「彼女がいる男性」をさりげなく誘惑したい時の、3つの口説き言葉

占い師のところには「大好きな人には彼女(奥さん)がいるんです」という相談が、しばしば寄せられます。特定の誰かがいる男性を好きになってもせつなくなるだけ。でも、好きになってしまったら、この気持ちにウソをつくことはできない。そして少しでいい、彼にこちらを向いてもらいたい。そんな時に、効果大の、彼の心を揺さぶる誘い言葉をご紹介します。

男性はなかなか浮気に踏み出さない?

 

正直に申し上げて、すでに相手がいる男性の多くはなかなか浮気には踏み出せません。なぜならば、恋人や妻がいる男性が他の女性と関係しようとすることを、白い目で見る人もいるからです。悪口が恋人や妻の耳に入ったら、別れ話が出てしまうかもしれません。なかなか男性からは誘うのには勇気がいるのです。

 

言葉1・「浮気はしたことないんですか?」

 

この女性はいけそうだな、という確信に近い感触がない限り、男性は浮気に向けて動こうとはしません。ならば、彼にいけそうだな、と思ってもらえれば、彼は動いてくれる、ということなのです。自分からアピールするのは恥ずかしいと思う女性もいるかもしれませんが、彼女(妻)がいる立場の男性も、自分からアピールしづらいのです。でも関係を進めるためには、どちらかが動かなくてはなりません。

 

一番早いのは、直接的に「浮気はしたことないんですか?」とズバッと切り込みんでしまうことです。向こうは、あなたがなぜそのようなことを聞いてくるのか、内心ドキッとするはずです。微笑んで彼が誘ってくれるのを待っている人がいますが、彼は、目の前の女性が笑っていても、それが何の意味を示すものなのかはよくわからないのです。

 

言葉2・「恋人いる(結婚してる)と聞いて、ショックでした」

 

恋人や妻の存在を、知り合った最初は知らなかった、という人も多いようです。男女の仲に成ってから「実は彼女(妻)がいる」なんて切り出す人はマナー違反ですが、知り合ってすぐから「彼女が(妻が)」などという話をする人も少ないもの。恐る恐る「恋人はいますか」と探りを入れて「います」と返ってくると、ひどく落ち込んでしまうものです。

 

その嘆きは、本人に直接伝えてもいいと思います。素直に「恋人いる(結婚してる)と聞いて、ショックでした」と言えば「この女性は自分のことをいいなと思ってくれたのだな」と彼も理解しますし、まんざらでもない気持ちになることでしょう。

 

言葉3・「一晩だけの恋って、ありますよね」

 

彼女(妻)がいる人を好きになってしまった時は、せめて一晩だけでも一緒に過ごしたいと願うものです。彼に直接「一晩だけでいいです」と言ったら、びっくりされてしまうかもしれません。けれど、たとえば芸能ニュースなどで浮気の話題が出た時などにさらりと「一晩だけの恋って、ありますよね」と発言すると、彼の耳が敏感に反応するはずです。

 

「一晩だけの恋もアリ」だとあなたが思っているかもしれない、と拡大解釈する可能性は高く、彼の浮気願望がムズムズと蠢いてきます。もちろんあなたは一晩だけじゃイヤだと思っているでしょう。でもそれは彼と親しくなった後で考えればいいのです。一晩だけ遊ぼうと彼が近づいてきても、また会いたくなるいい女であれば、彼は必ず次のお誘いをしてくるものだからです。

 

ただし、彼が既婚者である場合は、法的にとてもリスキーです。奥様から慰謝料を求める訴えをされる可能性もあります。また、彼が浮気したら、彼女や奥様を悲しませてしまうかもしれません。最悪のパターンまでもを想定し、それでも彼と仲良くなりたいのなら、あくまでも自己責任で、行動してみましょう。

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ハマったら危険!不倫上手な男たちが絶対にしない8つのこと

2016年も残すところあと少しですが、今年はとにかく芸能人の不倫ネタが多かった印象。どうして女性は、傷つくのがわかっているのに不倫に走ってしまうのか。大人の女性たち…

浮気、秘密の恋。「イイ女」がやっている会えない時期3つの心得

彼女や奥さんがいる彼との秘密の関係。そんなお付き合いをしている人が共通して陥るのが、年末年始に会えないつらさ。実家に帰省している場合は、連絡さえもなかなか取れな…

彼氏に「浮気させない!」 3つの魔法の言葉

彼がもしかしたら、浮気しているかもしれない。ふっとそんな女の直感が働いた時は、火消しをしっかりとしておきたいところ。占い師のところには、彼氏(夫)が浮気している…

「略奪愛」を成功させるオンナの秘密の3テクニックって?

占い師をしている私のところには、略奪愛の相談がたくさん寄せられます。彼女がいる人や奥さんがいる人を好きになり、その人と親しくなると、略奪したいという欲求を抑えら…

不倫している女性が多い血液型って? ◯◯なアノ女性ほど、のめり込んでいる?

芸能人の不倫発覚にまつわるニュースが、次から次へと飛び込んでくる昨今。『OTONA SALONE』にも、不倫にまつわる記事がたくさんありますけれど、巷で実際に不倫をしている…

たとえ浮気でも!? 40代が恋愛すべき8つの理由

年末年始、女友達との集まりも多かったことでしょう。そのときの話題は、たいてい健康問題か子供が中心になるのがアラフォー世代。既婚・未婚に関わらず、ときめきから程遠…

もう泣かされるのは嫌!浮気・不倫・ズルい男を見抜く常套句20

アラフォーになると出会いも少なくなり、恋愛に対して夢を抱いてしまう人も少なくないはず。そうなると、ちょっと口の上手い男やズルい男に言いくるめられてしまうことも。…

どうする?既婚女性が「不倫バレ」した瞬間【不倫の清算3】

年末年始の街に漂う幸福なムードとは裏腹に、恋人が家族と幸福に過ごす時間をひたすら耐え、連絡を待ち続ける「不倫女性」。どうして彼女たちは妻ある男を愛してしまったの…

【不倫の精算1】「ひとりはイヤ」誰とでも寝るほど孤独がつのる

年末年始の街に漂う幸福なムードとは裏腹に、恋人が家族と幸福に過ごす時間をひたすら耐え、連絡を待ち続ける「不倫女性」。どうして彼女たちは妻ある男を愛してしまったの…

#67 40代独女が男性不信になった、第1の事件【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活はやっぱり大変なのか? 45歳・未婚・独身・恋人いない歴8年のOTONA SALONE編集長アサミが自らのカラダを張ってスタートさせた40代のリアル婚活記。最初は…

40代ならでは!相手のハートの落としかたのコツ3つ

40代の未婚女性は、恋愛に遠慮がちです。「男の人はもっと若い女性のほうがいいでしょう?」などと決めつけ「もう私は一生結婚できないかもしれない……」と嘆くかたが、少なくありません。占い師としては、あなたは十…

【悩】メールの返事が3日こない。待つ/催促の正解は?

彼からメールの返信が来ない。きっと忙しいのだろう。でも2日経っても3日経ってもまだ来ない。もう私、嫌われちゃったの!?と落ち込む人が、なんと多いことでしょう。「もう一度メールしてみたら?」と言っても「私か…

「この女ないわ」と思われるデート後のメールって?

楽しいデートが終わり、家に帰る途中、もしくは家に帰ってから、彼にメッセージを入れる人がほとんどかと思います。彼はどんなメッセージをもらうと嬉しいのか、逆にどんなメッセージをもらうとドン引きしてしまうの…

恋愛運アップ⁉︎恋の悩みに効くポジティブワード3つ

大好きな彼との仲がいつも安泰であるとは限りません。小さなケンカや恋のライバルなど、時々心配になるようなことも起きてしまうもの。そんな時、どんどんネガティブな考えかたに陥ってしまう女性は少なくありません…

不安なとき。彼の気を引くため「絶対やってはいけない」3つのこと

最近少しずつメールの返事が遅くなってきている。週末の誘いをしてこない。通話に出ない……。大好きな彼が、少しずつあなたから遠ざかっていく気がして、ふと不安になる夜があります。彼が冷たくなった時に、かまって…

カレを自然にデートに誘う3つの魔法メール

占いを依頼されるお客様は、しばしば「もっと早く恋を進展させたい!」と焦っています。こればかりは相手のお気持ちやテンポもあるので、自分の思うようには進まないのがつらいところ。そんな時、先を急ぐあまりにメ…

その男とはもう別れたら?本当にあった3つの酷い話

彼とはきっと運命!そう思って始まった交際でも、彼が冷たい時などには、もう、終わりにしようかな?という気持ちになってしまうもの。冷たい時は、彼がただ単に忙しくて一時的に構ってくれない時と、あなたとの距離…

彼があなたを本命彼女にしたくなる魔法のワード3つ

なかなか本命の彼女にしてもらえない。どうしてもセカンド扱いばかり……、そんなジリジリする気持ちを抱える女性は少なくありません。または、意中の人になかなか女性扱いしてもらえず、友達という立場から発展するこ…

彼からおやすみLINEが返ってこなくても安眠できる3つの方法

占い師をしている私のところには、しばしば「彼からおやすみLINEの返事が来なくて眠れません」という訴えが届きます。日常の何気ないやりとりだからこそ、返信がないと心配になってしまうのでしょう。大抵の場合は彼…

もしかして遊ばれてる!? 彼の「本気度」を見抜く3つのポイント

彼は私のことを本当に好き? それともただの遊びなの? きちんと告白をしてくれない、付き合おうとはっきり言われたわけではない。でも、彼と一緒にいるととても楽しくて、デートを繰り返してしまう。彼は照れ屋だ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事