熊田曜子、手料理で「オトコの胃袋」をつかみたがる女のココロの闇とは

料理は日本において、宗教の一種といってもいいのではないでしょうか。

未だに「料理は女性がするもの」という固定観念は消えませんし、その昔、河野景子が「ピンチも料理で救われます」(世界文化社)という本を出したりしていました。

 

結果的に救われなかったようですが、料理には「特別な力」が宿ると信じている人は多いのではないでしょうか。

 

日本の女性は、料理をしすぎ?

料理信仰を裏付けるのは、アスリートたちです。イチローや清原和博など有名選手に密着する番組では、妻たちが「夫のために」、ものすごい手間をかけて料理をするのが定番となっています。

 

もちろん体が資本ですから食べるものは大事でしょうが、「妻の手料理」にことさらにフューチャーするのは「夫がこれだけの活躍ができるのは、妻の料理がすごいから」といった具合に、料理を献身の最たるものと考える人がいるのではないでしょうか。

 

ちなみにメジャーリーグでは、球団が選手の食事を用意するので、妻たちが料理を作ることはあまりないそうです。

 

メジャーリーガーの妻の仕事は「一緒に」応援すること。所属チームのクラブハウスには妻や子ども用の食事が用意され、妻たちは夫の試合を応援しながら、それを食べるそうです。

 

料理教は実はアラフォー世代のほうが、強く刷り込まれているのではないでしょうか。

 

私は夫の仕事の都合でヨーロッパに住んだことがあるのですが、むこうの人があまり料理をしないことに驚き、「この人たちが作らないのではなく、日本人が作りすぎ」という己に巣食う料理教の存在に気づいたのでした。

 

あちらはまず冷凍食品がものすごく充実していますし、手作りするとしても、パンにハムとチーズを挟んだものとスープというあっさりメニューで、火を使わないメニューが好まれます。

 

熊田はなぜ夫の食事を作り続けるのか?

料理をする女性はエラい、料理をする女は報われるはずなのに、善行が報われないタレントがいます。グラビアアイドルの熊田曜子です。

 

熊田は「夕飯を食べる」と言った夫のために、三児の母ながら、品数の多い食事を作っていますが、夫が手を付けないことがこれまで100回はあったと夕飯の画像をインスタグラムストーリーにアップして話題となりました。熊田夫のモラハラや夫婦仲の悪化を疑う声も出ています。

 

「ノンストップ」(フジテレビ系)に出演した熊田によると、夫は熊田の料理は食べずに、カップラーメンをこっそり食べているそう。同番組の共演者・大神いずみは「1~2回これをやられたら、もう作らない」と断言。

 

しかし、熊田は「料理を作らないと、夫婦としてどうなんだろう」と夫のためというより、「いい妻規範」から外れるのを恐れているような発言。

 

大神が「お母さんがご飯をいつも用意して待っているべきという考えの人だったら、こんな愚痴らない」「ご飯を作ることにとらわれすぎ」と指摘すると、「主人のお母さんが、胃袋をつかめってすごく言うんです」と答えた熊田。

 

整理しますと、お姑さんに「胃袋をつかめ」と言われたから、三人の子育てと仕事でバタバタなはずなのに、「いい妻らしく」一生懸命作っている。にも関わらず、夫は食べずにイライラしているという状態と言えるでしょう。

 

料理をしたからといって、胃袋がつかめるとは限らない

料理教の人にありがちなのは、「自分の視覚と味覚で作って満足すること」ではないかと私は思っています。

 

味覚は性差もありますし、地域差もあります。プラス個人差もあるので、「自分がおいしいと思っても、相手もそうだとは限らない」という不一致が起こりやすいもの。そこで「私が作ってるんだから、私に合わせろ」という考えもありでしょうし、反対に「せっかく作るなら、おいしいと言われたい」と思う人もいるでしょう。

 

お姑さんに「胃袋をつかめ」と言われている熊田は、おそらく後者でしょうから、その場合は、自分の思い込みで料理を作っていないか、もう一度考えてみるといいと思うのです。

 

・「品数」が多いことを熊田はいいことと思っているようだが、夫も同じ考えなのか?
・熊田が作っている「メニュー」は、夫の好みにあっているのか?
・熊田の作っている料理の「味」は、夫の思うおいしいと合致しているのか?
・熊田の作っている料理の「量」は、足りているか?

 

熊田の場合、お姑さんがそばにいるわけですから、品数や量、好きなメニューや味はどんなものか、調べることはできるはずです。

 

「おいしいと言われたい」を最優先するのなら、お姑さんの作るものと自分の味を比べるか、「どの店のカレーが好き?」といったふうに、相手にピンポイントに指定させることで、はっきりとしたイメージをつかめばいいのではないでしょうか。

 

長い時間一緒にいると、相手のことをわかったような気になりますが、しょせん他人ですから、「この人とは違う」ことを前提として、溝を埋めていったほうがいいと思います。

 

作ることが至上になると、失うかもしれないこと。次ページ

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

飯島直子、あれだけの美人でも「不倫サレる」事態に私たちが考えるべきこととは

飯島や ああ飯島や 飯島や2009年11月12日号「週刊女性」(主婦と生活社)を読んで、芭蕉のごとく、句を詠んだ次第です。同誌は、不動産業を営む飯島の夫がガールズバー勤務の舞台女優との路チューや、女性…

安倍昭恵「あのベルスリーブワンピ」から透けて見えてしまった「お気の毒な境遇」とは

子どもがいじめを苦にして自殺するとか、不登校になるというニュースは数が多すぎて、マヒしてしまった感がありますが、本当はとてもおかしなことだと思うのです。学校で命が奪われたり、教育を受ける権利を無くすこ…

石田ゆり子、イマになって「さみしい」と言い出すその背景を私が歓迎したいワケ

「天海祐希・石田ゆり子のスナック曙橋」(フジテレビ系)という番組をご存じでしょうか?その名のとおり、女優・天海祐希が場末のスナックのママ、石田ゆり子がチーママという設定で、客(ゲスト)を迎えてトークを…

広末涼子、スキャンダル女王が持つ「生まれつきのヤバい才能」とは?

今ではだいぶ下火になった感がありますが、芸能人の不倫が週刊誌を連日騒がせたことがありました。ベッキーなど人気者が続々と捕獲されていったわけですが、「あの人たち」が検挙されないことに、私はひそかに膝を打…

加藤綾子、一周まわって「絶妙にOK」なNAOTOとの非オオモノ婚

元フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子アナと、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのリーダー・NAOTOの熱愛を「週刊文春」(文藝春秋)が報じました。同誌は“婚前旅行”として、二人がスイスの5つ星ホ…

クリステル進次郎「これ以上下がらないくらい好感度低い」2人のさらなる弱点とは?

仕事でも恋愛(婚活)でもいい、「自分を認めてほしい!」「もっと高く評価してほしい!」と思ったら、みなさんはどうするでしょうか?努力をしても、なぜ報われないのか?おそらくOTONA SALONE読者の淑女のみなさま…

西川史子、48歳になっても母親に失恋報告をするオンナの婚活って?

女医でタレントの西川史子が、インスタグラムでご自身の失恋を発表しました。適度にプライベートネタを放り込むあたりに、芸能界を生き抜いてきた西川センセイの才覚を感じずにいられないのですが、私がすげーと思っ…

矢野未希子、「VERY」新カバーガールは時代を変えるのか?

「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチコピーでおなじみ、女性誌「VERY」(光文社)。出版不況という言葉が聞かれるようになって久しいですが、そんなのどこ吹く風と売れまくっているようです。矢野…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事