山でも海でも絶対焼かない!【アウトドアのUV】隠れた名品オススメ5つ

夏ですね~ 1日中、アウトドアで過ごすため、真夏のラウンドは歩いているだけで体力が消耗し結構ハード。だからこそUVケアも暑さ対策も万全に。そんな太陽からがっちりガードするためのグッズがゴルフ用品にはたくさん出ているんですよ。

 

なかでもスタイリッシュなゴルフウエアブランド、パーリ―ゲイツの真夏対策コレクションがそれはそれは優秀なんです。デザインも機能も兼ね備えていて、これは街でも活用すべき! ゴルフだけではもったいない! ということで日常でも取り入れたい真夏のゴルフグッズベスト5を発表します♪

 

5位 炎天下でも安心、「クールタオル」

触れるだけでひんやり、水で冷やすとさらに冷たさを感じるクールタオル。熱をこもらせない接触冷感素材を使用し、ケース付きだから常に水に浸した状態でスタンバイさせておくことが可能なんです。使いたい時にボトルを振れば水を用意しなくてもまたひんやり。長さ116㎝×幅30㎝のロングサイズなので、首にかけると熱中症対策にも。ゴルフなどのアウトドアスポーツにはもちろん、屋外で過ごす時間が長いフェスやキャンプなどでも活躍してくれます! 色は3色。各3900円

 

4位 携帯できちゃうホルダーケース付き「PP+UVクリーム」

キャディバッグにひっかけていつでも塗りなおせるホルダーケースが付いたUVクリーム。パーリゲイツ初の医学部外品コスメ「PP+」の商品で、一日中、太陽の下で過ごすゴルファーのために開発したUVケア。SPF23 PA++でかなりパワフルな紫外線カット。うるおいで包み込むような瑞々しい塗り心地で、メイク崩れもしっかりカバーしてくれるんです。バッグにつけておけばいつでもどこでもさっと塗りなおせるので、毎日の通勤や営業などの外回り、お出かけにも。ホルダーケース付きで1200円(30g)

 

3位 頭も首も脚も、瞬間冷却するおしゃれ「氷のう」

ゴルファーにはもうおなじみの炎天下グッズ「氷のう」。氷を入れて頭や首を冷やす、というあれです。ドラマや漫画では昔の病人が頭を冷やしたりしていましたよね。あれの進化版がこのスポーツ用の氷嚢。暑さ対策だけでなく、疲れや故障などで炎症を起こした膝や足をクーリングしてくれるんです。コースにある茶屋などの休憩所にも氷をサービスしてくれることがあるから、ラウンド途中でもひんやりし気分転換できるんです。いまやゴルファーにとって真夏の定番である氷のう。日常に取り入れてみると活躍してくれそうです。4000円

 

2位 水の力でずっとひんやり。進化系氷のう「ネッククーラー」

これはすごい! 水に冷やしてクーリングする今までのネッククーラーと、氷のうが一体化したようなネッククーラー。マフラーやスカーフのように首に巻きつけて体の熱を冷ますのは今まで同様ですが、なんとこれは水や氷も入れられるという! 熱中症が心配な炎天下でのラウンドもこれさえあれば大丈夫。最近では室内でも対策が必要とされている熱中症。ゴルフウエア以外にも着回しやすいシンプルなボーダー柄だから日常でもぜひフル活用したい。これ、あると本当に心強いですよ! 3800円

 

1位 ひとふきでひんやり! 「クールミスト クールシャワー」

シュッとひとふきするだけで涼しくなれるクールミスト。香りは爽やかなグレープフルーツ系で気分もリフレッシュ。ラウンド中もグローブをつけたままスプレーできると人気。蒸し蒸し熱い日のラウンドには汗をかくたびにシュッとひんやりシャワーをしたくなる。スポーツシーンにはもちろん、日常の外出や就寝時などにもおすすめで、ウエアやソックス、シーツなどの布にスプレーしてもひんやり。寝苦しい熱帯夜にも快適な眠りに導いてくれるんです。ひとふきで涼しくなれる、本当に不思議なクールミストです。1000円(150ml)

最近はウエアなどの生地もUVカットの機能があったり、ひんやりとした感触冷感素材だったり、技ありのゴルフウエアが多い。外で過ごすスポーツだからこそ、快適を追求した夏の太陽対策グッズは優秀なんです。グリーン上だけなんてもったいない! この夏は街でもどんどん活用して、アクティブに快適に夏を乗り越えましょう♪

https://www.pearlygates.net/news/information/4275/index.html

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

南仏発の新習慣「ジェルブレ」で私のライフスタイルをバージョンアップ!

いつでも新しいライフスタイルを作り出すグローバルなフリーライター、間庭典子さん。いつもアクティブな彼女が最近いっそう身軽になったみたい。特におしゃれで手軽な食事の新習慣を開拓したとウワサを聞いて、その…

[PR]

オトナの一人旅を楽しみ尽くす。新幹線の「グランクラス」に乗ってみました♪

オトナの一人旅、最近では「乗り物」で過ごす時間も目的の一つという声がよく挙がります。中でも人気は新幹線ですが、もはや「移動」ではなく「滞在」になった! そう思えるほどゆったりとくつろげ、ほっとするよう…

[PR]

高齢親と旅行してわかった「親孝行旅・7つの盲点」と国内3つのオススメ旅行先

オトナになると増えるのが、年老いた父母との親孝行旅。この春、私もお墓参りを兼ねて京都・岡山へと70代の両親、そして途中で合流した妹と旅してきたのですが、良かれと思ったことが負担になるなど、親世代との感覚…

後輩とのコミュニケーションは、教えるよりも○○が大事!NY流、後輩を育てる4つの方法

NYの姉御が遠い空へと旅立ってしまった。その悲しい知らせを聞いたとき、ちょうどその彼女がコーディネイトした某有名ブランドのタイアップ記事をなんとなく眺め、「あぁ、お元気かなあ」と思い出していました。NYの…

10日で5㎏減!「集中玄米ダイエット」で気づいた40代の太らない暮らし方とは

人生2回目の7号食デトックスもなんとか終了! GWの10日間連休(自分自身はほぼ通常営業でしたがW)をつかってのチャレンジでしたが、いや~ 長かった! そしてやりました! その後、するする体重が落ちて回復食…

【実況】GW10日で玄米ダイエットチャレンジ!果たして結果は?

10日間の7号食デトックスも後半戦に突入! GW中はプチ引きこもり生活を続けているのでなんとか誘惑には負けずにいられるけれど、玄米食だけの日々にかなり飽きてきた… そして令和カウントダウンの暴飲暴食ですっか…

【実況】「玄米で毒出し!」7号食ダイエット・元号またぎの10日チャレンジ前半

40年以上ためこんだ毒素を玄米食だけで10日間すごし排出する「7号食ダイエット」。18年3月にチャレンジ、つまづきながらも成功し、なじみのバーでは「間庭重病説」まで流れるほどカラダもすっきり。しばらく快適で健…

費用もお手軽?40代の歯列矯正「部分矯正」のコストと時間は?やってみたデメリットは?#1

GW10連休! フリーランスの私はこの期間は都内で静かに過ごすのが恒例。この10日間を生かして「7号食ダイエット」に再びチャレンジし毒素排出、部屋の模様替えを本格的にする断捨離大作戦、とさまざまなリセットを…

いまオネエでもバイでも、未来の自分がどうかはわからない。「執着しない」NYの生き方

NYでかっこいい人はみんなゲイ……。それを知った日本からのゲストはみんながっくりして帰っていきます。オネエ系が多い日本と違い、アメリカのゲイは爽やかマッチョ系も多く、男っぽいゲイピープルが本当に多いんです…

恋愛に年齢なんて関係ない!いくつになっても現役感のある女性の特徴は……

ズバリ、NYでは恋愛に年齢なんて関係ない! オトコ、オンナ、どっちが上でも20歳の年の差カップルなんてザラにいるし、それに関して外野はやーやー言わずに、自然に受けとめている。そんなの個人の問題だし、精神年…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事