【九星フラワー占い】五黄土星の6月の運気は「あの憧れの人から声がかかる」

日本各地で梅雨入り宣言が出され、雨の多い季節を迎えようとしています。
ジメジメとした天気に気分はアガらないかもしれませんが、小さな楽しみをみつけ明るく振る舞えたら大きなチャンスがもたらされる、今月はそんな月になりそうです。

※五黄土星の生まれ年は1959年、1968年、1977年、1986年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

頼もしい応援者があらわれる

高い立場にある人、上司や先輩かもしれませんし、みんなが憧れているような人から、注目されたり声をかけられたりするかもしれません。

それはずっとやりたいと思ってきたことにたいすると応援をかってでてくれるのかも。

何かを頼まれたり任されたり、もしかしたら長期的なことを引き継ぐということになるということも考えられます。

声に出して望んでいることを周囲に伝える

ですから、自分がやりたいこと、得意とすることを周囲に言葉でアピールすることは重要です。

そしてもう1つ、後ろ盾になってくれる人の期待を裏切らないように努力をすることも大切です。

人柄はいいのですが、みんなに声をかけ周囲の気持ちを丁寧にくみ取りながら……というのが、あまり得意ではない五黄土星さんも多いですが、この時期は明るく楽しく、みんなを喜ばせることを意識してください。

物事が順調に流れ、スピードアップしていくはずです。

あきらめずに立ち向かう姿勢に評価が集まる

今月は、どの星もこれまで行ってきたことにかんして、成果がジャッジされて、評価されればご褒美がもらえそうなのですが、五黄土星はどのようなことが評価されるのでしょうか。

6月は以前あきらめたことに再挑戦するのに適した時期なのですが、あきらめずに明るく立ち向かうあなたの姿勢に人からの評価が高まります。

そんなあなたに味方し助けてくれる人が集まってきます。

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運は、華やかで楽しい時期がやってくるでしょう。

まだ深みにはまらないわずらわしさもない、「好き?好きじゃないの?」という関係が始まる直前の心のやり取りが楽しめそうです。

ちょっとお芝居がかったようなくすぐったさはありますが、それがまた絶妙な感じがするのではないでしょうか。

金運は、必要なお金やものが必要なタイミングで集まってきそうです。

ただしそれは報酬ではなく、これから始まることの準備金。それでも、きっと胸がおどることでしょう。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、パールあるいはメタリックカラーとブルーの組み合わせ。あなたが必要な人、あなたを必要とする人を引き寄せるおまじないのような色です。

ラッキーパーソンは、お坊さん。道などですれちがったり見かけたりしたら、運気が上がっている証拠です。

お寺に行ってお経などを挙げている声を聴くのも運気アップにつながります。

ラッキーフードは、のり巻き。酸味が体を元気にし、勘の冴えを高めてくれます。

 

蓮の花が象徴する五黄土星の魅力とは

五黄土星は、9つの星のなかでもっとも運が強いと言われています。
その力の源は、良い物・美しい物だけでなく、悪と言われる物、汚れた物さえも受け入れる度量、器の大きさによるものです。
暗くて、その中に何が含まれているのか見ることもできない泥沼、けっして美しくはないその場所に咲く美しい蓮は、とても五黄土星的な花だと言えます。五黄は決して愛想はよくないけれど、仲良くなってみると愛情深く、生まれながらの姉御肌でもあります。
仏教で蓮は知性や慈悲の象徴とされ、その花言葉は「清らかな心」、「雄弁」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク