「香水のにおいがキツくてツラい!」 身近な人にどう伝える? そんなときの対処法とは 

あなたの周囲にいませんか? ものすごく香水のにおいがキツイ人。すれ違うたびに香りが広がり周囲を不快な気持ちにさせ、エレベーターを降りても強烈な残り香という存在感を発揮します。もしオフィスで近くの席にこういうかたがいたら、つらいですよね? そんな場合の対処法をご紹介しましょう。

対処法1 なんとかして相手に伝える編

Young woman covering her mouth

気持ちが悪くなって体調に異常をきたすほど香水のキツさが耐えられないなら、コレしかありません。なんとかして相手に伝えること。ただ、問題は伝え方です。

1.ストレートに言う

「香水がキツイんですけど、量を減らしてもらえませんか?」とストレートに伝えることです。ただ、相手を怒らせたりプライドを傷つけたりするので、度胸とメンタルの強さがないとできない方法です。

2.正しい香水の量を話題にする

「香水のつけ方って、ワンプッシュだけが正しいんですって」など、少ない量が正解であることを会話に盛り込みます。相手とのコミュニケーション能力が問われるので、コミュ力に自信があるかたにオススメします。

3.別の香りへ誘導する

「◯◯さん、この香り似合うと思うんです。使ってください!」とほのかに香るタイプのフレグランス(オーデコロン等)やボディクリームをプレゼントしてみましょう。経済的余力がある人や、異性の場合その人に多少勘違いされてもよければという人にだけ許される方法です。

4.その人の前で常に具合が悪くなる

近くにその人がいるときは常に嘔吐をもようおした演技をして「大丈夫?」と心配されたら、「気持ち悪い、においが辛くて吐き気が。。。」と言います。リアルさのある演技力と、いちいちアクションするマメさが問われます。

5.自分も強い香りを身につける

目には目を、歯には歯を、香りには香りを。いっそのこと、自分自身もその人と張るくらいの香水をつけすぎて「ちょっと香りがキツイな」と思わせることで我がふりを直すように仕向ける方法です。ただ、その他の人から不快に思われる危険性が高いので、他人から嫌われる覚悟がないかたは手を出してはいけません。

 

対処法2.その人の見方を変える編

Woman.

上記の方法で相手に伝えたとしても、相手が行動を変えてくれなければ何の意味もありません。往々にして伝え損になる場合も多いでしょう。他人を変えるのは難しいのです。であれば、相手に対するコチラ側の見方を変えることです。スタンスは基本的に「かわいそうな人なんだ、だから仕方ないんだ」です。

1.ナルシスト

香水のキツいかたの9割はナルシストと断言していいでしょう。自分のことが大好きで他の人が愛せない人なんだろうな、と思いましょう。さみしい人なんです、きっと。

2.バブル世代。もしくはバブルに憧れている

バブル時代を謳歌した世代(いまの50歳前後)か、そんなバブル世代に憧れている人に間違いないでしょう。もうバブルは戻ってこないのに……。自分にとっての古きよき時代を抜け出せない、トレンドについていけない人だと思いましょう。

3.モテたい(けどモテていない)

香りを放つというのは、もともと生物にとって求愛行動のひとつです。そう、モテたいから香りを放出するのです。実際にモテていれば香りを発しなくても異性は寄ってきますから、依然として香りがキツイのはモテたいのにモテていない可哀想な人なのです。

4.喫煙者

簡単にいえば、においをもってにおいを制しているわけです。タバコをやめられないのは、口さみしい人か、ヒマ人か、意思が弱い人か、タバコを吸うのがカッコいいと思っているかどれかです。いずれにしても残念な人なのです。

5.実は体臭に悩んでいる

これも喫煙者と同様、においをもってにおいを制しているパターンですね。ただこちらの場合はなかなか変えられない体質だったりするので、とてもナーバスな問題。気の毒なのです。

6.鼻が悪い(嗅覚が鈍感)

こちらも変えられない体質の問題です。つける量の加減が自分で判断できないのです。鼻炎などで嗅覚があまり敏感でないことを本人が自覚していると思うので、もしかしたら量を減らすように伝えても角が立たないかもしれません。

7.本当は自信がない

人は自信がないと強い鎧のようなものを身につけるのです。これみよがしなブランド品を身に付けることで、虎の衣を借りているわけですね。香りもそのような虎アイテムのひとつ。自分に自信がない可哀想な人だと思ってあげましょう。

 

嗅覚は女性のほうが優れているらしい

Girl pinches her nose because of stench stink.

ブラジルにあるリオデジャネイロ大学の研究グループによれば、女性の方が男性よりも脳の嗅覚部の細胞総数やニューロン数が多いことがわかり、女性のほうが男性より嗅覚が鋭い証拠ではないかという報告がされています。身近な人のにおいに悩んでいるのは女性のほうが多い気がします。嗅覚が女性のほうが敏感だからなのかもしれませんね。

私のわりと身近にも香水がキツイ人がいます。正直にいって対策1は何ひとつできないままで、仕方ががないので対策2でやり過ごしております。。。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【衝撃】実は臭いのは私?40代女性の「加齢臭」どうすれば消える?

ミドルエイジ以降にありがちなニオイ問題。枕が古本くさい、満員電車やタクシーなどで遭遇するオジサン臭。そんな「いかにも」なニオイばかりか、すれ違いさまの一瞬ですら…

過労やアレも「ニオイ」の元に!40代女性の体臭3悪要因とカンタン対策

40代になると体型だけでなく「体臭」も気になり始める年齢に。加齢臭は男性だけではなく、実は女性も気をつけなければいけないニオイ。特に女性ホルモンが減り始める35歳こ…

増殖中…! 職場に生息する「臭いオバサン」の傾向とイメージダウンを避ける鉄則って?

いよいよ本格的に気温が上がってきて、ちょっとしたシーンで“汗のニオイ”が気になるシーズンとなりました。加齢臭は男性だけのものではなく、女性も年齢に伴って不快なニオ…

男は気づいてる!40代女性の意外な3大「ニオイ」速攻消すコツって?

彼と深い仲になると、ちょっとした自分の「ニオイ」が気になってしまう40代女性も、少なくないのではないでしょうか。女性にも「加齢臭」はあると言われますし、やっぱり年…

食後すぐ歯を磨くのはNG?実は口臭がきつくなる本当の理由とは

子どもの頃、親や学校の先生から「食事が終わったらすぐに歯を磨きなさい」を指導された記憶がありますが、皆さんはいかがでしょうか。多くの人がそう考えて、毎食後すぐに…

この時期気になり始める「足のニオイ」には重曹とコレ?4つのケア

靴を脱いでプ〜ンと臭う、お座敷に上がる時に躊躇する恥ずかしい経験など、これからの季節は暑くなってくると足のニオイが気になりますよね。梅雨や夏シーズンは、高温多湿…

口臭するかも?至近距離で臭う「舌の汚れ」にも効果が出る顔ヨガ

「もしかして、私……口臭するかも?」人と会うのも口臭が気になって本調子にならない、おばさん臭い……口臭問題はデリケートなので悩みを深くしがちです。ニオイを減らすヨガ…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

その洗い方、不十分かも! 40代からの「シャンプー時の新習慣」とは⁉

「髪は女の命」と昔から言われていますが、40代を迎えてからあらためて髪って老けるんだなぁと感じています。ツヤがなくなったり、白髪が増えたり……。そこで重要なのはやっぱり頭皮ケアです。シャンプーやトリートメ…

[PR]

重大なご報告。40代婚活中の編集長アサミが下した「決断」とは?

40代で未婚・独身、恋人いない歴9年、婚活歴2年のOTONA SALONE編集長アサミです。2016年の夏から「40代編集長の婚活記」を毎週更新してまいりました。公開した記事は120回以上。ずっとお読みいただき、本当にありが…

#121 自分から「連絡できない」。恋愛ご無沙汰女子にありがちなこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活を始めて2年以上になるが、依然としてゴールは見えない。40代婚活の現実はきびしい。久しぶりの婚活デート(?)相手のジェントルさん(49歳・バツ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事