英語で「名刺」を2単語で言える?意外と間違えがち!

こんにちは、駅前留学NOVA講師ジェイコブです。

日本人がうっかり間違えがちな、職場や日常生活ですぐに使えて役立つ英会話をお届けする<1日1英語>。

 

今日は「名刺」です。

 

 

よくありがちなのが、“名刺”=「name card(ネイムカード)」勘違いをしてしまうこと正しくは「business card(ビジネスカード)」ですアメリカなど、エリアによっては「calling card」と言うこともあります。

 

また、「名刺をください。」と言いたいとき、「Please give me your business card.」と言うと、状況によっては少し偉そうかも。「Could I have your business card?」のほうが丁寧です。

 

【講師プロフィール】ジェイコブ・ウェバー(Jacob Webber)

イギリス出身。入社以来、関西で約10年に渡り人気英会話インストラクターとして活躍。現在はリクルート責任者として講師の採用や研修も担当。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク