「ダイエットしてるつもりじゃない」のに、2週間で5キロ減! 医師考案の「空腹食事法」で、美しく健康にやせる!

もうすぐ夏本番。そろそろダイエットしないとヤバイ!と焦っている方も多いでしょう。

 

私は今年、『「空腹」こそ最強のクスリ』(医学博士 青木厚・著 アスコム・刊)という健康書を出させていただきました。糖尿病や高血圧などの生活習慣病を自宅で改善するための食事法をご紹介したのですが、意外にも20代から50代の女性からの反響が多く、「こんなに簡単なダイエット法は初めてです。毎日好きなものを食べているのに、2週間で5キロもやせました!」など、ダイエット法としても多くの喜びの声をいただいております。そこで今回は、その食事法をご紹介したいと思います。

 

1日16時間の「空腹時間」を作る。ルールはこれだけです

ダイエットというと、「糖質は食べちゃダメ」とか「週に1日断食を」とか「スムージーを飲もう」とか、「あれを食べるな」「これを食べろ」とスパルタな方法が多いですよね。

 

確かにそれらの方法がダイエットに有効なのは事実ですが、それって普通につらくないですか? 食べたいものを食べたくないですか? 

 

私の提唱する「空腹食事法」は、好きなものを食べていただいて構いません。その代わり、1つだけルールがあります。それは、「1日16時間の空腹時間=ものを食べない時間」をつくることです。この16時間には、眠っている時間も含めます。つまり、睡眠時間が8時間の方なら、起きている間に8時間の「空腹時間」を作ればいいわけです。

 

たとえば、

■9時に朝食、昼食抜き、17時に夕食(17時から翌9時までの16時間が空腹)

■6時に朝食、昼食抜き、22時に夕食 (6時から22時までの16時間が空腹)

■朝食なし、12時に昼食、20時に夕食(20時から翌12時までの16時間が空腹)

 

といったように、自分の生活スタイルに合わせて、1日の中で16時間の空腹時間を確保すればいいだけです。空腹時間も、水分は自由にとっていただき、小腹が空いたなと思えば、ミックスナッツやヨーグルト程度ならば食べていただいて構いません。

 

食事の際は、肉でもラーメンでもデザートでもお酒でも、好きなものを自由に食べてOK。このタイムスケジュールを守るだけで、カンタンにダイエットに成功します。

 

どうしてやせるの? どうして体にいいの?

なぜこれだけの方法でやせるのか?  理由はとても簡単です。「空腹時間」を作ることで、どんな人でも確実にカロリー摂取量が減るからです。食べるものを変えなくてもカロリー摂取量が減れば、必然的に糖質摂取量も減っていきます。だから、わざわざ意識的に糖質制限なんてする必要はないんです。ムリに糖質制限をすると、ストレスがたまり、継続ができず、リバウンドの原因になります。

 

変な言い方ですが、「ダイエットには好きな物を食べたほうがいい」のが正解だったのです。私は糖尿病の専門医として、患者さんに「糖質制限」をはじめとするさまざまな食事法を実践してもらいましたが、途中で挫折せずに効果を発揮できたのは、結局この「空腹食事法」だけでした。

 

この食事法は、ダイエット効果だけでなく、たくさんの健康効果が期待できます。「なぜ16時間なのか?」ということも含めて、簡単に動画にまとめてみました。ぜひ、ご覧ください。

 

 

がんを克服した私も、9年実践しています

私は40歳のとき、舌がんを患いました。当時私には幼稚園に通う二人の娘がおり、妻のお腹の中にはもう一人の子どもを授かっており、なんとしても生き抜かなければならなかった。死ぬわけにはいかなかったのです。

 

私は「どうしたらがんの再発を防ぎ、いつまでも健康でいられるか?」をテーマに研究を重ね、たどり着いたのがこの「空腹食事法」です。詳しくは、先の動画をご覧いただければと思いますが、16時間の空腹を作ることで、全身の細胞でオートファジー(細胞の生まれ変わり)が起こります。

 

私自身、この食事法を9年続けていますが、オートファジーにより免疫細胞が活性化し、まったく風邪を引かなくなりました。また、たくさんのインフルエンザ患者さんと対面で診療していますが、この食事法を始めて以来、一度もインフルエンザに罹ったことがありません。そして舌がんについても、9年にわたって再発の兆候もなく、完治したといえます。

 

それどころかオートファジー効果で実年齢よりかなり若く見られるようになり、髪の毛もフサフサになりました。17%あった体脂肪率は、6.6%まで落ちています。私は、自らの肉体を根拠に「空腹食事法」を、確信をもってオススメしています。

 

みなさんもぜひ、この「空腹食事法」で食生活を改善してみてください。その他のダイエット法と違って、この方法は長期間にわたって、一生涯続けられる方法です。ダイエット効果はもちろん、細胞の生まれ変わりによって、美肌効果も期待できます。疲れない体も手にすることができます。ためしに今日から始めてみてはいかがでしょうか?

 

「空腹」こそ最強のクスリ 著・青木 厚  1400円(税別)/アスコム (画像クリックでAmazonへジャンプ!)

 

 

スポンサーリンク

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

ワインを飲むと太るって本当?赤ワインなら?ダイエット対策する飲み方とは

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

酒飲み必見!「飲んでも不健康にならない」お酒の組み合わせ方は?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

バーで独女の隣にたまたま座ったオトコは、将来の〇〇だった……⁉︎|恋愛記事ランキング

オトナサローネで人気の恋愛記事。その中でも特に、今注目されている恋愛記事をランキング化しました!どれも衝撃的なお話ばかり……!それではご紹介していきます。1位・40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコが…

【募集】編集アシスタント(未経験者可) 学生・主婦もOK!

伝統ある女性誌出版社で編集のお仕事をスタートしませんか?主婦の友社オトナサローネ編集部は下記の要項で編集アシスタントを募集します。学生やパート(扶養範囲応談)もOKです。PCでの記事確認や、メールの返信、…

英語で「携帯電話」って言える?「Smart phone」よりも主流な言い方はコレ

オトナサローネで人気の「英語」記事。知っていそうで意外と知らない!そんな英語のフレーズを10選ご紹介していきます。是非チェックしてみてくださいね。①レアチーズケーキ一見、英語と思われがちな「rare cheeseca…

手土産にも!プロが「お取り寄せ」でリピートしている5つのアイテムって?

オトナ女子はビジネスでもプライベートでも手みやげを贈る機会が多いもの。相手の好みをくんだものもいいけれど、健康や美容によく、しかもトレンドを意識したものなら、感度のいい人も思わず笑顔に!【オトナの手土…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事