「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違い

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺います」「明日、オフィスに参ります」。

どちらも正しいように感じますが、本当はどちらを使うべきなのでしょうか? 実はこれ、小中学生の教科書では、明確に区別されている表現です。どんな違いがあるのでしょう。

 

いつの間にか敬語の分類が5つに増えていた

私が学生の頃、敬語は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類に分かれていました。「尊敬語」と「謙譲語」は相手を立てるか、自分を下げるかで分けていましたよね。

 

最近、といってももう11年も前なのですが、2007年の「敬語の指針」(文化審議会答申)において敬語は「尊敬語」「謙譲語I」「謙譲語II」「丁寧語」「美化語」の5種類に分類されることになりました。「美化語」が新しい分類です。

 

美化語は、名詞に「お」や「ご」をつけて丁寧な言葉にしたもの。例えば、「お茶」「お酒」「ご飯」「ご本人」などです。名詞に関しては、「お」か?「ご」か?という問題がありますが、これは、さすがに日本人ならば感覚的に分かるもの。「ご茶」や「お本人」とは言いませんよね。

 

さて、ビジネスシーンでは特に「謙譲語I」と「謙譲語II」の判断が難しいところです。

 

謙譲語がわざわざ2つに分けられた理由とは

  • 明日、オフィスに伺います。(謙譲語I)
  • 明日、オフィスに参ります。(謙譲語II)

これはどちらも謙譲語です。謙譲語と尊敬語の違いとは、「動作をする人が自分ならば謙譲語」です。ですから「伺います」も「参ります」も謙譲語です。

 

さて、文化審議会は、なぜこの二つを分類したのでしょうか。実はこれ、ビジネスシーンで敬語を使い分けるのに、とても重要な視点で分けられているんです。

 

「謙譲語I」は話題に上がっている人やものなどに対する謙譲表現

明日、オフィスに伺います。

ここで、話題になっているのは「オフィス」です。この場合は「あなた様のオフィス」という意味です。動作、この場合は「行く」ということですが、「あなた様のオフィス」に「行く」ことに対し、自分の動作「行く」を下に扱って「伺う」というわけです。

「敬語の指針」文化庁より
「先生のところに伺いたいんですが…… 」と述べる場合 「先生のところに行きた いんですが(先生のところを訪ねたいんですが)…… 」と同じ内容であるが 「行く(訪ねる 」の代わりに「伺う」を使うことで )「先生」を立てる述べ方になる。この ように 「伺う」は <向かう先> に対する敬語として働く。この種の敬語は,一般 に「謙譲語」と呼ばれてきたが,ここでは「謙譲語II」と区別して,特に「謙譲語I」と呼ぶこととする。

ちなみに最後の「ます」は尊敬語でも謙譲語でもなく、丁寧語です。なので、ここが変わると、ちょっと雰囲気も変わりますよ。

  • 明日、(きみの)オフィスに伺うよ。
  • 明日、(きみの)オフィスに伺うことにするかな。

どうです? 立場の上の人が、わざわざ「伺う」という謙譲表現を使っているかっこよさがにじみ出てきますよね?
これは、特別な人が使える言い回しなので、私たちはこの辺はスルーです(笑)

 

「謙譲語II」は聞き手に配慮する謙譲表現

明日、オフィスに参ります。

謙譲語IIでは、相手ではなく、この話を聞いている人に対する配慮として「参ります」となっているのです。特定の相手を立ててはいません。その証拠に、「オフィス」が話し相手のオフィスでなくても使えるのです。

  • 明日、弟のところにも参ります。

こんなふうにも使えますね。

「敬語の指針」文化庁より
【解説1:謙譲語Ⅱとその典型的な用法】
「明日から海外へ参ります 」と述べる場合 「明日から海外へ行きます 」と同じ内容であるが 「行く」の代わりに「参る」を使うことで,自分の行為を,話や文章 の相手に対して改まった述べ方で述べることになり,これが,丁重さをもたらすことになる。このように 「参る」は<相手>に対する敬語として働く。 この種の敬語は 一般に 謙譲語 と呼ばれてきたが ここでは謙譲語Iと区別して,特に「謙譲語II」と呼ぶこととする。

ちなみに、この「ます」は「参る」とセットです。「参ります」として使います。「ます」を省いて「明日、オフィスに参る」とは言いません。

 

敬意を払う相手が誰なのかをより明確に意識して

以上を整理します。謙譲語には二つあります。

①「話題の主」が尊敬対象の場合 → 「伺います」「お目にかかる」(謙譲語I)を使います。

  • 先方に伺います
  • ぜひお目にかかりたい

②「聞き手」が尊敬対象の場合 → 「参ります」「お会いする」(謙譲語Ⅱ)を使います。

  • 先方に参ります
  • ぜひお会いしたい

この二つの条件が重なる、話題の主がまさに今話している相手という場合はどちらでも可です。でも①の方が直接的なので、①の言葉を使う人が多いですね。

 

話し相手のオフィスなら「伺います」を

初めの問いに戻りますね。アポイントの確認をするとしましょう。

  1. 「明日、オフィスに伺います」
  2. 「明日、オフィスに参ります」

この二つの違いは、1のオフィスは先方のオフィスであること、2のオフィスは、どこのオフィスでも良いということです。ですから、アポイントの確認をしている先方のオフィスに行く場合は、1の「伺います」、アポイントの確認をしている先方のオフィスではなく、よそのオフィスの話の場合は2の「参ります」を使うのです。

 

どうでしょう? まずはこの「伺う」と「参る」や、「お目にかかる」と「お会いする」で練習してみましょう。言葉は道具。使わないと使えるようになりません。「ご飯」を「お飯」と言わないのと同じような感覚になるまで何度でも使ってみることが大切です。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる女のメール文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とメールに書くのがこれだけ失礼なワケ

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

ビジネスシーンで使う敬語、正しいのはどっち?

新年度が始まりました。新しいスタートの春。この機会に、会社でよく使う間違えやすい敬語について再確認してみましょう。今日は楽しくクイズ形式にしました。全12問、あな…

2つのコツを知るだけ。たった1時間で美文字になる秘伝とは?

「なぜ私の字はうまくならないのか・・・」あなたは字がヘタだとお悩みですか?字がうまくなるポイントは以下の2つです。「持ち方」 「筆圧」本当に大切なことなのですが、し…

バイト敬語「こちら100円になります」何が間違いか説明できる?

バイト敬語の代表として悪者扱いされた「~になります」ですが、実は「なります」そのものは正しい日本語です。では、どんな言葉に言い直せばいいのか、逆にどんな場面でど…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中で声をかけることもあります。仕事で新しい…

「すみませーん」と語尾を伸ばす話し方であなたが失うものとは

「すみませーん」「先日お話しした件なんですけどー」「おねがいしまーす」どこの職場にも、語尾を伸ばす人って、いますよね。また、接客業にも語尾を伸ばす人がいて、こちらの方には良く出会います。「いらっしゃい…

「お客様が参りました」この敬語はどこが間違いでしょうか?

春です。真新しいスーツに身を包んだ新社会人の方を多く見かけます。会社には徐々に馴染んでいこう!仕事の内容はゆっくり覚えていこうと思っていても、実際に取引先やお客様と直接会う機会もありますよね。そんな時…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並みに敬語を使われる立場になりました。同じ立…

気をつけて!感情を表す言葉のダメな使用例「号泣」「失笑」あと1つは

「号泣する」 「失笑する」 「琴線に触れる」これら感情を表す言葉を間違って使っている人に出くわします。しかもこれらの言葉は人間の喜怒哀楽に関わる言葉なので、タイミング悪く間違えるとそれこそ「失笑」されま…

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる女のメール文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください」は、例えるなら釈迦に説法。それとは少し…

「お電話差し上げます」この日本語は正解?それともNG二重敬語?

言葉に「お」や「ご」を付けて丁寧にすることは、敬語表現にあたります。ビジネスシーンでは「お電話」や「ご連絡」という言葉は、ほぼ毎日使っていますよね。でもこれが敬語表現だとしたら、自分がかける「電話」や…

日本語の誤用「お客様が書かれる」、これ正しく言えますか?

先日、ある方が「食べれる」とおっしゃっていたので「それは『ら抜き言葉』ですよ」と注意をしたら「だって先生、『食べられる』って言ったら、まるで「食べられてしまう」ようじゃないですか。目上の人には特に注意…

意外にみんな間違えてる!赤っ恥な6つの「ベーシック敬語」

この時期、書店には敬語の本があふれています。4月に新入社員になる人も、そして後輩を育てることとなる現役も、もう一度、敬語を確認する為に購入するのでしょう。ものすごい種類の本がありますが、どれも読めば読…

バイト敬語「こちら100円になります」何が間違いか説明できる?

バイト敬語の代表として悪者扱いされた「~になります」ですが、実は「なります」そのものは正しい日本語です。では、どんな言葉に言い直せばいいのか、逆にどんな場面でどんなところに工夫をして使えばいいのでしょ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事