【九星フラワー占い】三碧木星は6月の運勢は「夢のお告げで驚きの気づき」

日本各地で梅雨入り宣言が出され、雨の多い季節を迎えようとしています。
ジメジメとした天気に気分はアガらないかもしれませんが、小さな楽しみをみつけ明るく振る舞えたら大きなチャンスがもたらされる、今月はそんな月になりそうです。

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

洗い立てのシーツが健康回復のカギ

明るく楽しい雰囲気が大好きな三碧木星にとって、日差しの少ない梅雨の時期というのはどちらかというと苦手で、とくにこの6月は気分が落ちこみやすいかもしれません。

体調もイマイチで風邪が長引いてしまう人のいそうです。

無理をせず体を休ませることが大切。ポイントは、洗い立てのいい香りがするシーツと枕カバーで眠ることです。

寝ている間に色々な夢を見そう。その夢の内容をメモしておくと、思わぬアイデアに結び付くかもしれませんし、先のばしにしてきたことを思い出して「ちゃんとやろう」と思うきっかけになるかもしれません。

ですから無駄な時間だと決して思わないでください。

本当にやさしい人は誰かがわかる

弱り気味になると、周囲のやさしさに敏感になります。

本当にやさしい人、困っているときに助けてくれる人、逆に普段の調子はよくても助けが必要なときにパッと手を離す人いることがわかるでしょう。

大切にすべき人間関係がみえてくるので、今後の付き合いの整理を行うちょうどいい時期なのだと思ってください。

ここで整理すべきことに気づくと、来年の運気の波を整えるのに役立ちます。

そう、今月は来年の予行練習のような月だと思ってください。

 

あるご縁が幸運の芽となってあらわれる

今月は、どの星もこれまで行ってきたことにかんして、成果がジャッジされて、評価されればご褒美がもらえそうなのですが、三碧木星はどのようなことが評価されるのでしょうか。

三碧木星に関しては、あまり期待をしすぎるとがっかりしてしまう心配があります。

ただ、誰かを誰かに紹介して何かしらのご縁を結んでいたら、あなたにもラッキーをもたらす芽がそこに生まれていて、三碧木星のあなただけが気づき、その芽を育てようという決意が生れるのかもしれません。

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、ちょっと厄介な人と縁がありそうです。

厄介というのは、よくよく話を聞いてみたら何か訳ありだったりする人を好きになってしまうかも、ということです。

遠距離恋愛ならいいのですが、例えば秘密があったり借金があったりすると大変なので、この月に深入りするのはやめて様子をみてください。

金運は、買ったところで必要だったかと後悔するようなものを、つい人にすすめられて買ってしまうようなことがありそうです。

あるいはお金を落としたりする心配もあるので、気をひきしめて。

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ホワイトカラーとミントグリーンでさわやかに装って、落ち込みがちな気分を持ち上げましょう。

ネガティブな感情はネガティブなできごとを招くので、気分を明るく保つことは大切です。

ラッキーパーソンは、外国人の女性。例えば日本を旅行中で困っているようなら声をかけて助けてあげるとラッキーなことがありそう。

実際に出会うことがなければ、海外の映画や音楽、本などで出会ってみたらどうでしょう。

ラッキーフードは、大根おろしがたっぷりのった蕎麦。香りを楽しんで味わってください。

人間関係の悩みにかんして「ま、いっか」という気分になれるはずです。

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは

夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク