【脱・臭いオバさん】グランドホステスが教える「本当に臭わない」汗臭対策4つ

こんにちは。ライターの高木沙織です。

関東地方もようやく梅雨明け。ジメジメからムシムシへと夏らしい暑さを感じられるようになってくると、“汗”問題が浮上しますよね。

顔や脇、背中に汗がにじんでしまうのは仕方がないことなのでさておきますが、“臭い”はまわりに気付かせないようにしたいところです。

そこで今回は、前職が絶対的清潔感を求められる航空会社の地上職員・グラホ(グランドホステス・グランドスタッフ)であった筆者や同僚がおこなっていた夏の汗臭対策を紹介したいと思います。

 

1・・・吸水速乾・消臭素材のインナーを着る

 

みなさん、まさかとは思いますが、「トップスの下は直に下着」なんてことはありませんよね?

服の下に着るインナー(キャミソール)は、下着の透けを防いでくれるだけでなく、直接肌に触れて汗を吸うという役割を担っています。それゆえ消耗が激しく枚数も必要となるため、手ごろな価格でまとめ買い出来たらラッキー。はい、この考えは捨てましょう。汗を吸ったあとの渇きが遅い、臭いを発しやすいものを着てしまっては、一度汗をかいたあとの臭いが気になって大変です。

購入するときにチェックするのは、汗をかいてもすぐに乾く吸水速乾(ドライ)素材であるか、汗の臭いのもとを吸着・緩和させる消臭素材であるかどうか。やや値段は張りますが、「汗臭いかも」という不安を抱えたまま一日を過ごすよりはよいですよね。

薄手で明るい色のシャツが制服であった筆者たちは、モカもしくはベージュのキャミソールをチョイスしていましたが、白や黒とカラー展開も豊富なのでその日のトップスに合わせて選んでみては。

 

2・・・制汗スプレーは部分的に

 

 

「絶対に臭わせない」「一日中臭わない」など、魅力的な効果を謳った機能性の高いデオドラント商品が販売されていますが、全身に使用すると汗腺の出口を塞いで汗をかきにくくし体調不調を引き起こしたり、肌トラブルを引き起こしたりする恐れがあると言われています(商品にもよる)。

また、香り付きのものを広範囲に使う場合、自分が感じている以上に強いニオイになっていることが多いので要注意。汗の臭いと混じってまわりの人に不快感を与えることもあるでしょう。

「業務中は香水を使用しないこと」と教育を受けてきた筆者たちのロッカーの中には無香料タイプの制汗スプレー(ロールタイプのものを含む)が常備されていましたが、使うのは汗腺が多い脇の下と足のみでした。発汗量がそこまで多くない仕事に就いている方であれば、この程度の使用で十分でしょう。

 

3・・・汗をかいたらすぐに拭く

これはもう、鉄則です。

体から出たばかりの汗は、本来無臭。汗が皮膚の表面で皮脂やあかなどと混ざることで臭いの物質が発生するので、かいた汗はなるべく早く拭き取ってあげることが大事なポイントになってきます。

それも、汗拭きシートを使って。ハンカチやタオルを使用してもよいのですが、汗拭きシートで臭いの成分を拭き取ることで汗臭対策をしましょう。

 

4・・・汗をかく習慣をつける

 

 

「え? 汗をかく習慣?」と思うかもしれませんが、これ大事です。汗の臭いが気になるからと汗をかかないようにしていると、汗腺がきちんと働かなくなってしまうと言われているのをご存じでしょうか。すると、いざ汗をかいたときに濃い成分を含んだ臭いの強い汗となる恐れがあるのです。

よかれと思ってやっていたことが、逆に臭いを強めてしまうなんてショックですよね。では、汗をかくにはどうしたら?

筆者やまわりのスタッフは、心身の疲れ具合によって寝ているだけで発汗する岩盤浴、アクティブに体を動かしながら発汗するホットヨガなどに通い分けていましたよ。時間が取れない方は、湯船にゆっくりと浸かることでも汗をかけるでしょう。

 

汗の季節はこれからが本番です。臭わせないのが大人の女性のエチケット。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッ…

【衝撃】実は臭いのは私?40代女性の「加齢臭」どうすれば消える?

ミドルエイジ以降にありがちなニオイ問題。枕が古本くさい、満員電車やタクシーなどで遭遇するオジサン臭。そんな「いかにも」なニオイばかりか、すれ違いさまの一瞬ですら…

植松晃士 それじゃオバさん感が丸出し! 40代の「おブス」なメイク

みなさん、こんにちは。植松晃士です。毎日暑い~! とはいえ、まだまだこの暑さは続くそうなのでご自愛くださいませ。すっぴんで出かけるなんてお気の毒!さて。今回はビ…

アラフォー世代はモレやすい? あの部分を締めて引き上げると得られる嬉しいこと

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。クシュンとくしゃみをした瞬間に尿が漏れる。これ、アラフォー世代の女性に多い悩みのひとつです。ちなみに、「たまたま勢いよくくしゃみが出たから」だなんて言い…

眠れない夜に試してみて!ヨガ講師が教えるぐっすり気持ちよく眠れるコツ3選

こんにちは。ヨガインストラクター・美容ライターの高木沙織です。グッスリと眠れなかった翌日、心身のコンディションは大きく変わってきますよね。実は、『OTONA SALONE』読者のみなさんは年齢やホルモンバランスの…

【コンビニおやつ】ダイエット中でも罪悪感無しのおすすめ4品

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。少し体を引き締めたいとき。「食べたらいけない」と思えば思うほど、そして遠ざけるほどに近付きたくなるのが“おやつ”。おやつは、本当にいろいろなところから誘惑…

【100均ダイエット】よく効く!3通りに使える!話題の300円アイテムをヨガ講師が使ってみた

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。「暑さが和らいできた!」と安心したのも束の間。食欲の波がジワジワと音もなく押し寄せてきていますよ。幾度となくこの季節の移り変わりを経験してきたオトナサロ…

眠れない夜、どうしてる? 不眠ライターがす~っと気持ちよく眠れたのはこの方法だった!

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。旅行や出張などでホテルに宿泊するとき。すぐに眠りにつける方もいれば、明け方になっても寝つけない、眠りが浅くて何度も目が覚めてしまうという方は多いのではな…

グーンと伸びてめっちゃ気持ちいい!【腸腰筋ほぐし】で美くびれ作り

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。年齢を重ねるにつれてボディラインの変化……、いいえ、この際ハッキリと言います。“ボディラインの崩れ”が気になり始める女性が大多数を占めるようになりますが、「…

【罪悪感ゼロ】残業帰りの22時はセブンに寄り道!ヨガ講師が食べてるギルトフリーな夜食4選

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。残業が終わり、疲労を感じながらの帰路で思うこと。「あー、お腹空いたな」。だけど、作る気力なんてないし、そもそも遅い時間だし。何か食べるかどうか迷うところ…

「ホントに痩せられるの?」大山式パッドをヨガ講師が使ってみた結論

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。「“〇〇するだけ”で痩せる」だなんて、これまでにさまざまなダイエット法を試してきた『OTONA SALONE』読者の皆さんはちょっと疑わしく感じるかもしれませんね。「…

あなたの「骨盤」歪んでいない?歪みを直して下半身をスッキリ!

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。“骨盤の歪み”というワードが世に広がりすぎたせいか、一周まわって「骨盤は歪んでいて当たり前」だから、「特になにもしません」なんて方が増えてきているように思…

【簡単肩こり改善】「検索してやらない」アラフォー女性へ!場所とシーン別、肩こりを楽にする方法

こんにちは。筋膜リリースヨガインストラクターの高木沙織です。働くオトナの女性が検索するワードは、「肩こり」「改善」。それも、「簡単」。この3つが多いようです。……が、実際のところその検索したエクササイズ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事