【世界一受けたい授業】超簡単!5秒筋トレでお腹・太もも・お尻がスッキリ!

太りにくい体をつくるためには基礎代謝をアップさせるのが正解。最適なのが「筋トレ」なのですが、「きつい筋トレはやりたくない」「筋トレが続かなさそう」という声は少なくありません。

でも、2019年5月25日(土)放送の『世界一受けたい授業』(日本テレビ)で、国士舘大学特別研究員でフィットネストレーナーの松井薫先生が紹介した「5秒筋トレ」なら、たった5秒の筋トレで、ぽっこりお腹・太もも・お尻をスッキリさせることができます!

 

5秒筋トレのポイント

 

5秒筋トレに取り組む前に、以下のポイントを意識してください。

  1. 頭の中でイメージする
  2. 筋肉に話しかける(意識を集中させる)

この2つのポイントを頭に入れた上で、お腹・太もも・お尻の筋トレに励みましょう!

ぽっこりお腹がスッキリする5秒筋トレ

まずはわき腹の周辺にある「腹斜筋」の5秒筋トレから。

「腹斜筋」は日常生活であまり使わない筋肉のため、余分な脂肪がつきやすい部位です。

  1. 足を肩幅に開く
  2. 手は頭の後ろで組む
  3. 息を大きく吸いながら、腰を右へ、上半身を左へ動かし、そのまま5秒キープ
  4. 息を吐きながら、最初の体勢に戻る
  5. 反対側も同様に行う

「腰の横にある大きなボタンをグッと押す」イメージで取り組みましょう。

左右10回を1セットで、1日1セット行います。

太ももがほっそり引き締まる5秒筋トレ

 

次に太ももの内側にある「内転筋」の5秒筋トレ。

普段の生活であまり使われない「内転筋」は鍛えないとどんどん衰え、たるんだ太ももに・・・。

  1. 足を肩幅に広げる
  2. 手を胸の前で軽く合わせる
  3. 合わせた手を下に向け、息を吐きながら5秒かけてヒザを内側に絞る
  4. 息を吸いながら元の体勢に戻る

3.では、指先と両ヒザで作った「三角形」を小さくする様に内ももを絞ります。「太ももでスイカを挟んで割る」イメージで取り組みましょう。

この筋トレは1セット10回。1日3セット行いましょう。

 

プリっとしたお尻になれる5秒筋トレ

 

最後に紹介するのは、お尻の引き締め効果がある「深層外旋六筋」の5秒筋トレです。

  1. 腕を頭の下に入れ、横になる
  2. 上側の足をおへその前で90度曲げ、ヒザも90度に曲げる
  3. ヒザを曲げたまま、大きく息を吸い、 5秒かけてゆっくり上に開く
  4. 上がりきったら息を吐きながらヒザを元の状態に戻す
  5. 反対側も同様に行う

足を上げるとき、

  • ヒザが伸びる
  • ヒザが曲がり過ぎる

ことのないよう注意してください。

「重い掛け布団を足で持ち上げる」イメージで取り組みましょう。

左右10回を1セットとし、1日2セット行いましょう。

 

5秒筋トレに取り組む際の注意点

なお5秒筋トレは、毎日「同じ」筋トレをすると逆効果です。

筋肉が刺激に慣れてしまい、効果が出にくくなります。効果を発揮させるためには、日によって違う部位を鍛えるようにしましょう。

 

5秒筋トレの成果

 

 

 

なお番組では、俳優・大鶴義丹さんが5秒筋トレに挑戦しました。

5秒筋トレに取り組む前、大鶴義丹さんの内臓脂肪面積は120㎠。内臓脂肪面積は100㎠を超えると「内臓脂肪型肥満」となります。

そんな彼が、食事制限なしで2週間「5秒筋トレ」に励んだ結果、体重・ウエスト・内臓脂肪面積は

  • 体重 80.5kg→77.05kg
  • ウエスト 88.5cm→84.0cm
  • 内臓脂肪面積 120㎠→74㎠

と全て減少!

筋肉に意識を集中させ、頭の中でイメージしながらたった5秒の筋トレに励むだけで、これだけの成果が出ました。「5秒筋トレ」なら、時間もつくりやすく、挫折もしにくいはず。「きつい筋トレはやりたくない」「筋トレが続かなさそう」と考えている人こそ、取り組んでみてください。

スポンサーリンク

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

ワインを飲むと太るって本当?赤ワインなら?ダイエット対策する飲み方とは

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

漢字でそう書くの?!「吃驚」の読み方、知っていますか?

1つの文字にさまざまな読み方がある漢字。音読みや訓読みで読むこともあれば、慣用読み(元々の読み方ではないものの、広く普及したことで一般的になった読み方)やあて字で読むこともあり、「え・・・なんて読むの…

「こんじる」とは読みません!「困じる」の正しい読み方、知っていますか?

漢字は大体の意味さえ知っていれば、馴染みのない読み方であっても、その意味はなんとなく分かります。ただ・・・読み方だけは、察することができないんですよね!本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題しま…

「そうさつ」ではありません!「相殺」の正しい読み方、知っていますか?

その漢字をよく使う人であればスラッと読めるものも、馴染みがない人にとっては「え?なんでそう読むの?!」と困惑するもの。本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事で紹介する「相殺」。経理…

「ぜんじ」と読み間違える人多数!「暫時」の正しい読み方を知っていますか?

漢字にはたくさんの読み方があります。当然、似ている読み方もたくさんあるので、うっかり読み間違えてしまうことも。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!「暫時」の読み方、知っていますか…

「きじゃく」ではありません!「脆弱」の正しい読み方、知っていますか?

日本にいると、さまざまな文字が目に入ります。漢字、カタカナ、ひらがな、それに英語や中国語などの外国語。漢字、カタカナ、ひらがなの3つは、日本人にとって馴染み深いものですが、すべての漢字が自信満々に読め…

「なまぬき」ではありません!「生抜き」の正しい読み方、知っていますか?

漢字1文字1文字は読み慣れていても、1つの単語になることで、読み慣れている読み方とは違う読みになることがあります。本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。「生抜き」の読み方、知っていますか?…

「くさとれる」ではない!「草臥れる」の読み方、知っていますか?

日常生活でよく使う言葉であっても、漢字で書かれた途端になんと読むのかわからなくなることは多々あります。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!「草臥れる」の読み方、知っていますか?「…

「つよち」じゃない!「強ち」の読み方、知っていますか?

馴染みのある漢字なのに、送り仮名がついたことで途端に読み方が分からなくなることってありませんか?そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!今回ご紹介する漢字もなんて読めばいいのか戸惑う…

「よめ」ではありません!「予め」の読み方、知っていますか?

漢字にはさまざまな読み方があるため、「え、これなんて読むの?」と困惑する漢字に遭遇することもあるのではないでしょうか。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!今回ご紹介する漢字は普段…

「しゅんす」も「さとす」も間違い!「唆す」の読み方って?

普段耳にしたことがある言葉でも、いざ漢字で表されると「なんて読むの?!」と困惑してしまうもの。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!「唆す」の読み方、知っていますか?「唆」という漢…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事