近寄りがたい! 悪い意味で「貫禄あるよね…」と思われちゃう40代女性のメイク

40代ともなると、その経験値や見た目によって、まわりから「やたら貫禄ある!」なんて思われる女性も少なくありません。

貫禄は、いい意味で出ていれば魅力だけれど、悪い意味で出てしまうと「近寄りがたい」「話しにくい」などのネガティブな事態にもなりがちです。

実際、メイクの雰囲気によって、ネガティブな意味での“貫禄”が出てしまう人もいるだけに、気を付けるに越したことはありません。

時短美容家の私、並木まきが、悪い意味で「貫禄ある……」と言われがちな40代女性のメイクに迫ります。

 

 

近寄りがたい! 悪い意味で貫禄出まくりな40代女性のメイク1:すっぴん風のつもりが単にノーメイク風

 

手をかけているけれど、そうは見せない「すっぴん風」のメイクをしているつもりで、使っている色が極端に少ないと、単なるノーメイク風にしか見えない……というパターンもありがちです。

40代の肌は、若いころと比べると色ムラやくすみが目立ちやすくなっている場合も少なくなく、カラーレスに走ったメイクだと、その肌感が強調されてしまいがちなのも確か。

年齢を重ねた女性のノーメイク風メイクは、自信に溢れているようで粋に感じるケースだってゼロではないけれど、ぱっと見で「化粧しません」「美容には、興味ありません」なムードが出てしまうと、イコールで近づきにくい貫禄オーラが出てしまうのも否めません。

せめて口紅だけでも明るい色を入れると、印象がガラリと変わるはず。

 

 

近寄りがたい! 悪い意味で貫禄出まくりな40代女性のメイク2:眉毛が薄すぎる

 

ナチュラルな仕上がりを目指し、ふわっとしたメイクを意識していると、想定外に眉が薄い仕上がりになってしまう場合も多々。

そして、全体のメイクに対して眉毛だけが薄い印象が強いメイクは、年齢を感じさせ、悪い意味での貫禄を醸し出しがちです。

メイクや外見に無頓着な印象も出やすいリスクもさることながら、大人世代で眉毛が薄いメイクだと、生活感が出てしまい、これがいやな意味での“貫禄”を加速させる場合も少なくありません。

時間の経過とともに、眉毛が薄くなりがちな場合には、仕上げにコーティング剤を使うのも方法です。

また、自眉の色に対して、眉コスメの色が薄すぎる場合にも妙な貫禄が出やすいので、アイブロウコスメは色合わせも大事です。

 

 

近寄りがたい! 悪い意味で貫禄出まくりな40代女性のメイク3:テカリ感が目立つ

 

みずみずしくフレッシュな質感を目指して陥りがちなのが、テカリ感によるギラギラとしたメイクになってしまうNG。

40代は、全体的にきちんと手をかけていたとしても、テカリ感の強い印象になってしまうと、やたらにギラついた印象からの貫禄が出がちな年代です。

テカリは、季節を問わずに気をつけたい部分ではあるけれど、気温や湿度が高まる夏の時期は、特に危険。

こまめなメイク直しもマストながら、時間の経過とともにテカリが出にくいファンデーションを見つけるのが、最大の予防策になります。

 

悪い意味で「貫禄ある!」なんて思われてしまえば、人間関係ではあまりいい結果は招かないのも常。

また恋愛シーンにおいても、男性から「近寄りがたい」なんて思われれば、せっかくのチャンスを台無しにしてしまう場合だってありますよね。

40代は若いころより貫禄が出てしかり。だけれど、悪い意味での貫禄だけは感じさせないよう、爽やかなメイクを意識して。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

「いい年して何やってんの?」男がうんざりする40代女性のNGなLINEマナー3選

もはやLINEは、私たちの生活になくてはならなく感じるほど、日々のコミュニケーションには欠かせないツールに。そして、単なる連絡ツールながらも、その使い方には個性が出やすいのも確かです。みんなが使っているツ…

40代のセルフ美容は「電動」がキーワード!? 時短美容もかなう名品3選

最近の美容アイテムの進化は目覚しく、多くの優秀な電動アイテムも続々と登場中。40代の美容では「賢く、満足度高く、効果も欲しい!」なよくばり女性も多いだけに、アナログ美容に限界を感じたら、セルフ美容にも電…

「このオバサン、タチが悪そう」と思われる40代独女のNGコミュニケーション3例

40代になると、若い頃よりも、恋愛には自然体で向き合えるようになる人も少なくありません。しかしあまりにも自然体すぎると「この女性、タチが悪いな……」と男性に引かれてしまうパターンもチラホラ。ひとたび「タチ…

あっという間にマイナス3歳!「わたし老けた?」と思ったら見直したいコスメの“色”3選

40代は、これまでと同じメイクを続けていても、鏡を見ながら「あれ? なんだか老けた……?」と感じる瞬間も多々。その日のコンディションによっても、雰囲気変わりがちではあるものの、もしかするとメイクの“何か”が…

【乾燥対策】40代がニベアとプチプラで対策するならどう組み合わせる?

そろそろ、全身の乾燥が気になり始めた季節。とは言っても、まだがっつりと乾燥対策するのには早いだけに、ゆるっと乾燥対策を始めるのが、今の時期の気分です。40代はプチプラを上手に組み合わせて、満足度の高いお…

男性が「あれ?この人老けた?」としみじみ思った40代女性の定番ヘアアレンジ3例

男性からの印象は、髪型ひとつで「老けたなぁ」にも「年齢よりも若く見えるなぁ」にもなるのが、実態。デートの日だけでなく、デイリーのちょっとしたシーンでも、その日のヘアスタイル次第で、残る印象はガラリと変…

即、マイナス3歳!40代におすすめの髪の若見えテク3選

「最近、老けてきた……」にお心当たりがある場合、その原因が、ヘアスタイルにある可能性も否めません。40代は、髪型ひとつで若見えもすれば老け見えもする年代だけに、老け顔を回避するなら、髪の印象も最重要課題。…

【40代のスキンケア】顔が老けてきた!? と思ったら見直すべきこと3選

鏡を見て「最近、老け顔が加速したような……?」と感じたり、メイクのりが悪くなったと思ったりしたら、デイリーのスキンケアを見直すべきタイミング。40代の肌は、気候や体調によっても左右されがちなだけに、ついこ…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢を重ねるにつれ、アレンジのバリエーション…

正直、気持ち悪い!男が苦手に感じた40代女性の「秋チークNG3選」

男ウケを狙いたいシーンだけでなく、ビジネスシーンで男性からの好感度アップを図りたいときにも、メイクによる印象は重要。秋は、夏までのメイクと比較して深みのある表情を狙う40代女性も多いけれど、男性から「気…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事