「老けて見えるからやめて!」と男が嫌う、40代女性の逆効果メイク3選

女性は「少しでも若々しい印象でいたい」と努力していることでも、男性目線だと「やめたほうが、若いんじゃない?」と感じている美習慣もあるのが実情。

彼や夫のために「綺麗になりたい」と思っていても、本末転倒な展開になっているパターンも少なくないというわけです。

時短美容家であり、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが男性たちが40代のパートナーに対して「正直これは、やめたほうがキレイな気がする」と感じているNG美習慣に迫ります。

男が実は「やめればいいのに」と感じている40代女性のNG美習慣1:やけに濃い口紅

 

「彼女が、たまにやけに濃い口紅をつけていることがあるのですが、ぶっちゃけ、唇ばかりが目立ってしまって、いつもより老けて見えている気がします。厚化粧っぽい雰囲気だし、あまり好きではありません」(44歳男性)

「妻は外出のときにはしっかりメイクをするタイプですが、稀にやたら赤とか茶色とか色がはっきりとしている口紅を塗っているときがあります。そういうメイクの日には、必ずと言っていいほどいつもより老けて見えるので、口紅の色は淡いほうがいいんじゃないかって感じています」(42歳男性)

 

濃いめ発色の口紅は、顔色を明るく見せてくれたり健康的なムードを出してくれたりといったメリットもあるものの、男性目線だと「なんだか厚化粧?」な印象にもつながりがち。

すっぴん風の軽やかなメイクを好む男性ほど、濃い口紅にはオバサンっぽさを感じ取ってしまう傾向もあります。

 

 

男が実は「やめればいいのに」と感じている40代女性のNG美習慣2:仕上げのお粉

「彼女が泊まりに来てメイクしている顔を見ていると、最後に粉みたいなのをやると、急にオバサンっぽい感じの肌になっていて、あまり好きじゃないです。それまではつるんとした感じなのに、その粉を塗ると、急にパサパサした見た目で。前に本人に言ったら『これしないと、崩れやすいから』って言われちゃったので、それ以上は言っていないですけど、粉って絶対にやらないとダメなものなんですか?」(40歳男性)

「ファンデーションだと思うのだけど、妻がやたら粉っぽい感じの肌になっているときがたびたびあって、それを見ると『老けてるな〜』って思います。化粧を変えているのか、その日の体調なのかよくわからないけど、粉っぽい肌は、なんか枯れている感じがしてあまり好きじゃないですね」(48歳男性)

 

リキッドやクリーム系など水分量の多いファンデーションで仕上げた肌に、パウダーを加えてしまうと、途端に質感が変わってしまうことも。

見ていないようでよく見ている男性も多く、むしろお粉をつけないほうが、フレッシュな肌感で男ウケを狙えるケースも多いです。

 

 

男が実は「やめればいいのに」と感じている40代女性のNG美習慣3:日焼け止めだけでは満足できない完全UV防備

 

「夏になると、僕の彼女は紫外線を敵視していて、かなりヤバイです。気持ちはわかるんですけど、出かける前に入念に日焼け止めを塗るだけでは満足できないようで、日傘にUV手袋、UV靴下、謎のサンバイザー……と完全防備。その姿は、いかにもオバサン!って感じで引いてしまいます。もうちょっと軽装でもいいんじゃないの……?」(44歳男性)

「妻が夏にしている、手足の日焼け止め対策にいつも密かに引いています。女性だし、丁寧に日焼け止めを塗るまでは理解できるんですが、真っ黒のカバーを手足にはめて出かけるのが、どうも苦手。あれってオバサンしかやっていない気がするんですけど、そんなに効果あるんでしょうか?」(49歳男性)

 

日差しが強まってくると、UV対策も本格化。

しかし、完全なる防御を目指すあまりに、男性目線では「過剰な姿」に映ってしまうケースもチラホラです。

こればかりは「ここまでしないと」に個人差があるので、なんとも……ではありますが、完全防備を目指すほど男ウケは諦めないとならない場合もあると、心得るべき?

 

女性目線では「どうってことない」と感じる美習慣でも、男性目線だと「これやると老けて見えてるよ」につながっているものもあるのが実態。

男ウケをとるべきか、自分なりの美意識を優先させるべきか……。その判断は、場面に応じて、天秤にかけたいところです。

スポンサーリンク

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男性心理】バツイチ男の心をつかむ40代女性の魅力とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第3…

【男性心理】なぜ女性との連絡先の交換は「ハードルの高い」儀式なのか

男性が「この女性いいな」と思ったときにどんなことを考えたり行動したりするのか。男性のこの行動ってどういう意味があるの?これって私は恋愛圏内のサインなの?それとも…

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もた…

【男性心理】40代バツイチ男が婚活で10人以上と会って思ったこと5つ

改めて振り返ってみるとバツイチ男の私は婚活にあたって、出会い系アプリ・Webサービス・飲食店のパーティ・友人の紹介・・・有料の結婚相談所や仲人サービス以外のありと…

男は意外と見てる…! 「トイレ帰り」にドン引きされている40代オバサン…3大NG

デート中、まだ深い仲になっていない間柄のときほどタイミングを迷いがちなのが、お手洗いに立つ頃合い。会話が盛り上がっているときにいきなり失礼するわけにもいなければ…

【大人の失恋】恋愛が長続きしない40代女性の3つの傾向

せっかくご縁あってお付き合いすることになったのに、長続きせずに別れてしまう残念な恋愛もチラホラ。残念な恋は、若いころなら「これも経験のうち!」と笑える話でも「40代にもなって、これはない」と自らダメ出し…

近寄りがたい! 悪い意味で「貫禄あるよね…」と思われちゃう40代女性のメイク

40代ともなると、その経験値や見た目によって、まわりから「やたら貫禄ある!」なんて思われる女性も少なくありません。貫禄は、いい意味で出ていれば魅力だけれど、悪い意味で出てしまうと「近寄りがたい」「話しに…

なんで使わないの?夏にオバ見えする40代ほど使っていない3つのコスメ

夏場は、気温や湿度のせいで、どうしてもメイクも崩れがちなうえに、お肌の状態も不安定になりがちですよね。「毎年、夏老けを痛感中……」な40代女性ほど、ひょっとすると、大人世代がこの時期に使うべきコスメを省い…

【男性心理】 身体の関係をもったあとに「なんか違う」と思われる40代独女の特徴

親しくなった男性と、本気でお付き合いをするにあたり「いつ、そういう関係になるのがベスト?」「早すぎると、軽いと思われそう……」と頭をかすめるのは、40代でもありがちなお話。しかし私が、同世代男性10名に「出…

夏にやりがち!実は男が嫌がっている【40代のNGヘア】3選

気温や湿度が上がってくると、涼しげなヘアスタイルを心がけている40代女性も少なくないはず。ダウンスタイルよりも、さっぱりとしたスタイリングのほうが、男ウケを狙いやすいのも確かです。ところが「涼しげ」なつ…

【男性心理】「君、不倫中でしょ」と男性から勘違いされやすい40代独女の3傾向

ちょっとした行動が強烈な印象となり「この女性は、もしかして……?」とネガティブな推測が働く男性も。40代女性がなにげなく口にしたひと言や、深い意味がなくした行動のせいで「ひょっとして、この人、不倫してる?…

男性が幻滅!「バッグに入れていないなんて、オバサンだね…」初デートの必需品3選

意中の男性とのデートでは、ちょっとしたシーンの仕草や行動ひとつで好感度が上がることもあれば、幻滅を誘う場合もあるから、気が抜けません。そしてちょっとしたシチュエーションで「あれ? この人は、基本的なも…

これは痛い! 「男ウケ狙いの40代女性」がやらかしたダメすぎるメイク

好きな人や恋人ができると、40代であっても気分は乙女!それは決して悪いことではないけれど、あまりにも「彼ウケ」を狙いすぎたあまりに、周囲の冷笑を買ってしまった40代もチラホラです。彼ウケを狙ったのに男性ウ…

ギトギト・ドロドロ、もうひとつは?「下品なオバさん」認定される40代の初夏メイク3つ

メイクは、その仕上がりによって、上品にも下品にもなりえます。40代は、ミーハー的だったり肉感的だったりしすぎると、途端に「あの人、なんか下品!」なんて思われる引き金にもなりがち。特に、ぱっと見のその質感…

流行を取り入れたら「まさかのオバ路線」!40代女性が老け見えする2019初夏コスメ

メイクのちょっとしたNG次第で、老けた印象や疲れた印象を加速させやすいのが、40代。それだけに、デイリーメイクで使用するコスメは、できるだけ老け見えを招かないアイテム選びも、腕の見せどころです。「私が使っ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事