「老けて見えるからやめて!」と男が嫌う、40代女性の逆効果メイク3選

女性は「少しでも若々しい印象でいたい」と努力していることでも、男性目線だと「やめたほうが、若いんじゃない?」と感じている美習慣もあるのが実情。

彼や夫のために「綺麗になりたい」と思っていても、本末転倒な展開になっているパターンも少なくないというわけです。

時短美容家であり、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが男性たちが40代のパートナーに対して「正直これは、やめたほうがキレイな気がする」と感じているNG美習慣に迫ります。

男が実は「やめればいいのに」と感じている40代女性のNG美習慣1:やけに濃い口紅

 

「彼女が、たまにやけに濃い口紅をつけていることがあるのですが、ぶっちゃけ、唇ばかりが目立ってしまって、いつもより老けて見えている気がします。厚化粧っぽい雰囲気だし、あまり好きではありません」(44歳男性)

「妻は外出のときにはしっかりメイクをするタイプですが、稀にやたら赤とか茶色とか色がはっきりとしている口紅を塗っているときがあります。そういうメイクの日には、必ずと言っていいほどいつもより老けて見えるので、口紅の色は淡いほうがいいんじゃないかって感じています」(42歳男性)

 

濃いめ発色の口紅は、顔色を明るく見せてくれたり健康的なムードを出してくれたりといったメリットもあるものの、男性目線だと「なんだか厚化粧?」な印象にもつながりがち。

すっぴん風の軽やかなメイクを好む男性ほど、濃い口紅にはオバサンっぽさを感じ取ってしまう傾向もあります。

 

 

男が実は「やめればいいのに」と感じている40代女性のNG美習慣2:仕上げのお粉

「彼女が泊まりに来てメイクしている顔を見ていると、最後に粉みたいなのをやると、急にオバサンっぽい感じの肌になっていて、あまり好きじゃないです。それまではつるんとした感じなのに、その粉を塗ると、急にパサパサした見た目で。前に本人に言ったら『これしないと、崩れやすいから』って言われちゃったので、それ以上は言っていないですけど、粉って絶対にやらないとダメなものなんですか?」(40歳男性)

「ファンデーションだと思うのだけど、妻がやたら粉っぽい感じの肌になっているときがたびたびあって、それを見ると『老けてるな〜』って思います。化粧を変えているのか、その日の体調なのかよくわからないけど、粉っぽい肌は、なんか枯れている感じがしてあまり好きじゃないですね」(48歳男性)

 

リキッドやクリーム系など水分量の多いファンデーションで仕上げた肌に、パウダーを加えてしまうと、途端に質感が変わってしまうことも。

見ていないようでよく見ている男性も多く、むしろお粉をつけないほうが、フレッシュな肌感で男ウケを狙えるケースも多いです。

 

 

男が実は「やめればいいのに」と感じている40代女性のNG美習慣3:日焼け止めだけでは満足できない完全UV防備

 

「夏になると、僕の彼女は紫外線を敵視していて、かなりヤバイです。気持ちはわかるんですけど、出かける前に入念に日焼け止めを塗るだけでは満足できないようで、日傘にUV手袋、UV靴下、謎のサンバイザー……と完全防備。その姿は、いかにもオバサン!って感じで引いてしまいます。もうちょっと軽装でもいいんじゃないの……?」(44歳男性)

「妻が夏にしている、手足の日焼け止め対策にいつも密かに引いています。女性だし、丁寧に日焼け止めを塗るまでは理解できるんですが、真っ黒のカバーを手足にはめて出かけるのが、どうも苦手。あれってオバサンしかやっていない気がするんですけど、そんなに効果あるんでしょうか?」(49歳男性)

 

日差しが強まってくると、UV対策も本格化。

しかし、完全なる防御を目指すあまりに、男性目線では「過剰な姿」に映ってしまうケースもチラホラです。

こればかりは「ここまでしないと」に個人差があるので、なんとも……ではありますが、完全防備を目指すほど男ウケは諦めないとならない場合もあると、心得るべき?

 

女性目線では「どうってことない」と感じる美習慣でも、男性目線だと「これやると老けて見えてるよ」につながっているものもあるのが実態。

男ウケをとるべきか、自分なりの美意識を優先させるべきか……。その判断は、場面に応じて、天秤にかけたいところです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク