岩井志麻子 グレイヘア?オバサン?「白髪ケア+α」で女は4つに分類される

いわゆる美魔女と呼ばれる女性達よりも圧倒され畏怖してしまうのが、シルバーヘアあるいはグレイヘアと呼ばれる、白髪をそのままにしている女性達だ。そう、なぜか呼び名は白髪ではなくシルバーかグレイなのね。

 

美魔女とグレイヘア女性の違い

美魔女は若作りが命で、とにかく実年齢より若く見られることが至上の命題。命も女も賭けている。つまり裏返せば、自分が歳を取っていることを引け目に思い、それを隠そうとがんばってる。「若く見られたい」ってことは「歳取ってる」証明だもの。

となれば堂々とグレイヘアでいる女性は、「年取ってますが、なにか」と、そのまんまの自分に自信があるし、明るく強く老いを肯定している。

ただ、グレイヘアのシンボルみたいになった近藤サトさんのごとき、美貌とおしゃれさと高級な持ち物を兼ね備えた女性に限る!

 

白髪染めしない=グレイヘア女性?

地味でしゃれっ気がなくその辺の安物をひっかけてる熟年女性が白髪なら(こちらはグレイとはいわれない)「女捨ててる」とジャッジされ、「自然に老いを受け入れ、諦念あるいは達観してる」という消極的賛同は得られるものの、憧れられることはない。

 

実は今メディア、マスコミで話題のグレイヘア女性は、髪だけ染めない美魔女でもあるんだけどね。なぜか、反・美魔女、アンチ美魔女みたいに見られてる。それくらい髪ってのは、明解に老若を分かつものだからだ。

美しい熟年女性が老いを堂々と見せ、魅せる。だから単なる美魔女より衝撃的だった。

 

白髪+αでわかる、4つの分類

しかし「髪も染めるしその他の若作りもすべてがんばる自称美魔女」、「髪だけ染めない実は美魔女」、「髪も染めず若作りもしない自他ともに認めるオバサン」と三種類を挙げてきたが、もう一派いる。

私はここなんだけど、「髪だけ染めて後はユルいオバサン」だ。

 

これはなんというか、せめてものアリバイ作りといいましょうか、まったく身の周りをかまわないわけじゃないのよ~、ウエストゆるゆるゴムのズボンはいてるけど、女を捨ててるってことはないのよ~、みたいな。

 

私みたいなのが、おしゃれグレイヘア女性の対極にいるわけ。だから、すべての種類の女の中で最も彼女らを畏怖してしまう。THE美魔女より、自意識と自尊心高そうだもん。

スポンサーリンク

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

いつから始めた?「白髪染め」デビューの平均年齢とは!

あなたが白髪染めを始めたのは、いつですか?私は34歳に白髪を発見し、35歳に白髪染めを体験。そこから1回元に戻し、36歳から白髪染めに完全移行しました。理由は夫からの…

オススメ!白髪染めを市販の「ヘアマニキュア」に変えてわかった5つのメリット

40代ともなると、大きなテーマの1つとして急浮上するのが白髪問題。他の人の白髪率なども気になってくるお年頃なのか、私自身もこの1~2年の間に「もしかして、まだ白髪出…

「自分で見えない部分」の白髪に困る人、3COINSで今すぐコレ買って!

ひろたかおりさんの【男の本音】で取り上げられていましたが、男性が気になっているのはスタイルよりも髪の毛とのこと。女性よりも背が高い人が多いわけですから、立ち話な…

もう失敗しない!「白髪染め」色選びは肌タイプより〇〇が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの…

白髪染め?カラー?美容師おすすめの40代ヘアスタイル別ケア

白く光る髪の毛がちらほら見えはじめると、一気に老けたような気持ちになりますよね。しかも白髪は元気なので、ピョンピョンと目立つのが厄介。染めてしまえば目立たなくな…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むに…

今さら聞けない白髪染めのこと、美容師さんに聞いてみた【特集オトナの髪悩み】

梅雨に突入し、髪がまとまらない!!と毎日ウツウツしている人も多いのではないでしょうか。うねりや広がり対策などヘアケアに力が入るシーズンですが、40代を悩ますにっくき…

【岩井志麻子】ストーカー事件から考える、男女のカンケイについて

私が長年お世話になっている、東京ローカルの番組。現在、そこで司会者をしているFさんは、定期的にストーカーに狙われる。先日も、何人目かの逮捕者が出た。ストーカーになる女たち彼はお笑いを生業として、ときお…

【岩井志麻子】やってはいけない! 40代からの「イタイ恋愛」 

八月の半ばに世間を騒がせたあの、あおり運転の熟年カップル。あれはもう例外というか論外というか、いちゃもんつけられて殴られた罪なき運転者達はお気の毒ではあったが、不慮の事故、不測の事態で死者が出なくてよ…

岩井志麻子 不倫に向く女と、不倫に向かない女

不倫には最初から相手が既婚者だとわかっていて始めた場合と、相手が独身だと信じ込んでいて、不倫の自覚がないままに始まった場合がある。すべてがそうじゃないけど、前者はプレイ感、大人感が漂うのに対し、後者は…

岩井志麻子 なぜ婚活しても「好きな人ができない」のか?

「好き」の定義も感覚も表現も、人によって違う。たとえば体重120キロ超えの知人は、「デブは三ケタから。80キロくらいでデブを名乗るんじゃない」と怒っている。言葉の「感覚」は変わるものそういう私はがりがり…

岩井志麻子 「一流の男」とお付き合いするには

どんな子であろうが、うちの子が世界一可愛い。これは正しい。だけど、彼は私にとっては一流の男、っていうと微妙な顔をされがち。どんな男でも私には世界一可愛い、ってのは有りだけど。一流の男と会いたい、そして…

岩井志麻子 女40代から「捨てたほうがいい」もの「磨いたほうがいい」もの

バーやクラブのママをしている友達が、何人かいるのだけれど。彼女らは、「隣に座るだけで客が満足するほどの若さと美貌」「芸人並みのトークスキル、座持ちがする巧みな話術」「客のボトルをバンバン空けさせる酒の…

岩井志麻子 40代、50代の独身女性にみられる4つの特徴【独女あるある】

先日、定例の濃い女子会を開いた。漫画家の西原理恵子ちゃん、新潮社の名物編集者ゆかりちゃん、そして銀座の高級クラブのママ。みんな、同い年。つまりアラフィフね。特徴1 いろんな意味でキッツイ?今現在のこの…

岩井志麻子 なぜ、男は浮気するのか? 

そもそも、浮気の定義も人それぞれであるよ。彼氏や夫が同級生、同僚といった女性と二人きりで食べたり飲んだりしたのを浮気にカウントする人もいれば、それはまぁ気分はよくないけど体の関係じゃないから許す、とい…

岩井志麻子 「元カレが忘れられない」女性たちの心理とは

ホリプロにお世話になる前はフリーで、押しかけの素人マネージャーを雇っていた私。とにかくサザエさんのような、おっちょこちょいのドジオバサン。だからホリプロのプロのマネージャーがついてくれたとき、あまりに…

岩井志麻子「オバサン」と言われる女「お姉さん」と言われる女の違いとは?

新元号・令和が明日から始まるというのに、平成どころか昭和の話をしてしまうけど。私が子どもの頃は、オバサンと呼ばれたくない、と悩む熟年女性、主張する妙齢女性はあんまり身の周りにいなかった気がする。30代か…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事