【世界一受けたい授業】超簡単!5秒筋トレでお腹・太もも・お尻がスッキリ!

太りにくい体をつくるためには基礎代謝をアップさせるのが正解。最適なのが「筋トレ」なのですが、「きつい筋トレはやりたくない」「筋トレが続かなさそう」という声は少なくありません。

でも、2019年5月25日(土)放送の『世界一受けたい授業』(日本テレビ)で、国士舘大学特別研究員でフィットネストレーナーの松井薫先生が紹介した「5秒筋トレ」なら、たった5秒の筋トレで、ぽっこりお腹・太もも・お尻をスッキリさせることができます!

 

5秒筋トレのポイント

 

5秒筋トレに取り組む前に、以下のポイントを意識してください。

  1. 頭の中でイメージする
  2. 筋肉に話しかける(意識を集中させる)

この2つのポイントを頭に入れた上で、お腹・太もも・お尻の筋トレに励みましょう!

ぽっこりお腹がスッキリする5秒筋トレ

まずはわき腹の周辺にある「腹斜筋」の5秒筋トレから。

「腹斜筋」は日常生活であまり使わない筋肉のため、余分な脂肪がつきやすい部位です。

  1. 足を肩幅に開く
  2. 手は頭の後ろで組む
  3. 息を大きく吸いながら、腰を右へ、上半身を左へ動かし、そのまま5秒キープ
  4. 息を吐きながら、最初の体勢に戻る
  5. 反対側も同様に行う

「腰の横にある大きなボタンをグッと押す」イメージで取り組みましょう。

左右10回を1セットで、1日1セット行います。

太ももがほっそり引き締まる5秒筋トレ

 

次に太ももの内側にある「内転筋」の5秒筋トレ。

普段の生活であまり使われない「内転筋」は鍛えないとどんどん衰え、たるんだ太ももに・・・。

  1. 足を肩幅に広げる
  2. 手を胸の前で軽く合わせる
  3. 合わせた手を下に向け、息を吐きながら5秒かけてヒザを内側に絞る
  4. 息を吸いながら元の体勢に戻る

3.では、指先と両ヒザで作った「三角形」を小さくする様に内ももを絞ります。「太ももでスイカを挟んで割る」イメージで取り組みましょう。

この筋トレは1セット10回。1日3セット行いましょう。

 

プリっとしたお尻になれる5秒筋トレ

 

最後に紹介するのは、お尻の引き締め効果がある「深層外旋六筋」の5秒筋トレです。

  1. 腕を頭の下に入れ、横になる
  2. 上側の足をおへその前で90度曲げ、ヒザも90度に曲げる
  3. ヒザを曲げたまま、大きく息を吸い、 5秒かけてゆっくり上に開く
  4. 上がりきったら息を吐きながらヒザを元の状態に戻す
  5. 反対側も同様に行う

足を上げるとき、

  • ヒザが伸びる
  • ヒザが曲がり過ぎる

ことのないよう注意してください。

「重い掛け布団を足で持ち上げる」イメージで取り組みましょう。

左右10回を1セットとし、1日2セット行いましょう。

 

5秒筋トレに取り組む際の注意点

なお5秒筋トレは、毎日「同じ」筋トレをすると逆効果です。

筋肉が刺激に慣れてしまい、効果が出にくくなります。効果を発揮させるためには、日によって違う部位を鍛えるようにしましょう。

 

5秒筋トレの成果

 

 

 

なお番組では、俳優・大鶴義丹さんが5秒筋トレに挑戦しました。

5秒筋トレに取り組む前、大鶴義丹さんの内臓脂肪面積は120㎠。内臓脂肪面積は100㎠を超えると「内臓脂肪型肥満」となります。

そんな彼が、食事制限なしで2週間「5秒筋トレ」に励んだ結果、体重・ウエスト・内臓脂肪面積は

  • 体重 80.5kg→77.05kg
  • ウエスト 88.5cm→84.0cm
  • 内臓脂肪面積 120㎠→74㎠

と全て減少!

筋肉に意識を集中させ、頭の中でイメージしながらたった5秒の筋トレに励むだけで、これだけの成果が出ました。「5秒筋トレ」なら、時間もつくりやすく、挫折もしにくいはず。「きつい筋トレはやりたくない」「筋トレが続かなさそう」と考えている人こそ、取り組んでみてください。

スポンサーリンク

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

できるか?「40年ためこんだ毒素を10日で排出」7号食ダイエット挑戦記♯1

玄米食で体を整え、毒素を排出する「7号食デトックス」って知っています?10日間3食すべてを玄米だけで過ごすというかなりストイックな食餌法なのですが、このたび、無事に…

ウワサの「ヨーグルト断食ダイエット」実際やってみたら効果はどうだった?

アラフィフ美容健康ライター・藤井が体当たりでゆるゆるとダイエットをしている連載「ダイエット戦記」。今回ですでに26回めです。さて、26回めにしてはじめてワタクシ藤井…

大山式足指パッド+プロテインを1ヶ月お試し!そのダイエット効果は?

大きなミスでも生き抜いていれば取り返しはつく、「おデブ」もまた真なり、を心の支えにダイエットを続ける藤井に手ごたえがあった模様です。あきれられつつ、やらかしつつ…

【ぽっこりお腹】はココを伸ばすと秒で治る!猫背もスグ解消|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。肩コリや腰痛を引き起こし、見た目もあまり良いとは言えない猫背。この猫背を解消するために胸を張ったり、背中を寄せたり…

肩コリは「脇をさすり、回すだけ」でびっくりするほど解消する!【新連載・バズる10秒ストレッチ】

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。今週からストレッチの連載をお届けします。さて、肩コリや痛み、そして動きの悪さで悩んでる方がいると思いますが、それを…

【足やせ】は股関節のコリをとればOK!腰痛も消える|10秒ストレッチ

こんにちは。10秒ストレッチトレーナーの柴です。人口の9割以上が経験したことがあると言われている腰痛ですが、実は腰痛の原因の1つは股関節の固さにある事をあなたは知っ…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹?…

40代の毒素排出「7号食ダイエット」10日間挑戦中!#2 つらすぎ4日目

玄米食で体を整え、毒素を排出する「7号食デトックス」も4日目に突入。10日間3食すべてを玄米だけで過ごすというかなりストイックさながら、ひもじさはないので順調に続け…

知らないと恥をかく!「早急」の正しい読み方、知っていますか?

見慣れている漢字でも、いざ読み方を問われると自信がない漢字ってありませんか?漢字を読み間違えた経験があるという人は少なくないでしょう。でも間違いを指摘されてしまうと恥ずかしいのも事実。そこで本記事では…

今さら聞けない!「一段落」の正しい読み方、知っていますか?

誰もが一度は目にしたことがあり、「読んだ」ことのある漢字。でも、実はその漢字に正式な読み方があったとしたら・・・。「どう読んだらいいんだろう?」と迷うこともある漢字。でも正しい読み方が分かると、それだ…

その読み方か!「八百万」の正しい読み方、知っていますか?

日本語には、1つの漢字にさまざまな読み方があります。でも中には「え!そんな読み方するの?!」と驚いてしまうような読み方も。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!数値以外の意味を表す…

「徐に」の正しい読み方って?「じょじょに」ではなく、よく使うあの言葉です

普段使い慣れている言葉なのに、「漢字」にした途端読めなくなる・・・そんな経験ありませんか?漢字の読み間違いは、誰しも経験したことがあるはずです。しかし「うっかり漢字を読み間違えたことで恥ずかしい思いを…

大人なら知らないと恥ずかしい!「奇しくも」はなんと読むのが正解?

「当たり前に使っていた言葉が、実は読み間違いだった」そんな経験ありませんか?漢字の読み間違いは誰しも経験があるはずです。でも、漢字を読み間違えたことで恥ずかしい思いをするのは避けたいところ。そこで本記…

「戦く」って読めますか?「せんく」ではありません

普段、何気なく使っている言葉を「漢字」で出されると途端に読めなくなる・・・そんな経験をしたことありませんか?漢字の読み間違いを経験したことがある人は決して少なくないはずです。でも、漢字を読み間違えたこ…

いざ質問されると迷う!「造作」の正しい読み方、知っていますか?

「どこかで聞いたこと・使ったことがある言葉なのに、漢字で書かれると読めない・・・」そんな経験をしたことはありませんか?漢字を読み間違えたことがある人は決して少なくないでしょう。でも「漢字をうっかり読み…

えっ、そう読むんだ!「出来」の正しい読み方、知ってた?

誰もが一度は目にしたことのある漢字の読み方が、実は間違っていたとしたら・・・。1つの漢字にさまざまな読み方がある日本語ってとても不思議ですよね。そんな漢字の読み間違いを経験したことがある人は決して少な…

仕事でもよく使うのに読めない!「目処」の正しい読み方って?

どこかで一度は聞いたことがある・使ったことがある言葉なのに、いざ漢字で書かれると読めなくなること、ありますよね。漢字を読み間違えてしまったことがある人は決して少なくないはずです。でも漢字をうっかり読み…

【あさイチ】美肌効果バツグン!「きくらげ」レシピ&ぷりぷりになる戻し方

中華料理店などでよく食べる「きくらげ」は、栄養豊富で美肌にもいいということをご存知ですか?2019年6月11日(火)に放送された『あさイチ』(NHK)では「“知っているようで意外と知らない”きくらげ大特集」と題し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事