オイル美容初心者に、プロおすすめの「スチームオイルバス」

アラフォー最大の肌悩み、「ハリ不足」。乾燥、しわ、たるみと表裏一体です。40代ともなれば一通りの美容法は試してきたことでしょうが、もし「まだハードルがあって挑んでいない」ものがあるとすれば、結構な確率でそれは美容オイルを使ったケアではないかと思います。吹き出物ができそう、枕カバーがベタベタしそう、どのオイルを選べばいいかわからない、自分のケアの手順にとり入れにくい……。そんな人にまず試してもらいたいのが、この「お風呂」の活用なんです!

「時短」の反対、「時間たっぷり」美容として!

%e6%96%b0%e8%a3%bd%e5%93%81%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e7%94%bb%e5%83%8f

この方法を教えてくれたのは、モロッコ美容のパイオニアブランド、ローズ ド マラケシュの創設者・板橋マサ江さん。このパッケージ、ハンズやロフト、cosme kitchenなどの店頭でもおなじみですよね。

1946年生まれだという板橋さんは、アフリカのモロッコ南西部でしか生産されない希少な美容オイル、「アルガンオイル」にほれ込みました。最高のオイルを絞るため、わざわざこまかな温度管理のできる搾油機を日本から導入。小さな村を挙げて作り上げたオイルに、代々のモロッコ王妃が愛したローズの香りを加え、このコールドプレス製法のオイルを作り上げたのだそうです。

%e3%83%a2%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b3%e7%8e%8b%e5%ae%a4%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3

香水の原料として用いる品種、華やかな香りのセンチフォリアローズ。さらにさわやかで凛としたダマスクローズをブレンドし、代々のモロッコ王室が愛した香りを再現。ローズを知り尽くしたモロッコ王室ならではの完璧なローズの香り!

自分が使いたい化粧品を自分の手で作れるだなんて、この上なく贅沢! ほれ込んで作り上げたオイル、自宅ではどのように使っているんですか?

「お風呂の、湯船の中で、スチームローズマッサージをしています。これが本当にオススメなの!」

簡単に言うと、こんな手順です。

 

1・お風呂でいつも通り洗顔

2・顔についた水を軽く拭いてから手にオイルを3プッシュ

3・湯船に漬かったままオイルで10分ほどマッサージ

 

顔に少し水分が残っていてもOK。手に伸ばしたオイルでデコルテから上をぜんぶマッサージします。内から外へ、下から上へ、力を入れずにごく軽く。

「湯船から上がる蒸気で、このローズの香りもお風呂いっぱいに広がり、この上ない贅沢感。私はお風呂に入っている間、ずっとマッサージしてますよ。ハリが違うんです!」

このあとのケアはしなくてもOK、このまま眠れます。

 

お湯にオイル?大丈夫なんですか?

そもそも、水分のついた手でオイルマッサージして、皮膚の上で弾かれないの?

実際にこの通りに使ってみたところ、「パリっとした」という表現をしたくなるほど、はっきりとハリ感が出る仕上がり! アルガンオイル1本で顔だけでなく髪もボディもハンドもリップも全身ケアする人が多いというのも納得の、特にオイル慣れしていないアラフォーには使いやすい質感でした。

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%ae%9f

アルガンの実。ビタミンEを豊富に含有。

ビューティサイエンティストの岡部美代治先生によれば、このアルガンオイル特有のハリ感は科学的に説明可能。融点の高いスチグマステロールという固体の脂質を含んでいるおかげで、まずは肌にすっとなじみ、あとから固体でのハリが出るのだそうです。オイルはその周囲ごとにこうした成分の特性があり、ハリを重視するならアルガンオイルは本当におすすめ、中でもこのローズ ド マラケシュのアルガンオイルにはスチグマステノールが他社製品より多く含まれていることが確認されているとのこと!

img_5841

左・板橋マサ江さん 右・ビューティサイエンティスト 岡部美代治先生

ちなみに、アルガンオイルはもともと希少なもの。ユネスコによって世界遺産「生物圏保護区」に指定されているモロッコ南西部の砂漠地帯のアルガンツリーからしか採取できないため、一定以上の量のオイルは物理的に生産できないのだそうです。ですから、あまりにも安価に売られているものの中には、板橋さん自ら「その値段ではどうやっても生産できない」と感じるものが。つまり、成分を偽って販売している可能性があるというわけ。

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc

「ヤギが登る木」としても知られるアルガンツリー。

ただ美容にアルガンオイルをとり入れればいいというものでもないみたい。「信頼できる品質のものかどうか」も判断しながら賢く取り入れてくださいね!

img_5848

ローズ ド マラケシュ アルガンオイル ローズ 30ml 4,000円(税別)/ジェイ・シー・ビー・ジャポン

 

ローズ ド マラケシュ オフィシャルサイトにて、2017年2月1日~ 新発売予定

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

無印マニアが「実際使ってオススメ」ベスト10!【無印良品週間中に買ってね】

全国の無印良品で4月1日まで(ネットストアでは2日10時まで)メンバー10%オフの「無印良品週間」が開催中です。この機会に買い足したり、新しく買ったりしたいアイテム、何ですか? 毎年マイルのステージがプラチ…

あなたは「虚」「実」どちら?医師に教わる「漢方と自分の体質」

「皮膚科領域の漢方治療は、アトピーで特にニーズが多いのですが、いっぽう皮膚科の漢方医は多くありません」。そう教えてくれたのは、よしき皮膚科クリニック銀座 院長 吉木伸子先生です。吉木先生は皮膚科専門医…

イガリシノブさん直伝!「40代でもカワイイいまどきアレンジ」のポイントは…

おなじみヘアスタイリングブランド、リーゼが4月20日にリニューアルします。「ハッピーニューミー」を合言葉に、髪を通じて新しい自分にチャレンジできるラインナップ9品が登場。すでに一部ウェブで先行販売中です。…

「やせない人」の遺伝子は5タイプに分かれる?遺伝子解析でわかるベストな生活習慣って…?

最近、オトナサローネ編集長アサミがパーソナルカラー診断にハマっています。「30代までは流行に乗ることイコールおしゃれだったけれど、40代以降は自分のことを客観的に知って、自分に必要なものだけを選んでいくの…

[PR]

突発性難聴かと思ったら「更年期」。漢方治療への長い道【100人の更年期♯6】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

半袖になる前に!噂の光脱毛自宅ケア「光エステ」、脱毛したい私が使ってみると…

日ごとに気温が上がり、服が薄くなっていく今日このごろ。ふと腕を見て「またムダ毛と戦う季節がきたか…」とうんざりしていませんか?何歳になっても意外にヒトはみな、人知れずムダ毛と戦っているもの。特にこの時…

「5歳若く見えるメガネ」で本当に若返る?カラー診断の結果選んだ1本は…

これまで何の疑いもなくかけてきたメガネ。ですが、ふと鏡を見た瞬間に「……あれ、私の印象、思ったより老けて見えない?」と驚くことがありませんか? 私はあります。オトナサローネでも「マイナス5歳見え」記事は…

[PR]

肌へのやさしさを極めた「オーガニック」なUVミルク、ニールズヤードから

そろそろ19年美白の新製品が気になる時期。今や夏だけではなく1年中、何かしらのUVアイテムを使っている私たちですが、とはいえできる限り肌には負担をかけたくない……。そんな微妙な40代の気持ちに寄り添ってくれる…

医療は「解決」のためにある。どうか更年期の不調に苦しまず、医療に頼って【山田ノジル後編】

書籍『呪われ女子に、なっていませんか?』が好評発売中のフリーライター・山田ノジルさん。前編では「真面目な更年期世代の女性ほどうっかり信じやすいトンデモ健康法」の概要とその特徴を聞きました。後編では「ど…

「私、マジメだから」と自覚してたら要注意?更年期対策のワナ【山田ノジル前編】

日本人女性の平均的な閉経は50歳代。医学的に閉経の前後5年を更年期と呼びます。この過程で心身に苦痛が出る場合が「更年期障害」。のぼせ、汗、イライラ、倦怠感、不眠などさまざまな不調が出やすくなる更年期です…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事