「じんじん」ではありません!「仄仄」の読み方、知っていますか?

普段の生活であまり馴染みのない漢字が出てくると「うっ・・・なんて読むか分からない」なんてことありませんか?読み方を知ると、実は何気なく使う言葉だったりするのですが、漢字だけで表されるとどうしても分からないことがしばしば。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!

「仄仄」の読み方、知っていますか?

「仄」という漢字を使う機会、少ないかもしれませんね。2002年に公開されたホラー映画『仄暗い水の底から』には「仄」という漢字が使われています。その読み方から推測して「仄仄」を「ほのほの」と読んだ人・・・非常に惜しいです!

正解はコチラ!

「ほのぼの」です。

「仄仄」には

[副](スル)
1 かすかに明るくなるさま
2 ほんのり心の暖かさなどが感じられるさま
3 わずかに聞いたり知ったりするさま
[名]夜明け方。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

という意味があります。

「仄仄」は、「仄か(ほのか)」という言葉を繰り返すことで表現されています。「仄か」の意味は、

1 わずかにそれと認められるさま。かすか
2 心や意識がぼんやりしているさま。かすか
3 量や程度がわずかなさま

引用元:小学館 デジタル大辞泉

を表す形容動詞です。「仄か」を繰り返すことで、“かすかに明るくなるさま”や“心の暖かさなどが感じられるさま”を強調したのではないでしょうか。

はっきりとした明るさを描くのではなく、かすかに明るくなっていくさまを示す「仄仄」という漢字には、日本語ならではの感性が感じられますね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク