【オバ見え確実】年下男性に「オバさん認定」を受ける女性の特徴

仕事仲間とはいえ自分より年下の男性に、好意を寄せられるのは嬉しいものですよね。しかし、知らず知らずの間に年下男性から「オバさん認定」を受けているかもしれません。

年下男性に嫌われ、オバさん上司と思われがちな特徴をまとめてみました。

【こじらせ女認定】オバさん上司の特徴

1・頭ごなしに否定する

「何か意見すると”そうじゃなくて……”と、間髪入れずに反応するのが大人気ない」(22歳男性/営業)
「返事を打つ隙も与えないほど、自分の話ばっかりなのは引く」(32歳男性/税理士)

頭ごなしに否定をしてくるような女性は、まず年下男性に嫌われます。年下といえど、男性です。男としてのプライドを、ズタズタにするような言い回しは控えたほうが無難でしょう。

忙しくて、ついカッとなってしまうことは理解できます。しかし、それを年下の男性にすることで威圧的なイメージがついてしまいます。「だから、オバさん」と言われてしまう理由にもなるので、頭ごなしに否定するのはやめましょう。

2・飲み会で自慢話

 

「昔はモテたとか、仕事ができる女アピールはウザい」(29歳男性/介護)
「反応に困るから、昔の自慢話はやめてほしい」(32歳男性/看護師)

昔の栄光にすがる女性ほど、痛い女性はいないと思います。「昔はモテたんだからね〜」と話している女性をよく見ますが、それはなんの自慢にもなりません。今の様子しか知らない男性が、上司である女性にそのような話をされれば反応に困るものです。「昔は……」と話している時点で、過去の栄光と自分でも自覚しているようなものです。

3・部下に性差で対応する

「明らかに同僚の女性と僕とでは態度が違う。その豹変ぶりが自分にはよくしてくれるものの、怖く感じます」(28歳男性/保育)
「年下の男にギラギラしてると、はしたないイメージがあります」(37歳男性/医師)

年下の男性といえど、異性なので可愛がりたい気持ちも分かります。しかし、その性差を年下男性は敏感に察知しているでしょう。

部下と同じ歳くらいの女性には厳しい言い回しをしていること、無意識にあるはずです。性差をつけることで、信頼感を失くすことにもつながります。

4・部下たちの話題に無理やり入る

「部下たちの話題に無理やり入ってくる人は見てて痛い。オバさんと思われたくなくて必死なんだなと感じる。周りの女の子がツッコミを入れずに困ってる。それに気づかないのは、オバさんかな……」(29歳男性/経理)
「年下男性に色目使ってるのかな、モテないのかなって思う。必死に話題に入ってくるから、嫌われてるのかなと思う」(30歳男性/マスコミ)

コミュニケーションを取りたいだけだったとしても、上司という女性が入ってきてはくつろげない会話もあります。そこをすかさずキャッチできるのが女性ならではの気遣い。ましては自分より年上の女性は、それができると男性も思っています。

自分の立場を踏まえた上で、心地よい距離感を取れる女性は言わずもながらデキる女でしょう。

オバさん上司から脱却するために

1・会話は間を意識し肯定から入る

 

オバさんな女性上司にありがちなのが、相手をまくし立てているかのような話し方です。早口だと、威圧感をさらに感じるものです。

長いキャリアから、部下のいうことが腑に落ちないこともあるでしょう。部下の話を一旦認めてあげることを意識するといいでしょう。部下にも自分の意見を聞いてもらえやすくなります。また、ついつい仕事上のスケジュールや、忙しい環境で早口になってしまうこともあるかもしれません。

年下といえど、男性であることを忘れないようにしましょう。男性は自分の話を聞いてくれる女性に、信頼感を寄せます。

間を意識して、一言発した後にはワンテンポ置くように意識しましょう。微笑みながら頷いて話を聞くことで、部下の話したい気持ちがアップします。年相応の大人の余裕を出せること間違いなしです。

2・口角をあげることを意識して

 

立場が上に行くほど忙しくなり、余裕がないスケジュールになるのは分かります。しかし、部下はその大変さの全てを理解しているわけじゃありません。女性らしい、柔らかいオーラを意識したいものです。忙しい時こそ、意識して口角をあげるようにしたいものです。

人は口周りの動きを、会話中によく見ているんです。口角が上がっているだけで笑っているかのような雰囲気を作れ、話しかけやすいオーラを出せます。

3・栄光は感じさせるもの

 

「この人、オバさんだな」と感じるのは、昔話をされた時です。上司にありがちなのは、「昔はこんな仕事をしたの」と過去の栄光を、わざわざ自分で伝えるところ。

自分で引っ張り出してきて、過去の栄光の話をする必要はないはず。部下だって上司として、その立場を認めているはずです。

自分の功績や若い時のモテエピソードを飲み会で語ったとしても、部下からすると昔話で退屈な話に感じます。伝える必要がないことまで、長く話すのはやめましょう。

オバさん上司にならないために

オバさん上司とは、このように空気が読めない女性のことをいいます。距離感を意識して接することで、年齢差を感じさせない素敵な女性になることもできるはず。「自分に当てはまるかもしれない……」と思ったら、すぐに行動を改めましょう。

スポンサーリンク

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

続柄は「ぞくがら」じゃないの?みんなが間違えている読み方10選

この前、「続柄」を「ぞくがら」と読む声が聞こえ、ちらっと横目で見てみると、ちゃんとした大人の女性でした。こうして訂正される機会がなかった人って、結構多いのだろう…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なん…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

【全女性必読】えっ、そこ!?「男が浮気する」のはこんな理由&タイミング

私は様々な職場で働いた経験から、多種多様な男女の関係をみてきました。既婚同士で不倫してるカップルや、女性は結婚について真剣に考えてる陰で、男は浮気しているなど…。男女関係には浮気はつきものですよね。そ…

【彼女にしたくない】男がドン引きする40代女性のNG行動3つ

長いこと介護士をしていた東城ゆずです。介護士といえば誰にでも優しく接することができそうというイメージから、常にモテる女性職業でトップの職業です。しかし私の職場では多くのオトナの女性たちがパートナーがで…

この会話をしてたらオバサン…?思わず同情したくなる「ブス会話」4選

周囲に気を遣わせるような会話は避けるべきだと、皆さんご存知のはず。しかし、オバさんになると自分の周りが見えづらくなるのか、ついつい自分の話しばかりしてしまいがち。その会話内容は、自虐や、若い人に敵対心…

【素敵な女性】「良い歳の重ね方をしてるよね」と褒められる女性の特徴4つ

自分と同じくらいの年齢と推測できるのに、歳を重ねるにつれ女性ならではの魅力が増す人がいますよね。彼女たちを見ていると「私もオバさんだから」なんて、言い訳が恥ずかしくなる人も多いのでは? そんな素敵なオ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事