英語で「それはよかった」って何て言う?Howを使って言ってみて

こんにちは、デイビッド・セインです。英会話の基本とは、ネイティブがよく使うパターンを覚えて使いまわすこと。1日1パターンずつ一緒に覚えていきましょう。

 

今日は「How about〜?」をご紹介します。

How about〜?で「〜でもどうですか?」「〜しない?」とだれかに提案したり、誘ったりするときのフレーズです。

軽く誘うイメージですので、相手に断る余地も与えるようなソフトな言い方です。

How about のあとには〜ing形の動詞を続けるかたちと、How about a movie?のように名詞を続けるかたちが多いのですが、例文にあるHow about I go there?のように、あとに文を続けて使うこともあります。

 

これが言えたらネイティブ!

How about that!は相手からの告白やニュースを聞いて「それはびっくり!」というときに使います。

特にうれしいできごとや予想外のことなどを聞いて、驚いて思わず出てくるようなひと言です。

 

もっと英語を勉強したい人はコチラ

『New! CDつき 基礎英語ができない大人の英会話 ― たった48パターンでペラペラ話せる!』1400円+税(主婦の友社)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク