40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。

もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっても、気になるときってたいてい朝、鏡を見たときですぐにはできません。

でも大丈夫。全く見えなくすることはできないけれど、自然に隠すことは可能。

「白髪や薄くなりはじめた生え際をカバーするには前髪がポイントなんです」と教えてくれたヘアサロン・ZACCでアラフォーに似合う&白髪カバーできる前髪を聞いてきました。

 

曖昧な分け目&ハイライトでなじませ作戦

 

 

分け目がはっきりとしていると、にょきっと顔を出してくる白髪さん。白髪だけでなくアホ毛も目立ちますよね。分け目をつけずに曖昧にすることで白髪が飛び出す道をふさぐことができます。しかもこなれた雰囲気に!

細かいハイライトを入れておくと白髪が生えてきても、自然となじんでくれるのでおすすめです。髪に立体感も出るからボリューム不足に悩む人にもいいですね。

また、根元からふんわりと丸みのあるシルエットにすれば、だんだんさみしくなってくる生え際もカバーできます。

 

前髪の量はやや厚めにとり、幅は狭くしてサイドにつなげるように流すのがポイント。眉が見えるくらい短めにすると表情が明るく見えます。担当/佐野みづほさん(ZACC raffine)

 

スタイリングのコツ

前髪をふんわりさせるにはマジックカーラーがおすすめ。前髪を集め、分け目に寄せてカーラーに巻きつけます。このとき、根元は流したい方向とは逆に向けるのがポイント。5分くらいしたら外して手ぐしで前髪を流します。ツヤの出るワックスを少量なじませて整えれば完成です。

 

トップふんわりかぶせ方式

 

ショートならトップの髪を前髪にかぶせる二重構造にするのがおすすめです。前髪ももちろんふんわりさせつつ、表面の髪をかぶせて層をつくると短い白髪が目立ちにくくなります。アホ毛対策にもなりますね。

この春は細い束感を出すのがトレンドなので、かぶせる髪も束感を出すとおしゃれ。重めの前髪も動きのある毛束が表面にあることで軽やかに見えます。

顔を包み込むようなマッシュベース。耳が見えるショートなら可愛くなりすぎず、大人にもお似合い。トップのふんわり感がポイント。担当/鵜野香織さん(ZACC raffine)

スタイリングのコツ

 

根元をふんわりさせるのがポイント。指を開いた状態でトップの髪をつかみます。髪の内側に指を入れて根元をつかむのがコツ。ドライヤーの温風を根元にあてたら、最後は冷風で固定。前方向に髪を流したらスプレーでキープ。

カールはパーマでかけるか、アイロンでハチ上だけ毛先から巻いて。アイロンで巻くときは毛束を持ち上げて毛先から巻くとふわっとします。

 

時間がないときすぐできるのは、次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事