12月の3大イベントを乗り切れる! 誘われ上手な大人コーデって?

早いもので、もう12月。これから年末に向けてのイベントで多いのが、忘年会・プチ同窓会・Xmasディナーの3つのパターンです。手持ちの服をどう着るか悩み、前日に慌ててクローゼットの中身を広げることもありますよね。他にも年末のコンサートや親戚の集まりなど、たくさんお出かけのシーンはありますが、「仕事や親族向けのオフィシャル服」「女性向けのトレンド服」「男性向けのモテ服」の3つを意識したコーデを理解していれば、いざという時に服選びに迷いません。ぜひ服を選ぶ時の参考にしてください。

①カジュアルな居酒屋で忘年会をする時は?

求められるポイントはこの5つ

  • 会社向きのベーシックアイテム
  • 周りから浮かない定番カラー
  • 大人の女性らしい上品さ
  • 座っても大丈夫なゆったりボトム
  • 脱ぎ履きしやすい靴

→ハイゲージニット+ワイドパンツ

上司から後輩まで、年齢層も幅広く万人受けが必要な会社の集まりは、女性らしい清潔感のある上品さと、悪目立ちしないシンプルさが必要です。特に、お座敷で靴を脱ぐ可能性も高いので、ブーツよりは脱ぎやすいパンプスがおすすめ。ワイドパンツなら足さばきもよく、トレンドも拾えるので同性から見ても高評価です。かしこまった席ではないので、いつもとさほど変わらないけど、きちんと見える好感度の高い服を選びましょう。このテンションなら年上受けもいいので、親族との集まりがある実家への帰省にもおすすめです。

 

その他のおすすめコーデは?

ニットワンピース+スカーフ

こちらも誰にでも好印象なコーデいらずの定番アイテム。カジュアルな印象のざっくりニットは避けて、キレイめな印象のハイゲージニットのワンピを選びましょう。座ってもシワにならず、着心地も楽なので忘年会にはぴったりです。

 

セットアップ+控えめアクセサリー

ほどよくきちんと感があるので、仕事の場でもふさわしいコーデ。スカートでもパンツでもOKですが、色は落ち着いたネイビーやブラック、カーキあたりがおすすめ。華奢なアクセサリーをつければ華やかさもアップします。

 

忘年会のNGアイテムは?

あくまで会社での仕事がメインなので、社会人としてふさわしくないアイテムは避けて。白・黒・グレー・ベージュ・ネイビーなど、定番カラーに少しだけ流行のデザインやシルエットを取り入れて、アクセサリーはどこか一つだけつける程度が好バランスです。タイトスカートや細身パンツは、お座敷の場合窮屈になるので、今日だけはやめておきましょう。

派手色アイテム、タイトなボトム、柄アイテム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

FASHIONに関する最新記事