「ぬりす」でも「とす」でもない!「塗す」の正しい読み方は?

 

誰しも一度は経験したことがあるであろう漢字の読み間違い。漢字にはさまざまな読み方がありますから、間違えてしまうことは決して珍しいことではありません。ただ、人前で読み間違いをすると恥ずかしいんですよね・・・。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!

「塗す」の正しい読み方、知っていますか?

「塗る(ぬる)」や「塗料(とりょう)」の読み方を参考に

  • とす
  • ぬるす
  • ぬりつぶす

と読んだ人も多いのではないでしょうか。しかし、これらはすべて不正解。「塗す」の意味を知ると、「ああ、〇〇すか!」と合点がいく人も多いはず。

粉などを全体に付着させる。一面に塗りつける

引用元:小学館 デジタル大辞泉

なんだかピンと来ませんか?

正解はコチラです!

「まぶす」です。

なお、「塗る(ぬる)」の意味は

1 物の表面に塗料や液状のものなどをこするようにしてつける
2 壁土や漆喰(しっくい)などをこすってつけて、壁や塀などをつくりあげる
3 おしろいをつけて厚化粧をする
4 自分の罪や責任を他人に負わせる

引用元:小学館 デジタル大辞泉

ですが、「塗る(まぶる)」と読むと「まぶす」と同じ意味になります。「塗」を「ぬ」と読むか「まぶ」と読むかで、つけるものの材質が変化するようです。

  • 塗る 塗料や液状のもの
  • 塗す 粉など

ちなみに、名古屋名物「ひつまぶし」は漢字で書くと「櫃塗し」。細かく刻んだうなぎの蒲焼を、おひつに入れたご飯の上に「塗す」ことから来ているのだそうです。

 

また「塗」の読み方は「と」「ぬる」だけではありません。「まみれる」という読みや「みどろ」という読み方も!「みどろ」は名詞の後ろに「塗」がつくときの読み方です。

  • 汗塗(あせみどろ)
  • 血塗(ちみどろ)

ですが、今はどちらかというと「汗まみれ」「血まみれ」という読み方が自然かもしれませんね。

 

参考文献:ひつまぶし 語源由来辞典

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク