【九星フラワー占い】一白水星の6月の運勢は「欲しかった言葉が今あなたに」

日本各地で梅雨入り宣言が出され、雨の多い季節を迎えようとしています。
ジメジメとした天気に気分はアガらないかもしれませんが、小さな楽しみをみつけ明るく振る舞えたら大きなチャンスがもたらされる、今月はそんな月になりそうです。

※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

本当に必要なものを選ばなくては

今月はちょっとした“卒業”があるかもしれません。

ずっと続けてきたことが修了する卒業とはかぎらず、誰かや何かとの関係性が、属している組織での立場が変化するということもありそうです。

次の段階に進むために必要なものの取捨選択をせまられる、そんなことが起こりそうな予感もします。

見直しをしている間は、新しいことに着手してガンガン進めるというのは難しいのに、なんだか頼まれごとも多くて、「やらなくちゃ、すすめなくちゃ」と自分をせかすとストレスがたまります。

ですから、ここはどっしりと構えて、ここから持ち運ぶべきものの選択を行ってください。

コツコツ行ったことが周囲の人も助けることに

たぶんあなたが選び持ち運んだものは、あなただけでなく周囲の人達が「あってよかった」と思うような備えであり、ピンチがやってきた時に助けとなって、感謝される日が遠からずやってくるでしょう。

今月は、どの星もこれまで行ってきたことにかんして、成果がジャッジされて、評価されればご褒美がもらえそうなのですが、一白水星はどのようなことが評価されるのでしょうか。

やはり組織や人間関係を裏方として支えてきたことではないかと思います。

1番の「ありがとう」があなたに贈られる

組織の解散式などのセレモニーや食事会で、組織替えのための去っていくというような人から「あなたのおかげだった」といううれしい言葉があるのではないでしょうか。

もう1つ。今月は足元にも注意が必要です。雨が降るから滑りやすいというだけでなく、例えばお気に入りのパンプスのかかとが急にとれたり、電車やバスが止まってしまうというハプニングの予感が。

靴は歩きやすいもの、雨の時はファッションとあっていなくてもレインシューズを履くようにしましょう。

交通情報は、大切な用事があるときは気にしておくといいでしょう。

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運は、楽しい恋愛というよりは、将来の家族候補が現れるかもしれません。

しかも、家族や親族からの紹介で、お見合いのようなものが組まれたりして。

ときめきのようなものはないかもしれませんが、パパっと答えを出さず様子を見てみてください。

金運ですが、一般的な金銭的価値はないかもしれませんが、あなたの心を強くして未来へと連れていってくれる箱根駅伝のタスキのようなものが、あなたの手に渡されるかもしれません。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ベージュとアイボリー。麻や綿の天然素材ならさらにストレスなく安心感を与えてくれるでしょう。

ラッキーパーソンは、母親や母方の親戚。

迷った時に「こんなこと入っても理解されないかな」と思うことでも相談をしてみると、意外にフィットするアドバイスがもらえそうです。

ラッキーフードは、黒ゴマがふってある大学いも。判断の指標を自分軸にもどし肚がすわるので、判断に迷った時に食べるといいでしょう。

仙の花が象徴する一白水星の魅力とは

「水仙」という漢名は、この花が水辺にいる仙人のようであったからと言われています。すっと背筋が伸びているのに、うつむきぎみ。何か物を思うような姿は、一白水星の女性の思慮深さや清潔な色気とシンクロしています。水仙は、冬に球根を埋め、冷たい空気にさらされないと春に花咲くことができません。一白の女性も冬のような苦しい状況を乗り越え、希望を抱き続ける、柔軟な生き方と芯の強さがあり、それが人を惹きつけます。花言葉は「自尊」「私のもとに帰って」。

★全体運を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク