そのままだと通じない!?「レアチーズケーキ」って英語で言える?

こんにちは、駅前留学NOVA講師ジェイコブです。

日本人がうっかり間違えがちな、職場や日常生活ですぐに使えて役立つ英会話をお届けする<1日1英語>。

 

今日は「レアチーズケーキ」です。

一見、英語と思われがちな「rare cheesecake(レアチーズケーキ)」、実は和製英語です。ステーキの焼き加減であまり火を通さないものを“レア”と呼ぶことに由来します。通常は「rare(レア)」=“珍しい”という意味なので、「rare cheesecake」では“珍しいチーズケーキ”と解釈されてしまうでしょう。 

 

日本語の“レアチーズケーキ”は、「焼いていない生のチーズケーキ」を指しますので、「no-bake cheesecake(ノーベイクチーズケーキ)」が正しい表現です。

 

【講師プロフィール】ジェイコブ・ウェバー(Jacob Webber)

イギリス出身。入社以来、関西で約10年に渡り人気英会話インストラクターとして活躍。現在はリクルート責任者として講師の採用や研修も担当。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク