モテる女性はやっている!【LINE】で男心をつかむテク3選

今やコミュニケーションに欠かせなったLINEは、ビジネスやプライベートと様々な場面で活用されています。

だからこそ、相手に好印象を持ってもらえるLINEを送りたいもの。

実際、モテる女性はどのような部分に気をつけているのでしょうか。

先日発売された新刊「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」の著者である蒼井が、リサーチと自身の体験を交えてお伝えします。

 

 

1・お誘いは相手に「お得感」のあるものを

 

 

男性をデートや食事に誘う際、楽しみを「共有」できることはもちろんですが、モテ女子はもうひとつ重要視している項目があります。

それは相手にとって「価値」「お得感」があること。

たとえば、単に「お食事に行きませんか?」というよりも、

「ここのレストラン、ビジネスランチや接待でも使えると評判なので行ってみません?」

「ここの和食店はNYのビジネス雑誌でも紹介されて、今なら季節限定の〇〇を食べさせてくれるんです」

 

いかがでしょう、お得感がぐっと増しませんか。

男性は「仕事関係で役立つかも」というメリットを感じると、「ちょっと行ってみようかな」という興味が湧いてくるはず。

また、彼の趣味や性格に合わせて「日本初上陸」「有名作家も通っていた」「花火が見える特等席」「ヒット映画のロケ地」など、普段から相手の好みをリサーチしておくと、ライバルに差をつけられますよ。

 

2・仲良くなったタイミングで控えめなスタンプを使う

 

堅苦しい文章は「事務的で読む気をなくす」という声が多数あがっている反面、あまりにカジュアル過ぎも考えもの。

出会って日が浅い相手なら、必ず敬語を使いましょう。

その上で「ちょっと心が近づいたかも」と思ったら、控えめなスタンプを使うことは効果的。

「ありがとうございます😊」

「とても楽しみです😊」

出会い系のチャットでも、控えめな印象の人には「優しそう」と警戒心も薄れるそうです。

余談ですが、クラブママ時代にお客さまと仲良くなれるひとつの手法として、「相手をニックネームで呼ぶ」もしくは「(苗字ではなく)下の名前で呼ぶ」が挙げられます。

「やまちゃん」「けんじさん」「くまちゃん」、場合によっては「ボス」など。

お客さまもニックネームや下の名前で呼ばれると、日常を忘れてリラックスできるそう。相手とより親近感が増しますので、こちらも参考にしてみてください。

 

 

3・デート後のお礼は「感動を共有して追体験」させる

 

 

 

 

食事デートをしたあと、皆さんは無難なお礼で済ませていませんか?

「今日はごちそうさまでした。美味しかったです」

「会えて嬉しかったです。ありがとうございました」

これでは何の面白みも感じません。

「メイン料理のお肉の蕩けるような柔らかさが、たまりませんでしたね」

「白ワインのすっきりした甘味が、最高でしたね」

「窓から見える夜景が本当に綺麗で、ロマンティックでしたね」

お礼とともに、相手と共有した感動を具体的に伝えると、心に刺さるものです。

さらに、楽しかった情景を書くことで、彼もあなたとの素敵な時間を追体験できます。

そして、さらに親睦を深めたいなら、

「(今回は初夏に行ったので)、秋に行くのも素敵でしょうね」

「次は〇月あたりにご一緒できればいいな」

などと、素敵な未来を予感させる一言を添えてください。

 

いかがでした? お誘いは「お得感」あるもの。仲良くなったタイミングで控えめなスタンプや、場合によってはニックネームで呼んで親交を深める。お礼は「感動を共有して追体験」してもらう。素敵な未来を予想させる一言を添える。

心も開放的になるこの季節、素晴らしい出会いがありますように。