「オバ顔」が加速する……!丸顔40代女性の絶対NGメイクの3原則

顔の輪郭によって、似合うメイクも異なるのはよく言われるお話。

他方、40代となると、輪郭のタイプによって「老け見え」のメイクにも、傾向が出てくるのが一般的です。

前回は「面長40代女性の【オバ顔】が加速する…絶対NGなメイクの3原則」で、面長な女性の老け見えリスクについてお話しましたので、今回は“丸顔”について。

時短美容家の私、並木まきが【丸顔40代】のオバ顔を加速させがちな、NGメイクの3原則に迫ります。

 

童顔に見えやすいとはいえ…コレは注意!丸顔40代女性の絶対NGメイク1:目と眉が離れている

丸顔の女性が、目と眉の間に空間を多くとってしまうと、のっぺりとしたイメージから、やや間延びした印象のメイクになりやすく、コレこそがオバサンっぽさを醸し出す原因にもなりがちです。

 

一般的に、目と眉の距離が遠くなると、さっぱりしすぎたイメージや落ち着いた魅力が強まるとも言われていますが、丸顔40代に関して言えば、顔のパーツが広がっているような印象を出してしまうケースも多く、コレが老け見えの落とし穴に。

 

加齢に伴い、だんだんと目の位置が下がってきたように感じている場合には、眉を描く際に下部にパウダーやリキッドで1本ずつ毛を描き足すようなメイク手法が役立ちます。

 

童顔に見えやすいとはいえ…コレは注意!丸顔40代女性の絶対NGメイク2:頬の下寄りに入れたチーク

丸顔女性のもつ魅力は、その幸福感や優しげな表情も特徴的。そして、その優しげなイメージを強めるかのように、ふわっと塗ったチークがよく似合う顔立ちとも言えます。

 

しかしチークを頬の下寄りに塗るクセがあると、コレも40代のオバ見えを加速させる原因に。

 

視線が下に集まりやすくなるために、顔の重心が下に下がっているかのような錯覚にもなりやすく、コレがたるんだ印象を連想させることから、不名誉な“ブルドッグ”的なイメージをも与えかねないのです。

 

実際、ふっくらめの丸顔女性は、頬あたりに“たるみ”が出やすいのも実情。

 

メイクでカバーするならば、頬のやや上寄りの位置にチークを入れたほうが、すっきりとして見えます。

 

○○が強調されているパーツメイクはNG! 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事