「もう電話したくない!」男性がガッカリした40代独女からの【ありえない電話】

LINEにメール、ネットサーフィンやSNSなど、日常のいろんなところで使うスマートフォン。

もちろん誰かとの電話でも必ず手にすると思いますが、気になる男性との通話、楽しんでいますか?

顔が見えない電話は、自分では大丈夫と思っていても実は話している男性のほうはそうでもない、なんてことがあっても気が付きにくいのが難点です。

男性が興ざめしてしまう、「もったいない」と思う40代独女との電話にはどんなものがあるのでしょうか。

 

周りの騒音を気にしない

・「好きな女性がいるのですが、こちらから電話したときに『いまショッピングセンターで買い物中』とか『飲み会が終わって帰っている途中』とか用事の最中で、それはいいんだけど通話を続けようとするのがたまに困ります。

後ろが騒がしいとこっちは落ち着いて話せないし、『気にしないで』って気を使ってくれているのかもしれないけど、正直後でかけ直してもらうほうがずっと嬉しい。

会話に集中してる? って不安になりながら話すのがつらいです』(36歳/美容師)

 

・「電話をかけてきたと思ったら、後ろが騒がしくてろくに話せないとき。

何を言っているのかもわからないような状態で話そうとするのって、失礼じゃないのかなと思います。

大事な相手なら、静かな場所で落ち着いて話そうと思わないのかなぁ」(40歳/教育)

 

★ たとえ好きな女性からの着信であっても、いざ出てみたら周りの音が大きくて話しづらいとテンションが下がるもの。

「ゆっくり話せないなら後でかけ直してもらいたけど、騒がしいままでも気にしないのは適当に話しているってこと?」

と思うのが男性の本音です。

「せっかく話せるのに」と焦って会話を続けようとする女性もいるかもしれませんが、相手の気持ちを考えたら場所を変えてきちんと話そうとする姿勢を見せたいですね。

 

相づちの打ち方がヘン?

・「お互いに気があるってわかっているアラフォーの同僚と電話で話すとき、相づちが早いというか、こちらの声にかぶせて『そうなんだよね』『わかるよ』って返されると言葉が途中で止まって話しづらい。

一生懸命聞いてくれているのはわかるのだけど、もう少し落ち着いてくれたらこっちもリラックスできるのですが。

変な呼吸で話すと緊張してしまうので、彼女との電話がしんどいのはもったいないなと思います」(38歳/営業)

 

・「仲のいい女友達、会っているときやLINEで話すときはテンポ良く会話ができるのに、電話になるとなぜか無言が多いというか、相づちが返ってこないので『聞いてる?』とツッコミたくなります。

どんな顔で話しているのかわからないから言葉で反応してほしいのだけど、相手は『黙って聞くのがマナー』と思っているみたいで……。

悪いほうのギャップというか、電話でテンションが低いのを感じると『こっちが本当の姿?』と思ってしまう」(35歳/公務員)

 

★ 電話は声で相手の反応を確かめることが多く、トーンの高さや相づちの仕方、話すテンポなどが気になりますよね。

「話しきらないうちに相づちを打たれるのが苦手」なのは男女共通かもしれませんが、話しているほうは消化不良を感じるのがストレスの原因。

「言葉をかぶせてこられると話す気が萎える」という声もあり、会話中は相手が話し終わるのを待つ余裕を持ちたいですね。

また、無反応は「聞いていない」「楽しそうじゃない」と思われるので、黙って聞くばかりじゃなく「うん」「そうなんだね」など短い相づちを打つのは良いコミュニケーションに大切なこと。

顔が見えないからこそ、言葉に集中することを忘れずにいたいですね。

 

話題が終わらないうちに別の話を始める

・「先日、買い物中にあった嫌なことをアラフォーの女友達と電話で話していて、『どうすればいいかわからなかったよ』と言ったらそれには答えずに『買い物といえばこの間ね』と返されて、あ然としたというかショックだったことがあります。

え、俺の話は? と思ったけど相手はまったく気にしていない様子で、興ざめでした・

確かに解決の方法があるような話題ではなかったけど、せめて『大変だったね』くらいは言ってほしかったというか……。

その後の女友達の話を楽しむ気持ちにはなれなくて、それ以来この人に愚痴を言うのはやめました」(42歳/人事)

 

★ 「話したことに何のコメントもなく別の話題を持ち出される」のは、自分の気持ちを受け止めてもらえなかったことが寂しくショックを受けます。

相手にとってはそれで終わりと感じたのかもしれないけど、話しているほうはひとこと共感する言葉を言ってくれたならと思いますよね。

愚痴でなくても、話題が終わらないうちに別の話を持ってこられると会話を続けたい気持ちが折られるもの。

気持ちのやり取りがあることでふたりの距離も近づくので、相手の感情が伝わったときはそれに応える心を持ちたいですね。

 

 

決して不快なわけではないけれど、「もったいないなぁ」と思われる40代独女の電話は、コミュニケーションがスムーズにいかないのが問題です。

言葉のやり取りがすべてになる電話は、集中しないといい相づちが打てないし、聞くことばかりになるとつまらないと思われるのが難しいですが、男性が嬉しいなと思うのはまず「自分との会話を大切にしてくれる」姿。

口下手でも緊張する性格であっても、会話を楽しみたい気持ちを伝えることを心がけたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク