【九星フラワー占い】八白土星の2019年下半期の運勢は?

2019年が始まる頃、「今年は変革の年になるでしょう」とここで書きました。5月に平成から令和に変わり、
また、オリンピック開催にむけて日本とくに東京では色々な変革が進められています。
あなた個人についてはどうでしょうか?
会社など属している組織内での変化、住む場所、暮らし方のペースなどを変えたといったことはなかったでしょうか。
これから、その変化から“新しい芽吹き”が生れ、未来がつくられていく。そんなシーズンがやってきます!

※八白土星の生まれ年は1965年、1974年、1983年、1992年です。
ただし、1月1日~2月4日、4日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

いつも以上にカンがさえている2019年

高い山の頂上を目指す登山家のように、高い理想をその胸にいつも抱いている八白土星。

ちょっと上から目線なところもあるかわりに、その指摘やアドバイスはときにとてもキツイものであったりもします。

そして自分へのツッコミに関してはかなり甘かったり、または人に対するものより厳しい人がいるのも興味深いところです。

2019年は、八白土星という星は世界の中心の場所に位置しています。

世界の中心ということは一見ステキなようでいて、四方八方を人に囲まれているので、思うように身動きがとれないという運勢の特徴を持ちます。

ただ、動き回れないことは悪いことと決めつけることはなく、じっくり自分の場所を確保したり、周囲の人にとってのベース(基地)となったり、あるいは周囲の誰のこともよく見えるので、適切な人を選んで必要なことをお願いする力に長けていたり、といったメリットがあります。

 

そこに愛はあるのか、いつも考えてほしいこと

また、周囲がよく見えるといいましたが、その分いつもにも増して指摘やアドバイスが鋭く的を得ていたりします。

ただ、ここで振り返ってほしいのは「その言葉に愛情はありますか?」ということです。

世界の中心にあるということは、一歩間違えると思いあがってしまうこともありますが、思いあがる=自分中心になってしまうと、逆に中心のポジションからつまはじきにされてしまう逆転現象が起こるものです。

中心にあるためには愛情が必要であり、自分がどれだけ愛情深い人間であるか振り返る、あるいは改めて育てなおすというのが、この2019年の八白土星のミッションと言えます。

 

調子が悪い時は、「動くな」のサイン

秋が過ぎれば物事は順調に流れ出しますが、夏はまた体調を崩したり、孤独になりがちです。

たぶん、大きな不調に陥ったら、「動かずにじっと考えろ」という天からのサインだと思っていいでしょう。

 

2019年下半期のラッキーポイントはこれ!

ここまで愛情についてお話ししていますが、人だけでなく自分に対する愛情もとても大切です。

無理をしたり、自分はこの程度の人間だと見くびるようなことがあると、とたんにしっぺ返しをくらうことになるでしょう。

また動かずにゆっくり休む時、自分のかわりに人に動いてもらうことになりますが、これはその人への信頼も試されることになります。

信じることは愛情を注ぐことに近いことではないでしょうか。

ここで愛情を育てられると、来年は真に愛する人を得ることができるはず。運勢はそのういう流れになっています。

 

ユリの花が象徴する八白土星の魅力とは

上から目線で鋭い発言が多いかと思えば、甘え上手、独特の存在感を持つ八白土星。長身の美人が多い星でもあります。「威厳」「純粋」という花言葉を持ち、背が高く凛とした姿のユリは、八白土星によく似合っています。八白は「家」をあらわす星。目上からかわいがられ、子供や後輩の面倒をよくみる八白は、組織や家族を1つにまとめる要となる存在です。複数の花をつけ、いくつものりん片が1つにかたまってできている球根、そんなユリの要素も八白的と言えます。

 

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク