「香水のにおいがキツくてツラい!」 身近な人にどう伝える? そんなときの対処法とは 

あなたの周囲にいませんか? ものすごく香水のにおいがキツイ人。すれ違うたびに香りが広がり周囲を不快な気持ちにさせ、エレベーターを降りても強烈な残り香という存在感を発揮します。もしオフィスで近くの席にこういうかたがいたら、つらいですよね? そんな場合の対処法をご紹介しましょう。

対処法1 なんとかして相手に伝える編

Young woman covering her mouth

気持ちが悪くなって体調に異常をきたすほど香水のキツさが耐えられないなら、コレしかありません。なんとかして相手に伝えること。ただ、問題は伝え方です。

1.ストレートに言う

「香水がキツイんですけど、量を減らしてもらえませんか?」とストレートに伝えることです。ただ、相手を怒らせたりプライドを傷つけたりするので、度胸とメンタルの強さがないとできない方法です。

2.正しい香水の量を話題にする

「香水のつけ方って、ワンプッシュだけが正しいんですって」など、少ない量が正解であることを会話に盛り込みます。相手とのコミュニケーション能力が問われるので、コミュ力に自信があるかたにオススメします。

3.別の香りへ誘導する

「◯◯さん、この香り似合うと思うんです。使ってください!」とほのかに香るタイプのフレグランス(オーデコロン等)やボディクリームをプレゼントしてみましょう。経済的余力がある人や、異性の場合その人に多少勘違いされてもよければという人にだけ許される方法です。

4.その人の前で常に具合が悪くなる

近くにその人がいるときは常に嘔吐をもようおした演技をして「大丈夫?」と心配されたら、「気持ち悪い、においが辛くて吐き気が。。。」と言います。リアルさのある演技力と、いちいちアクションするマメさが問われます。

5.自分も強い香りを身につける

目には目を、歯には歯を、香りには香りを。いっそのこと、自分自身もその人と張るくらいの香水をつけすぎて「ちょっと香りがキツイな」と思わせることで我がふりを直すように仕向ける方法です。ただ、その他の人から不快に思われる危険性が高いので、他人から嫌われる覚悟がないかたは手を出してはいけません。

 

対処法2.その人の見方を変える編

Woman.

上記の方法で相手に伝えたとしても、相手が行動を変えてくれなければ何の意味もありません。往々にして伝え損になる場合も多いでしょう。他人を変えるのは難しいのです。であれば、相手に対するコチラ側の見方を変えることです。スタンスは基本的に「かわいそうな人なんだ、だから仕方ないんだ」です。

1.ナルシスト

香水のキツいかたの9割はナルシストと断言していいでしょう。自分のことが大好きで他の人が愛せない人なんだろうな、と思いましょう。さみしい人なんです、きっと。

2.バブル世代。もしくはバブルに憧れている

バブル時代を謳歌した世代(いまの50歳前後)か、そんなバブル世代に憧れている人に間違いないでしょう。もうバブルは戻ってこないのに……。自分にとっての古きよき時代を抜け出せない、トレンドについていけない人だと思いましょう。

3.モテたい(けどモテていない)

香りを放つというのは、もともと生物にとって求愛行動のひとつです。そう、モテたいから香りを放出するのです。実際にモテていれば香りを発しなくても異性は寄ってきますから、依然として香りがキツイのはモテたいのにモテていない可哀想な人なのです。

4.喫煙者

簡単にいえば、においをもってにおいを制しているわけです。タバコをやめられないのは、口さみしい人か、ヒマ人か、意思が弱い人か、タバコを吸うのがカッコいいと思っているかどれかです。いずれにしても残念な人なのです。

5.実は体臭に悩んでいる

これも喫煙者と同様、においをもってにおいを制しているパターンですね。ただこちらの場合はなかなか変えられない体質だったりするので、とてもナーバスな問題。気の毒なのです。

6.鼻が悪い(嗅覚が鈍感)

こちらも変えられない体質の問題です。つける量の加減が自分で判断できないのです。鼻炎などで嗅覚があまり敏感でないことを本人が自覚していると思うので、もしかしたら量を減らすように伝えても角が立たないかもしれません。

7.本当は自信がない

人は自信がないと強い鎧のようなものを身につけるのです。これみよがしなブランド品を身に付けることで、虎の衣を借りているわけですね。香りもそのような虎アイテムのひとつ。自分に自信がない可哀想な人だと思ってあげましょう。

 

嗅覚は女性のほうが優れているらしい

Girl pinches her nose because of stench stink.

ブラジルにあるリオデジャネイロ大学の研究グループによれば、女性の方が男性よりも脳の嗅覚部の細胞総数やニューロン数が多いことがわかり、女性のほうが男性より嗅覚が鋭い証拠ではないかという報告がされています。身近な人のにおいに悩んでいるのは女性のほうが多い気がします。嗅覚が女性のほうが敏感だからなのかもしれませんね。

私のわりと身近にも香水がキツイ人がいます。正直にいって対策1は何ひとつできないままで、仕方ががないので対策2でやり過ごしております。。。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【衝撃】実は臭いのは私?40代女性の「加齢臭」どうすれば消える?

ミドルエイジ以降にありがちなニオイ問題。枕が古本くさい、満員電車やタクシーなどで遭遇するオジサン臭。そんな「いかにも」なニオイばかりか、すれ違いさまの一瞬ですら…

増殖中…! 職場に生息する「臭いオバサン」の傾向とイメージダウンを避ける鉄則って?

いよいよ本格的に気温が上がってきて、ちょっとしたシーンで“汗のニオイ”が気になるシーズンとなりました。加齢臭は男性だけのものではなく、女性も年齢に伴って不快なニオ…

男は気づいてる!40代女性の意外な3大「ニオイ」速攻消すコツって?

彼と深い仲になると、ちょっとした自分の「ニオイ」が気になってしまう40代女性も、少なくないのではないでしょうか。女性にも「加齢臭」はあると言われますし、やっぱり年…

この時期気になり始める「足のニオイ」には重曹とコレ?4つのケア

靴を脱いでプ〜ンと臭う、お座敷に上がる時に躊躇する恥ずかしい経験など、これからの季節は暑くなってくると足のニオイが気になりますよね。梅雨や夏シーズンは、高温多湿…

食後すぐ歯を磨くのはNG?実は口臭がきつくなる本当の理由とは

子どもの頃、親や学校の先生から「食事が終わったらすぐに歯を磨きなさい」を指導された記憶がありますが、皆さんはいかがでしょうか。多くの人がそう考えて、毎食後すぐに…

口臭するかも?至近距離で臭う「舌の汚れ」にも効果が出る顔ヨガ

「もしかして、私……口臭するかも?」人と会うのも口臭が気になって本調子にならない、おばさん臭い……口臭問題はデリケートなので悩みを深くしがちです。ニオイを減らすヨガ…

#111「婚活に悩む」独女、結婚できるか占ってみた【40代編集長の婚活記】

46歳、恋人いない歴9年超えの恋愛“ご無沙汰女子”が40代の婚活をやってみたらどうなる? OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活を始めて早2年。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など、さまざまな婚活に挑んできた。…

初めての婚活パーティは「品よく見える」を意識【オトナの婚活コーデ】秋

婚活パーティや婚活デートのときって、何を着ていったらいいのでしょうか。正直、モテもデートも意識せず、40代まで自分の好きな服を選んできた、OTONA SALONE編集長アサミです。しかし、なんだかんだで婚活歴2年。…

#110 婚活に「行き詰まった独女」の駆け込み寺とは?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えのだいぶ“ご無沙汰女子”、OTONA SALONE編集長・アサミ。未婚・独身・46歳。「40代の婚活」を始めて早2年、婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など、さまざまな婚活に挑んできた。最近になって…

#109 ご無沙汰な独女が「個室婚活でマッチング」した相手とは?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えの“ご無沙汰女子”、OTONA SALONE編集長・アサミ。未婚・独身・46歳。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など「40代の婚活」に邁進すること2年。知人に誘われて参加した「個室婚活」。8人の男…

30代では知らなかった! 「40代の髪と肌」に起こった6つの現象【40代からの美容道】

39歳と40歳、それはほんの1年の違いです。たった1年、されど1年……。30代と40代の間にはただ数字上での違いだけではないさまざまな変化があるようです。OTONA SALONE編集長アサミ、現在46歳。まだ40代の途中ではあり…

#108 婚活で「また会いたい」と思うポイントって?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えの、OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介など「40代の婚活」に邁進すること2年。知人に誘われて参加した「個室婚活」。8人の男性と1:1での会…

#107 婚活2年でわかった「結婚相手に求める条件」【40代編集長の婚活記】

OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。恋人いない歴は9年以上、婚活歴は2年。さまざまな婚活にいそしむも、いまだ恋人すらできず。この夏、はじめて参加した「個室婚活」は、区切られたブースで1:1で5分…

#106  やってわかった個室婚活のメリット、デメリット【40代編集長の婚活記】

ついに2年を超えた40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。あらゆる婚活にトライしてみるも、いまだ恋人すらできず。この夏、知人である独女の友に誘われて、参加したのは「個室婚活」。区切ら…

#105  どこまでアリ? 結婚相手との「年齢差」について【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活歴2年になるも、いまだゴールは見えず。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、出会いのありそうなバーへ繰り出す……。さまざまな婚…

#104  個室婚活で出会った「3人目の男」に思うこと【40代編集長の婚活記】

「40代の婚活は丸2年はみてほしいんです」──恋愛結婚カウンセラーの先生にそう言われたのは、2016年8月。連載【40代編集長の婚活記#1】のときのこと。あれから2年が経った。つまり、OTONA SALONE編集長・アサミ(46…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事