英語で「私ワイン派なの」って何て言う?「ワイングループ」じゃないよ

こんにちは、デイビッド・セインです。英会話の基本とは、ネイティブがよく使うパターンを覚えて使いまわすこと。1日1パターンずつ一緒に覚えていきましょう。

 

今日は「I’m〜」をご紹介します。

I’mで「私は〜です」と、初対面の人に名前を名のるときや、自分の職業など、身分を述べるときに使うフレーズになります。

またそのあとにbusyやhappyといった形容詞を入れると、自分の現在の状況を表すことができます。

会話ではI am とは言わずに、I’mと省略することがほとんどです。

 

これが言えたらネイティブ!

I’m a / an〜person.で「私は〜派なの」と自分の嗜好を述べるときによく使うフレーズです。wineのほかにも、beerでもOKですし、食べ物だけでなく、night person(夜型人間)やdog person(愛犬家)など幅広く使えます。

 

もっと英語を勉強したい人はコチラ

『New! CDつき 基礎英語ができない大人の英会話 ― たった48パターンでペラペラ話せる!』1400円+税(主婦の友社)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク