モテる女性はやっている!【LINE】で男心をつかむテク3選

今やコミュニケーションに欠かせなったLINEは、ビジネスやプライベートと様々な場面で活用されています。

だからこそ、相手に好印象を持ってもらえるLINEを送りたいもの。

実際、モテる女性はどのような部分に気をつけているのでしょうか。

先日発売された新刊「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」の著者である蒼井が、リサーチと自身の体験を交えてお伝えします。

 

 

1・お誘いは相手に「お得感」のあるものを

 

 

男性をデートや食事に誘う際、楽しみを「共有」できることはもちろんですが、モテ女子はもうひとつ重要視している項目があります。

それは相手にとって「価値」「お得感」があること。

たとえば、単に「お食事に行きませんか?」というよりも、

「ここのレストラン、ビジネスランチや接待でも使えると評判なので行ってみません?」

「ここの和食店はNYのビジネス雑誌でも紹介されて、今なら季節限定の〇〇を食べさせてくれるんです」

 

いかがでしょう、お得感がぐっと増しませんか。

男性は「仕事関係で役立つかも」というメリットを感じると、「ちょっと行ってみようかな」という興味が湧いてくるはず。

また、彼の趣味や性格に合わせて「日本初上陸」「有名作家も通っていた」「花火が見える特等席」「ヒット映画のロケ地」など、普段から相手の好みをリサーチしておくと、ライバルに差をつけられますよ。

 

2・仲良くなったタイミングで控えめなスタンプを使う

 

堅苦しい文章は「事務的で読む気をなくす」という声が多数あがっている反面、あまりにカジュアル過ぎも考えもの。

出会って日が浅い相手なら、必ず敬語を使いましょう。

その上で「ちょっと心が近づいたかも」と思ったら、控えめなスタンプを使うことは効果的。

「ありがとうございます😊」

「とても楽しみです😊」

出会い系のチャットでも、控えめな印象の人には「優しそう」と警戒心も薄れるそうです。

余談ですが、クラブママ時代にお客さまと仲良くなれるひとつの手法として、「相手をニックネームで呼ぶ」もしくは「(苗字ではなく)下の名前で呼ぶ」が挙げられます。

「やまちゃん」「けんじさん」「くまちゃん」、場合によっては「ボス」など。

お客さまもニックネームや下の名前で呼ばれると、日常を忘れてリラックスできるそう。相手とより親近感が増しますので、こちらも参考にしてみてください。

 

 

3・デート後のお礼は「感動を共有して追体験」させる

 

 

 

 

食事デートをしたあと、皆さんは無難なお礼で済ませていませんか?

「今日はごちそうさまでした。美味しかったです」

「会えて嬉しかったです。ありがとうございました」

これでは何の面白みも感じません。

「メイン料理のお肉の蕩けるような柔らかさが、たまりませんでしたね」

「白ワインのすっきりした甘味が、最高でしたね」

「窓から見える夜景が本当に綺麗で、ロマンティックでしたね」

お礼とともに、相手と共有した感動を具体的に伝えると、心に刺さるものです。

さらに、楽しかった情景を書くことで、彼もあなたとの素敵な時間を追体験できます。

そして、さらに親睦を深めたいなら、

「(今回は初夏に行ったので)、秋に行くのも素敵でしょうね」

「次は〇月あたりにご一緒できればいいな」

などと、素敵な未来を予感させる一言を添えてください。

 

いかがでした? お誘いは「お得感」あるもの。仲良くなったタイミングで控えめなスタンプや、場合によってはニックネームで呼んで親交を深める。お礼は「感動を共有して追体験」してもらう。素敵な未来を予想させる一言を添える。

心も開放的になるこの季節、素晴らしい出会いがありますように。

 

 

 

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男の本音】結婚の決め手は何だった?「男が逃したくない女性」4つの特徴

男女ともに既婚率が低下している昨今。しかし、幸福の一つの選択肢として「結婚」が揺るぎないのも事実です。では、男性たちの結婚の決め手となったものは何でしょう?CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が男性陣…

クラブママ伝授!ホステスに学ぶ「元カレと復縁」する4つの方法

出会いと別れは紙一重。どれほど甘い恋愛期間を過ごしていても、ある日突然、別れがやって来るかもしれないのです。「どうしても元カレと復縁したい」と熱望するあなた、高級クラブのホステスたちの思考や接し方がと…

「彼女、美人だよね」と言われる人のごく当たり前の10の習慣

50歳を過ぎても、ナチュラルな色香を放ち、男性が放っておかない女性っていますよね。彼女たちに共通しているのは、ひとえに「女を忘れない」心がけ。若い女性と張り合うのではなく、成熟した自分を受け入れたうえで…

50代でも「モテまくる女」のごく当たり前な10の習慣って…?

内面が充実してくる一方で、容姿の衰えは否めない50代。当然ながら、男性からのお誘いや扱い、モテにも大きく影響しており――。モテを左右するのは、ひとえに「女を捨てない」心がけ。そんな50代のモテ女性の習慣…

美人じゃなくてもここまでモテる!40代女性の「アリな色気」4つの極意

美女なのにいまいち男性と縁がない女性がいる一方で、容姿はそこそこでも、周りに男性が絶えない女性が存在します。私自身、10年間にわたり六本木のクラブママを勤めましたが、必ずしも「ナンバーワンホステス=ス…

実はここならモテモテ?40代独女が「理想の独身男性」と出会える場所って

40代独女の婚活が、厳しさの一途をたどるのは周知の事実。「平成駆けこみ婚」を焦るあまり、流されるまま、お見合いパーティや街コンに参加し、お手軽に知りあった男性に遊ばれてしまったり、「こんなはずじゃなか…

「婚活開始から1年以内にゴール」できた40代女性の3大共通点って?

「婚活疲れ」は、社会現象のひとつとなっています。「ちょっとだけ休もうかな」「でも、ここまで頑張ったんだし」と行ったり来たりを繰り返す女性が多い一方で、短期決戦で見事勝利を収めた女性も大勢いるのが実情で…

ウソ…もしかして私「セカンド女」?疑わしいカレの挙動7つ

彼との「愛情の温度差」を感じることってありますよね?常にスマホをチェックして落ち着かなかったり、別れ際が以前より素っ気なかったり、次のデートの約束を「忙しいから、こっちから連絡するよ」と大よその予定さ…

一発アウト!40代女性が即恋愛圏外にされる「ゲンメツ臭」4つ

30歳を過ぎると、気になる人が多いと言われる加齢臭やミドル脂臭。汗をかきやすい夏が終わっても、ニオイとの戦いは一生続きます。今回は冬場の「女性のゲンメツ臭」に注目。男性に「女性のニオイに関するガッカリ…

また恋がうまく始まらない…もしかして私「友だちどまりオンナ」?3つのダメポイント

数回デートを重ねると、彼と疎遠になってしまう。デート中はいい雰囲気なのに、イマイチ愛情に温度差を感じて常に心配。尽くせば尽くすほど、彼が遠ざかっていく。――もしかして、良かれと思っていることが裏目に出て…

注目の記事

LOVEに関する最新記事