浮気オトコはなんで酔った勢いで「不倫自慢」しくさるの?

イトウウミ44歳。結婚予定の彼に逃げられ再開した婚活も、2年めに突入。あれよあれよと「平成ジャンプ」してしまった。はたして、令和元年にめでたく「令和婚」できるのか!?  これは、結婚目前でふりだしに戻った私が「どうして今婚活をしているのか」――振り返りながら書いている「セルフ自伝」です。

 

私が婚活を意識したのは、40代目前の平成25年だった。話題といえば、半世紀ぶりに決まった東京オリンピック。歓喜に沸くニュースを見た友人が「東京オリンピックまでには結婚してね(笑)」と、冗談交じりに言ったものだ。7年もあれば状況は変わるし、独身なのも想像つかない−−超ポジティブ思考な私。その間彼と出会いプロポーズも受けた。だからこそ、“うまくいくはず”と過信していたのだろう。しかし、オリンピックまであと1年。しかも、独り身のまま時代をまたいでしまった。何もかもが予想外。私の人生、一体どうなるの!?

【40代・最後の婚活#14】

同窓会のほのぼの「卒アル回覧」にひやひや

外に出なければ何も始まらない−−意識改革をした私は、久しぶりに高校の同窓会に参加した。同窓会といっても親しい仲間の飲み会で、今回は海外転勤する友人の壮行会も兼ねている。宴もたけなわお酒もだいぶ回った頃、幹事がおもむろに袋から大きな冊子を取り出した。それは、卒業アルバムだった。「おおー!」まさかのサプライズに、感嘆の声が飛び交う。

 

一方で、卒アル写真は黒歴史の私。あたふた焦りを隠せない。髪伸び放題でぼっさぼさ、ストレスで夜中に爆食した顔はむくんでいる。間違ってマスコミ用に公開されるのが卒アル写真だったら、一生浮かばれない。お願いだから誰も突っ込まないで…悶々とする私の心配をよそに「はい」と手渡された。もう飽きたのか、皆次の話題に移っている。私は安心してアルバムを開いた。

 

あ、初恋の彼だ…Y君、今どうしているのだろう。

 

「おお、Yか。あいつモテたよな」と隣のI君が話しかけてきたお医者様の I君。地元で開業しているせいか同級生情報に詳しい。次々に最新事情を挙げてくれる。

 

「コイツかなりヤンチャしていたな。先生も手を焼いてたよ」

「野球部ピッチャー。今はリトルリーグで教えているよ」

「地主の息子。今は親父の跡継いで社長だよ」

 

さすが事情通! 週刊誌バリの解説をしてくれるI君に感心した。ベビーブームでクラスも人数も多かったため、他のクラスのことはあまり知らない。ましてや、オフィシャルな同窓会も出たことがないから、好きだった彼の半径2メートル内のことしかわからなかった。だからこそ、男目線で高校の思い出を語ってくれる I君の話はとても興味深かった。

 

なんで男って「浮気自慢」しちゃうの??

「こいつさあ、会社に彼女いるんだよ。一回り下の…」

不意にI君が指差した写真の彼に驚愕した。

 

知ってる…話したことはないけれども面識はある! 私たちは趣味でバンド活動をしているけど、Y君について行ったスタジオでJamった。実家にスタジオで撮った写真があるし。“真面目で爽やかな好青年”という印象だった彼。I君によると、某メーカーで早々に出世し、家庭を持ち、役職にも付いているようだ。真面目だから、きっと道を外れることもなく順風満帆な人生を歩んできたのだろう。

 

「それがさ、またかわいいの。美人なのよ、【写真見せてくれて】。部下だって」

 

えっ!?!?  彼女がいるとか、不倫しているとか、そんなのどうでもいい。男同士で彼女(愛人)自慢をしていることに衝撃を受けてしまった。写真まで見せて自慢しちゃうの? 酔った勢いで武勇伝語っちゃうものなの? そもそも、スマホにツーショット写真を保存しておいて大丈夫なのか。奥様がこっそりパスワード突破して、情報をすべて握っているかもしれない。怖くはないのだろうか…て、そんな人の心配をしている私は小心者?

 

女の怒りは相手の女に向かう!マヌケ男はその時…

なぜ私が恐れ慄くのか。それにはとばっちりを受けたおぞましい経験があるからだ。以前元カノときちんと別れていない男性と付き合ってしまったことがある。「清算した」という彼の言葉をすっかり信じきったバカな私。しかし、ある朝不審なメールが携帯に届く。

 

「あなたの存在は前々から知っていました」

 

文面を見て凍りついた。元カノだ。彼女の執着にも驚いたが、彼の携帯ロックを解除し私の連絡先を入手した根性に脱帽。ああ、元カノにとって敵は「彼」じゃなく「私」なのだな結局「女の敵はオンナ」と妙に納得した。なぜなら、間抜けヅラして眠る彼氏を横目に、私の胸グソ悪い怒りも相手の女性に向かっていたから。

 

バレてないと思っていても、女性の方が数百倍勘が鋭い。修羅場を目の当たりにすることなく逃げ足だけは速い男性。そんな無礼な人と一緒になるくらいなら一人の方が気が楽。「俺の方がすごいぜ」とイージーに武勇伝語る男性諸君。秘密は墓場まで持っていくのが賢明かもしれない。

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

気をつけて!「バツイチ男性のトラウマ地雷」知らずに踏んでない?【40代・最後の婚活#13】

イトウウミ44歳。結婚予定の彼に逃げられ、婚活を再開して2年目になる。私の人生、サクラ満開になるのはいつ? これは結婚目前でふりだしに戻った私が「どうして今婚活をしているのか」――振り返りながら書いている…

40代の恋愛「心地いい」距離のお手本は親…?病気にかかってはじめて気づいたこと

イトウウミ44歳。結婚予定の彼に逃げられたのは1年前の冬。婚活を再開するも苦戦、2度目の寒い冬を過ごしている。もっぱら膝の上にくる猫様たちが恋人だ。これは、結婚目前でふりだしに戻った私が「どうして今婚活…

「既婚なのに指輪をしないオトコ」の割合は?そしてそのあっけない理由とは【40代婚活#11】

イトウウミ、44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、早1年。「結婚しなかっただけ」と開き直り婚活を再開するも、低空飛行を継続中。最近はもっぱら猫様が恋人だ。そんな私が「どうして今婚活をしているのか」振り返りな…

結婚破談のショックで○○へ旅したら…激ヤセと出会いがついてきた?【40代・最後の婚活#10】

イトウウミ44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、早1年が過ぎた。開き直りから婚活を再開するも、低空飛行を継続中。そんな私が「どうして今婚活をしているのか」振り返りながら書いている「セルフ自伝」。今回も1月の…

結婚破談のショックで○○へ1ヶ月旅したら…行くだけで激ヤセ?【40代・最後の婚活#9】

イトウウミ44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、早1年。突然の開き直りから婚活を再開するも、いまだ難航中。「どうして今婚活をしているのか」振り返りながら書いている「セルフ自伝」。今回と次回は1月のオトナサロ…

あなたはカレのどこをチェックする?私は気になる人のあの部分……【40代・最後の婚活#8】

イトウウミ、44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、極度な人間不信に。突然の開き直りから婚活を再開するも、いまだ難航中。新年を迎えるとともに、独身歴も更新されてしまった。これは、そんな私が「どうして今婚活をし…

「猫を飼ってる独身女は結婚できない」ジンクスは本当?私の経験では…【40代・最後の婚活#7】

イトウウミ、44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、間もなく1年。極度な人間不信になるも、突然の開き直りで復活。婚活を再開したが、なかなか芽が出ずいまだ難航中。いったい…なぜ!?これは、そんな私が「どうして今婚…

なんでいつも「いい友達」止まり…?自制する女が知らない間に陥るワナ【40代・最後の婚活】

イトウウミ、44歳。いちどは交際相手と結婚を誓ったものの、突然逃げられ、婚活ふりだしに逆戻り。極度の人間不信になるも、突然の開き直りから婚活を再開し現在に至る。このシリーズは、そんな私が「どうしていま婚…

しみったれ倹約家も豪快ギャンブラーもみんなケチ!【40代・最後の婚活#5】

街も人も1年で最も華やぐこの季節。クリスマスソングがあちこちから聞こえてくると、ウキウキモード全開に! そんな中、何度目か忘れたシングルベルのウミは、なんとなく物憂い気分だった。思いだすのは幸せだった…

ボーダー服を着るオンナはモテないって言われたけれど【40代・最後の婚活#4】

40代半ばにして再開した「婚活」。開き直ったものの、実は「自信のなさ」が空回りしていたことに気がつき始めた。それは、こんな「服選び」にも表れていたようだ。20着は持っている、私たちの定番「ボーダー」私はボ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事