「しゅんす」も「さとす」も間違い!「唆す」の読み方って?

 

普段耳にしたことがある言葉でも、いざ漢字で表されると「なんて読むの?!」と困惑してしまうもの。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!

「唆す」の読み方、知っていますか?

「唆」という漢字自体、あまり馴染みがないかもしれません。一か八かで「さとす」と読む人もいるかもしれませんが、「さとす」は「諭す」「悟す」と書くので間違いです。

「唆す」の意味を知れば、「もしかして・・・」と察する人もいるかもしれません。

1 その気になるように仕向ける。特に、おだてて悪いほうへ誘い入れる。
2 早くそうするように勧める。せきたてる。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

一度は耳にしたことのある読み方のはず!

正解はこちらです。

「そそのかす」です。

一般的には「そそのかす」と読むことがほとんどですが、辞書には「そそ“な”かす」とも表記されています。また「唆す」という漢字の他に「嗾す」と書くこともできますが・・・いずれにせよ、読み慣れていないと「そそのかす」と読むのは難しく感じるかもしれません。

「唆す」に使われている漢字「唆」ですが、これだけで「人を不安にさせてその気にさせる」意味合いがあるようです。

「唆」の部首は「口(くちへん)」。右側の上部は「木」と「人」を意味し、下部は「足」を意味しています。「唆」の元となった象形文字は、「しきりに左右へと往復する織布の工具」を表していると言います。その様子から「人を不安にさせ、けしかける=唆」という漢字が成り立ったのだとか。

「そそのかす・けしかける」という意味合いだけをもった「唆」という漢字。「唆す(そそのかす)」としか読まない漢字ですから、漢字ごと覚えてしまいましょう!

 

参考文献:「唆」という漢字の意味・成り立ち 漢字/漢和/語源辞典

 

【合わせて読みたい】

もちろん「じょに」ではありません。「序に」の読み方、知っていますか?

「徐に」の正しい読み方って?「じょじょに」ではなく、よく使うあの言葉です

「戦く」って読めますか?「せんく」ではありません

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク