【九星フラワー占い】五黄土星の2019年下半期の運勢は?

2019年が始まる頃、「今年は変革の年になるでしょう」とここで書きました。5月に平成から令和に変わり、
また、オリンピック開催にむけて日本とくに東京では色々な変革が進められています。
あなた個人についてはどうでしょうか?
会社など属している組織内での変化、住む場所、暮らし方のペースなどを変えたといったことはなかったでしょうか。
これから、その変化から“新しい芽吹き”が生れ、未来がつくられていく。そんなシーズンがやってきます!

※五黄土星の生まれ年は1959年、1968年、1977年、1986年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

体調も好調に。人と接するのが楽しくなってくる

「なんだか、どんどん元気になってくる!」

そんなふうに感じている五黄土星は多いのではないでしょうか。

昨年まで運勢の谷間にいて、あらゆることがうまく行かず、しかも体調もよくない状態で落ち込んだりイライラしたりしていたかもしれません。

けれども今年から幸運期が始まっていますから、春先、まずは少しずつ体調から回復し、最近は人と交わる楽しさも思い出してきているのではないでしょうか。

しかもずっと悩んでいたことを解決させる糸口が、早い人だとそろそろ見え始めてきます。

 

素直さと謙虚さが最大の武器

この早い人と、遅い人、同じ五黄土星の間で差が生れてしまうのは、単純な話ですが解決方法を教えてくれたり、助けてくれる人と出会えるかどうかです。

もともと引き寄せ力の強い五黄土星は、お腹の底から背骨の奥から「これが絶対に欲しい!」と思うと、手に入ったりします。

けれども、自分が想像する方法では解決しなかったことを解決できる人とはどのような人か、想像を超えているわけですから、引き寄せることもできないのです。

 

出会いたいと思う人に出会える!

そんな難しい人を引き寄せるには、素直さと謙虚さが大切です。「この人を助けてあげよう」と思われるから。

もう1つ。2019年は色々な人が集まってきて、あなたに頼みごとをしてくるでしょう。

こういう人たちを拒絶せず、親身になって接することで、その中から人脈が広がり、出会いたい人に出会えるはず。

五黄土星には強引でひどくマイペースなところがあり、好調になったとたんまた「自分は自分」という態度に戻ってしまう、ということがないようにしてください。

ファッションに関してもそうです。自己流の個性的なファッションもいいですが、20019年後半はシックで女性らしく装うと、恋愛マーケットだけでなく仕事の場での任期運もアップしそうです。

 

2019年下半期のラッキーポイントはこれ!

母親と過ごす時間を持つこと。もし、親子関係に溝があれば、いまこそそれを埋める時期です。

母親との心の触れ合いができると、優しく女性らしい雰囲気が増し、恋愛や結婚運のアップが期待できます。

また、妊活をしている人にも運勢の助け舟があって、自分自身が母になれる、ということもありそうです。

 

蓮の花が象徴する五黄土星の魅力とは

五黄土星は、9つの星のなかでもっとも運が強いと言われています。
その力の源は、良い物・美しい物だけでなく、悪と言われる物、汚れた物さえも受け入れる度量、器の大きさによるものです。
暗くて、その中に何が含まれているのか見ることもできない泥沼、けっして美しくはないその場所に咲く美しい蓮は、とても五黄土星的な花だと言えます。五黄は決して愛想はよくないけれど、仲良くなってみると愛情深く、生まれながらの姉御肌でもあります。
仏教で蓮は知性や慈悲の象徴とされ、その花言葉は「清らかな心」、「雄弁」です。

 

※全体の運勢を知りたいひとはこちら

(イラスト オオスキトモコ)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク