えっ!違うの?「十分」の正しい読み方、知っていますか?

 

漢字にはさまざまな読み方があります。意味や文中での使い方によって読み方が変わる漢字もたくさんあります。中には間違った読み方のほうが一般に普及し、正しく読んでいる人のほうが少ない場合も。

そこで本記事では、意外と正しく読めていない漢字のクイズを出題します!

時間を表すときの「十分」、この漢字の正式な読み方、知っていますか?

時間を表すときの「十分」と言われたら「じゅっぷん」と答える人が多いのではないでしょうか。しかし数字の「十」の読み方を見てみると、違和感に気がつきます。

「十」の読み方と言えば

  • じゅう
  • とお
  • じっ

「じゅっ」という読み方がありません。

正解はコチラ!

「じっぷん」です。

「十」の読み方は、歴史と共に変化してきたと言われています。

元々歴史的仮名遣いでは「十」は「じふ」と読まれていました。「十」に「分」や「本」といった言葉がつながり、つながった文字の間に「っ」という音が生じると、「じふ」という発音の「ふ」が落ちて「十分(じっぷん)」「十本(じっぽん)」と読まれていました。

「十」の音読みのひとつ「じゅう」が現れてから、徐々に読み方が変化し、現代の音に合わせた「じゅっぷん」という読み方が浸透したという説があります。

なお、どちらの読み方も間違いではありません。

昭和41年NHK放送用語委員会では「20世紀」の読みについて、「じっ」「じゅっ」の両方の読み方を認めています。そのため、上記では「十」の読み方に「じゅっ」がないと書きましたが、平成22年度に改定された常用漢字表には、補足として「じゅっ」が書き加えられています。

時代と共に漢字の読み方も変化しているんですね!

ちなみに、テレビやラジオのアナウンサーの読み方に注目してみると面白いですよ。「じっぷん」読みにぜひ耳を傾けてみてください。

参考文献:ことば・言葉・コトバ●「10+助数詞」の読み

スポンサーリンク

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

1,000円以下なのにオシャレ・美味しい・日持ちがする オススメ手土産4選

ちょっとしたお礼の気持ちという意味で、友達や仕事のおつきあいの相手などに「プチ手土産」を渡すことがありますよね。そんなとき、何を選んだらいいか意外と悩んだりする…

「序に」は「じょに」ではありません!みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①仄仄「ほのぼの」です…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~

好きな料理に好きなワイン、そして気の合う仲間たちとのホームパーティ!気の合う仲間とする場合もあれば、家族ぐるみ、上司の家族やママ友同士などシチュエーションはさま…

太りにくい「ヘルシー夜食&おやつ」3選。深夜も罪悪感なく食べたい!

夜遅くになってお腹がすいた、甘いものが食べたい! そんなときってありませんか? 遅い時間に食べてもおいしくて罪悪感がないヘルシー夜食&おやつを紹介します!茹で汁…

女が一人で肉を食べるならココ!2018年新春注目3店

ひとりで突然お肉が食べたくなるとき、ありますよね。最近は女性がひとりで気兼ねなく、肉を食べられるお店も増えていますが、今回は最新情報として、オープンしたばかりの…

「こしらえる」ではありません!「設える」の読み方、知っていますか?

1文字にさまざまな読み方がある漢字。送り仮名によって読み方がガラリと変わることもあるので、漢字を読み間違えたことがある人は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題し…

「ある」ではありません!「阿る」の読み方、知っていますか?

さまざまな読み方がある漢字。中には思いもよらない読み方をする漢字もあります。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。今回ご紹介する「阿る」。「阿部」など、名字等で一度は見たことのある…

ヒントは「◯◯ねく」。意味を間違ってる人も多い「拱く」の読み方、知っていますか?

漢字にはさまざまな読み方がありますから、時には読めない漢字に遭遇することもあるでしょう。でも、人前でうっかり漢字を読み間違えたりすると恥ずかしい思いをすることも…。そこで本記事では、意外と読めない漢字…

「きゅうう」ではもちろんありません!「糾う」の読み方、知っていますか?

漢字にはたくさんの種類があります。そして、その漢字1つ1つにさまざまな読み方があります。漢字の組み合わせによって読み方が変わることもありますし、時代とともに音が変化していった読み方もあります。漢字にはそ…

「もうりに」ではありません。「妄りに」の読み方、知っていますか?

漢字1文字だと馴染みがあるはずなのに、送り仮名がつくことで途端に読み方がわからなくなる…そんな経験ありませんか?本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。今回ご紹介する「妄りに」も、「妄想」な…

「ちょうかん」ではありません!長閑の読み方、知っていますか?

漢字の中には時々、予想もつかないような読み方をするものがあります。子どもの頃に習ってきた読み方とは違う読み方をすることもありますから、「漢字を読み間違えて恥ずかしい思いをしたことがある」という人は少な…

「かきおとし」じゃない!「杮落とし」の読み方、知っていますか?

漢字、カタカナ、ひらがなという3種類の文字を使い分ける日本語。そんな日本語に触れていると「聞いたことはあるけど、漢字で書けない」「聞いたことはあるけど、意味はよくわからない」なんて言葉に遭遇することも…

「おさなげ」ではありません!「幼気」の正しい読み方、知っていますか?

漢字、カタカナ、ひらがな、3種類の文字を使い分ける日本語。中でも漢字は種類が膨大なうえ、1つの漢字にさまざまな読み方があるため、難しさを感じることもしばしば。日常生活において「この漢字、どう読むの?!」…

「すうた」とは読まないで!「数多」の読み方を知っていますか?

★アイキャッチ画像本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。日本語の中にたくさん存在する「数」に関する言葉。そんな数に関する言葉のひとつ「数多」の読み方、知っていますか?「数多」に含まれる「…

「つぎに」ではありません!「恣に」の読み方、知っていますか?

漢字の読みには、時に予想だにしないような読み方もあります。本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!本記事で紹介する「恣に」も、予想だにしない読み方のひとつと言えるのではないでしょうか。なぜ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事