【LINE】男性が「もう連絡しない」と決めた40代独女の「”だらしない”LINE」

気軽に連絡できるLINEは、相手が目の前にいないのでリラックスしてメッセージを送れるのがメリットですね。

ですが、送られた側がどう感じるかを考えずに自分のことをさらしてしまっては、男性も目を通すのが苦痛になってきます。

特に、何でもない世間話のつもりで送ったメッセージが、男性に「だらしないな」と思われたら返信するのもやめてしまうもの。

どんなLINEがNGなのか、男性の意見を集めてみました。

 

休日の「ひとりだから○○やってる」LINE

 

・「独身の女友達から、日曜日に『今日はひとりだから朝からチューハイ飲んでる』ってLINEが来て、たぶん暇だから返信しろって意味なんだろうけど、正直『ほかにすることないの?』と思ってしまう。飲んだ空き缶の写真を送られても……」(43歳/人事)

 

・「会社で気になっている女性がいて、休みの日に電話しようと思い『いま何かしてる?』ってLINEしたら一時間後くらいに『ひとりだからずっと寝てた』って返ってきてちょっと引いた。もう午後の2時なんだけど……。

せめて用事をしていたとかなら良かったけど、寝ていたって聞いたら会話する気が失せました」(36歳/営業)

 

★ お休みの日をどう過ごすかは、もちろんその人の自由ですよね。

ですが、ダラダラと時間を費やすだけのような、自堕落な生活が垣間見えるようなLINEは男性も返信をためらいます。

加えて、男性が「もう連絡しない」と思うのは、「自分がそんな姿を見せてもいい相手と思われている」ことがわかるから。

緊張感のない連絡は、男性の恋心も萎えてしまうのですね。

 

モテてるつもり!?「いま男性と一緒にいます」LINE

 

・「面倒くさいなと思ったのは、金曜日の夜とかにいきなり『いま○○で飲んでいて』って俺が知らない男とふたりで写っている写真を送ってきたアラフォーの女友達。

ちょっといい雰囲気になっていたんだけど、嫉妬させたくて送っているなら大失敗だし、こういうことができるんだなって思ったら好きな気持ちが冷めてしまった」(38歳/公務員)

 

・「友達以上恋人未満みたいな感じで仲のいい女性がいて、ある日ちょっとケンカをして。それまでは親しい男友達は俺だけって言っていたのに、それからほかの男とも会うようになって『今日は○○くんに話を聞いてもらった』とかわざわざ報告のLINEを送ってくる。

そんな話は聞きたくないし、これからもこんなことがあるのかなと思うと付き合う気にもなれないですよね」(36歳/配送)

 

★ ヤキモチをやかせたい、またはほかの男に取られると焦らせたい。

こんな「あなた以外の男性と過ごしています」LINEは、男性が高確率で「もう連絡はやめよう」と思う危険なものです。

「別に男にだらしないとまでは思わないけど、わざとそんなことをする気持ちが信じられない」のが男性の本音。

また、「何かあるたびにほかの男に逃げるのかも」という不安も、ふたりの仲をこれ以上進めることをためらわせます。

いたずらにほかの男性を登場させるのは、ふたりの関係をこじらせる原因にしかならないと心得たいですね。

 

依存しないで!「落ち込んでます」LINE

・「会社の同僚がミスをしてすごく落ち込んでいたから、心配になって『大丈夫?』ってLINEしたんです。

そうしたら、返信が『何も食べられない』『明日は会社を休むかも』って、ネガティブな言葉のオンパレード。

しまいには『どうせ私なんて仕事もできないし』って言い出して、やり取りをするのが嫌になって既読スルーしました。

励ましているこっちの気持ちも考えてほしい」(40歳/総務)

 

・「サークルで仲のいい女友達がいるんだけど、サークル内で親しくない女性の愚痴をたまに送ってくるのがしんどかったです。

『○○さんの今日の服、見た? 私と張り合ってるみたい』とか『あなたと仲がいいのを嫉妬してる』とか、最初は真面目に聞いていたけどいつまでも続くので最近は適当に返事していました。

それに気がついたのか、『あなたも○○さんがいいの?』って今度は被害妄想みたいなLINEが届いて、これ以上は何を言っても無駄だなと思ってフェードアウトしました」(37歳/看護師)

 

★ 男性からの意見で多かったのが、「”ヤケを起こして送ってくるLINE”は苦痛」というもの。

「こちらに依存してくるのがだらしなく感じる」のは、男性が一生懸命に相手をしても一向に変わらないからです。

気持ちを理解してほしいのはわかりますが、励ましてくれているのなら素直に「ありがとう」と受け止めるのが素敵な40代独女。

甘えられすぎるのは決して気分のいいものではなく、返信の言葉を選ぶのも大変になると男性はやり取りをやめたくなります。

「落ち込んでます」のメッセージはほどほどに、前向きな気持ちでLINEを続けるのが、男性からの信頼感が増すと思いましょう。

 

 

面と向かって話すのではなく、文字だけのやり取りになるLINEは、相手がどう受け止めるかを考えて送らないと知らない間に距離を取られてしまうことがあります。

男性が「だらしない人だな」と思うのは、生活の様子だけでなく自分との関わり方もおかしいなと首をひねりたくなるとき。

顔が見えないからこそ、LINEでの会話はポジティブな気持ちを共有できるものが理想ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク