、ウエストゆるゆるゴムのズボンはいてるけど、女を捨ててるってことはないのよ~、みたいな。

 

私みたいなのが、おしゃれグレイヘア女性の対極にいるわけ。だから、すべての種類の女の中で最も彼女らを畏怖してしまう。THE美魔女より、自意識と自尊心高そうだもん。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク