オイル美容初心者に、プロおすすめの「スチームオイルバス」

アラフォー最大の肌悩み、「ハリ不足」。乾燥、しわ、たるみと表裏一体です。40代ともなれば一通りの美容法は試してきたことでしょうが、もし「まだハードルがあって挑んでいない」ものがあるとすれば、結構な確率でそれは美容オイルを使ったケアではないかと思います。吹き出物ができそう、枕カバーがベタベタしそう、どのオイルを選べばいいかわからない、自分のケアの手順にとり入れにくい……。そんな人にまず試してもらいたいのが、この「お風呂」の活用なんです!

「時短」の反対、「時間たっぷり」美容として!

%e6%96%b0%e8%a3%bd%e5%93%81%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e7%94%bb%e5%83%8f

この方法を教えてくれたのは、モロッコ美容のパイオニアブランド、ローズ ド マラケシュの創設者・板橋マサ江さん。このパッケージ、ハンズやロフト、cosme kitchenなどの店頭でもおなじみですよね。

1946年生まれだという板橋さんは、アフリカのモロッコ南西部でしか生産されない希少な美容オイル、「アルガンオイル」にほれ込みました。最高のオイルを絞るため、わざわざこまかな温度管理のできる搾油機を日本から導入。小さな村を挙げて作り上げたオイルに、代々のモロッコ王妃が愛したローズの香りを加え、このコールドプレス製法のオイルを作り上げたのだそうです。

%e3%83%a2%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b3%e7%8e%8b%e5%ae%a4%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3

香水の原料として用いる品種、華やかな香りのセンチフォリアローズ。さらにさわやかで凛としたダマスクローズをブレンドし、代々のモロッコ王室が愛した香りを再現。ローズを知り尽くしたモロッコ王室ならではの完璧なローズの香り!

自分が使いたい化粧品を自分の手で作れるだなんて、この上なく贅沢! ほれ込んで作り上げたオイル、自宅ではどのように使っているんですか?

「お風呂の、湯船の中で、スチームローズマッサージをしています。これが本当にオススメなの!」

簡単に言うと、こんな手順です。

 

1・お風呂でいつも通り洗顔

2・顔についた水を軽く拭いてから手にオイルを3プッシュ

3・湯船に漬かったままオイルで10分ほどマッサージ

 

顔に少し水分が残っていてもOK。手に伸ばしたオイルでデコルテから上をぜんぶマッサージします。内から外へ、下から上へ、力を入れずにごく軽く。

「湯船から上がる蒸気で、このローズの香りもお風呂いっぱいに広がり、この上ない贅沢感。私はお風呂に入っている間、ずっとマッサージしてますよ。ハリが違うんです!」

このあとのケアはしなくてもOK、このまま眠れます。

 

お湯にオイル?大丈夫なんですか?

そもそも、水分のついた手でオイルマッサージして、皮膚の上で弾かれないの?

実際にこの通りに使ってみたところ、「パリっとした」という表現をしたくなるほど、はっきりとハリ感が出る仕上がり! アルガンオイル1本で顔だけでなく髪もボディもハンドもリップも全身ケアする人が多いというのも納得の、特にオイル慣れしていないアラフォーには使いやすい質感でした。

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%ae%9f

アルガンの実。ビタミンEを豊富に含有。

ビューティサイエンティストの岡部美代治先生によれば、このアルガンオイル特有のハリ感は科学的に説明可能。融点の高いスチグマステロールという固体の脂質を含んでいるおかげで、まずは肌にすっとなじみ、あとから固体でのハリが出るのだそうです。オイルはその周囲ごとにこうした成分の特性があり、ハリを重視するならアルガンオイルは本当におすすめ、中でもこのローズ ド マラケシュのアルガンオイルにはスチグマステノールが他社製品より多く含まれていることが確認されているとのこと!

img_5841

左・板橋マサ江さん 右・ビューティサイエンティスト 岡部美代治先生

ちなみに、アルガンオイルはもともと希少なもの。ユネスコによって世界遺産「生物圏保護区」に指定されているモロッコ南西部の砂漠地帯のアルガンツリーからしか採取できないため、一定以上の量のオイルは物理的に生産できないのだそうです。ですから、あまりにも安価に売られているものの中には、板橋さん自ら「その値段ではどうやっても生産できない」と感じるものが。つまり、成分を偽って販売している可能性があるというわけ。

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc

「ヤギが登る木」としても知られるアルガンツリー。

ただ美容にアルガンオイルをとり入れればいいというものでもないみたい。「信頼できる品質のものかどうか」も判断しながら賢く取り入れてくださいね!

img_5848

ローズ ド マラケシュ アルガンオイル ローズ 30ml 4,000円(税別)/ジェイ・シー・ビー・ジャポン

 

ローズ ド マラケシュ オフィシャルサイトにて、2017年2月1日~ 新発売予定

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

40代一人暮らし女性と地震、普段から備えておきたいものは!

大阪北部地震で被災なさった皆様、影響を受けた皆様、お見舞いを申し上げます。余震があるかもしれませんし、また日本はおおむね全国のどこにでも地震のリスクがあります。とはいえ、防災情報はどちらかといえばお年…

「イライラする人は口も臭い?」歯科医おススメの12秒対策は舌がカギ

あなたの口、乾いていますか? と言われても、この季節、喉なら乾くけれど「口の中が乾いているかどうか」は自分ではよくわからない……。では、唇が歯にくっつくことはありますか?「くっつくことがある場合は、乾い…

本当に衝撃的…ファミマの「チョコミントパンケーキ」が残念すぎる

私はいま、本日のお昼ご飯を、年に1回あるかないかの残念な気持ちで食べ終わりました。ことの発端は今から30分前。お昼を買いにいった弊社1Fのファミマです。今日はいつものおにぎり売り場だけでなくパン売り場も見…

【歓喜】ファミマのルーロー飯が新しくなってるよ!

昨年は台湾ブームだったと伝え聞くファミマ。弊社1Fにもファミマがあるのですが、どの時間帯に行っても台湾系アイテム置いてないなあ……と思っていたら、本日5月29日にリニューアル発売されたルーロー飯を先ほど発見…

セレブに学ぶ!「イマな白コーデ」バランス at ロンシャン

ファッションセレブの着こなしに見る「今年の白」とは?2018年5月4日に開催された、ロンシャンのニューヨーク5番街のNEWフラグシップストア「ロンシャン5th Avenue店」オープニングパーティから白コーデをピックアッ…

はしか(麻しん)が流行中らしいけれど、40代はどうすればいいの?

4月中旬に入って、「はしか(麻しん)」という言葉をよく耳にします。現在局地的に流行していることは報道の通り。平成19・20年に10~20代を中心に流行しましたが、同様に今回のように海外から持ち込まれて感染する…

「パラパラチャーハンの作り方」論争に新たな刺客!濃く溶いたスープで驚きの結果

何気なく「一人暮らしをはじめた方へ 新生活応援トピック集」という資料をめくっていたときのこと。新入学・入社の人たち向けの資料です。「なるほど、いまどきの一人暮らしは収納と一緒に防災まで考えるのか…」な…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事