男が思う「これ言ったらオバサン!」40代のデンジャラスな口グセ3例

口グセは、自分でも気づかないうちに染み付いていることが多く、誰かに指摘されて「えっ。私、そんなこと言ってる!?」なんて驚くパターンもありますよね。

しかも、その口グセによっては、男性目線で「オバサンくさいなぁ……」となる場合もあるようです。

なにげなく口にしているフレーズのせいで、そんな不名誉な印象を与えていたら、だいぶショック。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが「オバサン!」と感じたという、40代女性のデンジャラスな口グセに迫ります。

 

これ言ったらオバサンでしょ!男ウケ最悪な口グセ1:「マジで?」

 

「40代になってまで『マジで!?』を連呼するオバサン、年齢を感じるし、かなりオバサンくさい感じがする。オフィシャルな場で言っている姿を見ると、なおのことそう思います」(39歳男性/PR)

「いい歳して『マジで?』って言う中年女性が、痛々しくて苦手。たまにならいいんだけど、口グセになっていて、なんにでも『マジで?』を使っているのを聞くと、微妙な気持ちになります」(42歳男性/経営)

 

使い慣れてしまうと、つい口をついて出がちな「マジで」は、それなりの年齢の女性が使うと、ちょっと古い印象を与えることや、妙な若づくり感が出ることなどが“オバ聞こえ”の要因でしょうか。

男性ウケは、あまりよくないフレーズでもあるのかもしれません。

 

 

これ言ったらオバサンでしょ!男ウケ最悪な口グセ2:「みたいな」

 

「最近の若い子にも多いんだけど、何か意見を言うときに語尾に『みたいな』をつける中年女性は、いただけないと思う。優柔不断な感じもするし、なんだか自立していない感じがしちゃってNG。ダメなオバサンって感じだよね」(40歳男性/出版)

「やたら『〜みたいな』を連呼するオバサン、かなり苦手です。いい歳しているんだから、言いたいことはハッキリ言い切りなよ! って思っちゃう(苦笑)。ちなみに『みたいなぁぁ』って語尾を伸ばされると、余計にイラつきます。オバサンの若づくり?」(44歳男性/SE)

 

ちょっとした雑談でも、よく耳にする語尾の「みたいな」は、気になりだすと耳に残るフレーズのひとつ。

いい年齢の女性が多用していると、男性目線では微妙な気持ちにもなるようですね。

 

 

これ言ったらオバサンでしょ!男ウケ最悪な口グセ3:「年甲斐もなく」

 

「自らを『オバサン』って名乗る女性も微妙だけど、なにかのエクスキューズみたいに『年甲斐もなく、買っちゃった』とか『年甲斐もなく、行ってきたー』とかって自分から言っちゃう女性は、かなりオバサンくさいと思う」(40歳男性/経営)

「自分の行動を説明するときに、いちいち『年甲斐もなく〜』って言い訳みたいに言う40代女性、なんでですかね? そんなことわざわざ言わなくてもいいのに、自分から『オバサンです』って言っているようなものじゃないですか」(42歳男性/飲食)

 

ちょっと言い訳めいた会話を披露したいときに「年甲斐もなく、○○しちゃったー」と自虐的に使う40代女性もいますよね。

しかしこのセリフも、男性目線では微妙な印象になっているようです。

 

特別に意識せずに口にしているフレーズのせいで「オバサンだなぁ」「オバサンっぽいなぁ」などと思われてしまうのは、残念。

意中の男性からの、幻滅を招いてしまったら、後悔してもしきれない女性もいらっしゃることでしょう。

口グセは、気づかぬうちに出ているケースも多いだけに、こんな言葉の多用にはくれぐれもご注意を!

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

同性の目はやっぱりキビシイ!? 「彼の母親」に嫌われる40代女性の傾向

結婚している間柄だけでなく、交際が長くなってくると、彼の母親との接点が増えるのも常。しかし彼の母親は同性だけに、いい関係を築けている人ばかりとは言い切れない実情もあり、本人は悪くないのに、気づけば義母…

男から「二度と飲み会に来ないで」と避けられる40代独女の共通点

飲み会に積極的に参加し「いいご縁がないかな」と婚活をがんばっているつもりでも、男性から「あの人は、もう連れてこないで」と言われるキャラになってしまえば残念の極み。しかし実態として、男性に嫌悪感を抱かせ…

彼ママに会うのがユーウツ…40代が地味に悩む「天然系義母」の生態3選

パートナーの母親である“義母”と接する機会も、なかなか多いのが40代。いい関係を築けている人も多いものの、義母の性格によっては「どうも扱いにくくて、苦手……!」となるのも、ありがちなお話です。あからさまに意…

痛すぎる!「大人の関係」を男に後悔させる40代独女にありがちな振る舞い

40代の男女関係ともなれば、“大人の関係”、つまり肉体的な関係を結んでいる人も珍しくありません。「男女間において、カラダの相性は大事」という人もいれば「そういう関係になってみないと、本当の相性はわからない…

40代でもけっこう多い!「都合のいい女」にされがちな40代独女の特徴

40代になっても、残念ながらも男性から、“都合のいい女”として扱われてしまう女性もいます。真剣恋愛をしているつもりなのは女性だけで、男性は結婚なんて毛頭考えてもいなければ、女性の幸せなんてお構いなし……なん…

ねぇそれ感じ悪い! 40代がやりがちな「愚痴のつもりが恋愛自慢話」3選

友人と他愛もない話をしているときに、最初は愚痴だと思って聞いていたら、いつの間にか自慢話になっていた……という展開に、お心当たりがある女性も多いはず。女性は“共感”で親しくなるという説もあるだけに、自慢話…

寝不足ですか? 40代の目を「腫れぼったく見せる」デンジャラスな秋アイシャドウ3選

そろそろ、本格的な秋仕様のメイクにシフトさせている40代女性も多いころ。残暑厳しい折だけれど、メイクに季節感を重んじる女性ほど、すでに秋の新作で装っていることと思います。でも、秋色アイシャドウには40代の…

40代の髪「コレはさすがに…」と男が心底引いたダメな髪の特徴3選

40代の髪は、加齢に伴うアレコレのお悩みがつきもの。白髪に薄毛、髪質の変化など、個人差はあれど、若い頃とは異なる自分の髪に、人知れずため息……な女性も増える年代です。だからこそデイリーのヘアケアにも気合い…

【40代の薄毛問題】は賢く解決! おすすめの「プチプラ」アイテム3選

加齢による髪の減少を感じると「高価なシャンプーを使わないとダメかも?」とも思いがち。けれど、高いアイテムを使ったからと言って、必ずしもお悩み解決に至らないから「美容って難しい……」と感じていらっしゃる女…

結婚前提だった男が萎えた!40代独女が発した「親の介護」にまつわるセリフ3選

交際初期には「結婚前提」で考えていても、お付き合いを重ねていくなかで「やっぱり、この人との結婚はナイな」となるケースも少なくありません。最初はラブラブでも、時間の経過とともに気持ちが変わってしまうのは…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事