皮膚のセラミド、40代では「〇〇%」も減る…?知らなかった肌のこと

2007年にブランドが登場したアスタリフト。2010年、「ジェリー アクアリスタ」は登場するや大ヒットを記録します。当時は珍しかったジェル形状と高い浸透力で「肌が食べるジェリー」として導入アイテムの地位を確立しました。

この「ジェリー アクアリスタ」が2019年9月1日に再びリニューアル。

今回の注目点は、世界最小Wヒト型ナノセラミド。高い技術でナノ化された有効成分が従来よりさらに増量され配合されているのです。

 

さて、「セラミド」とは一体何なのでしょうか?

 

皮膚の一番上の層は言うまでもなく表皮ですが、表皮の角質層に存在していて、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質のひとつがセラミドです。

 

細胞間脂質は皮膚のバリア機能を担います。角質の間を埋め、水分を蓄えて肌を保湿し、外部の刺激から肌を守るのですが、この細胞間脂質の50%を占める重要な要素がセラミドなのです。

 

セラミドが多い肌は細胞間脂質がしっかり埋まっていますが、セラミドが不足するとスカスカに。

 

角質層は水分で満たされているとバリア機能が働き、免疫細胞が刺激されることはありませんが、水分が不足すると抗原が肌内部に侵入し免疫細胞を刺激します。これがアトピーの状態だと考えられています。

 

セラミドが減る原因は「年のせい」だけではなかった

 

セラミドは加齢によって減少します。10代を100%とすると、40代では40%減少します。50代ではほぼ半減します。年齢のほか、ストレスでも減少します。ストレスがかかるとバリア機能が半減程度まで低下するので、ストレスとバリア機能には関係があると言えます。

 

セラミドの原料は顆粒細胞という部位で作られ、角層まで運ばれますが、取り込み口がないと届きません。このセラミドトランスポーターはストレスによって81%まで減少します。結果、肌のバリア機能が低下します。

 

大人になるにつれ、加齢やストレスの影響を受けて肌トラブルが起きやすくなる原因はここにあります。

 

加齢とストレス、両方の原因で、40代の肌はより一層ゆらぎやすい状態にあります。なので、肌をセラミドで満たし、内側でも原料をしっかり補給できるよう「土台を整える」必要があるのです。

 

洗顔後、化粧水の前に、ジェリー アクアリスタ

ヒトの皮膚との親和性がもっとも高いのが、ヒト型セラミド。セラミドには、植物から抽出されたものや、分子構成を模倣した合成のセラミドなどがありますが、ヒトへの浸透性はやはりヒト型が有利です。

 

ジェリー アクアリスタは、ヒト型ナノセラミド(セラミドNP、セラミドAP)とヒト型ナノアシルセラミド(セラミドEOP)をWで配合。また、新たに追加されたアセンヤクエキスがセラミドを生み出す力をサポートします。独自技術でナノ化した「ナノアスタキサンチン」と「ナノリコピン」もたっぷり増量して配合。洗顔後のまっさらな肌にオン、スキンケアに「先行」して使うことで、うるおい成分が角層すみずみまで届きます。

 

毎日の「先行」習慣として、40代のマイナス5歳見え肌に必須のアイテムです。

アスタリフト ジェリー アクアリスタ 40g 9,000円+税、60g 12,000円+税/富士フイルム

問い合わせ フリーダイヤル  0120-596-221

 

 

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

オススメ!白髪染めを市販の「ヘアマニキュア」に変えてわかった5つのメリット

40代ともなると、大きなテーマの1つとして急浮上するのが白髪問題。他の人の白髪率なども気になってくるお年頃なのか、私自身もこの1~2年の間に「もしかして、まだ白髪出…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

更年期世代は「ドライアイ」が進む?コンタクト派は気をつけておきたい「角膜」の話

身体のあちこちに思わぬ不調が現れる更年期世代。「夕方になると眼がかすむ」「モニタを見ている時間が長くて眼精疲労が強い」「友人とも老眼の話がよく出る」などの声も聞こえます。一説に、日本人のうち約2300…

【激辛すぎて死】マツキヨのポテチが殺る気満々すぎる辛さでヤバい

こんにちは、普段はそこそこ程度に辛いもの好きの担当井一です。かつては激辛で知られるラーメン店、蒙古タンメン中本で「北極2倍」などをナチュラルにたしなみ、新宿の名産である内藤唐辛子を自宅で栽培して激辛の…

あなたの「冷え」はどのタイプ?3つの原因チェックリストと冷え対策

働く40代と切っても切れないのが「冷え」。夏場はエアコンの直撃を受け、冬場は手先も首元も冷たくなり…。実は夏バテと同様、冬にも「冬バテ」があるのだそう。主に原因は冷えですが、一概に冷えと言っても年代や性…

【北海道民は知ってる】美味しいごはん、絶品のお土産、ここだけの風景…「十勝」8ランキング

爽やかな晴天「とかち晴れ」でも知られる北海道の十勝エリア。ざっくり言って北海道の右側で、中核の帯広市のほか、陸別町や足寄町、浦幌町など19の自治体から成るエリアです。この秋、イタリアが誇るコンパクトカー…

北海道で人気の手土産は?「とかち帯広空港」で買えるおすすめスイーツランキング

日本国内でもトップの「焼き菓子王国」北海道。小麦や乳製品、小豆など菓子原材料の一大産地としての地の利のほか、道民同士の「お持たせ文化」で洋菓子文化が発展しました。そんな北海道では、エリアごとに地元を代…

40代の肌づくりに必要な「腸」って…?科学的に正しい腸活を究極の美食でレクチャー!

季節の変わり目ごとに肌がゆらぐ40代。そろそろ秋の入り口ですから、身体をトータルに整えたいところ。そこで気になるキーワードが「腸活」ですが、正直に言って「どのくらい何を食べればいいのかわからない」という…

ザ ストリングス 表参道で最高の午後!キャスキッドソンのコラボアフタヌーンティー開催中

秋のさわやかな午後、表参道のケヤキ並木を眺めながら、優雅な本格アフタヌーンティーはいかがでしょう?ザ ストリングス 表参道1階のカフェ&ダイニング ゼルコヴァでは、ただいまロンドン発のライフスタイルブラン…

【無印良品】大人気の化粧水はどれ?40代にオススメのスキンケアをタイプ別に詳解

私たちの日々の暮らしに寄り添い、いろいろな分野でいつでも支えてくれる無印良品。中でも、密かに愛用者が多いのがスキンケア分野です。ただ、何しろアイテム数が多いので、店頭のテスターでは「どれにすればいいの…

【無印良品】無敵の化粧直し!メイクパレットの人気組み合わせは?好評の8品はコレ

無印良品の店頭でいつも賑わっているコーナーの一つがメイクアイテム。アイカラーやファンデーション、チークなど、テスターはいつでもちょっと試してみたくなりますよね。従来から無印良品のアルミの名刺入れにコス…

45歳以上の女性必携!「マイナス5歳レンズ」でこの先の人生がグンと楽になる

40代の微妙な気持ちに寄り添い、丁寧なカウンセリングで最適な1本を選んでくれる「メガネの田中」。この春の「マイナス5歳メガネ」キャンペーンでは無料でパーソナルカラー診断を実施、店頭に出かけた人もたくさんい…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事