「そうさつ」ではありません!「相殺」の正しい読み方、知っていますか?

 

その漢字をよく使う人であればスラッと読めるものも、馴染みがない人にとっては「え?なんでそう読むの?!」と困惑するもの。

本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

本記事で紹介する「相殺」。経理を担当している人などならスラッと読めるかと思いますが、「相殺」の文字に馴染みのない人はきっと「〇〇〇〇」と読んでしまうはず。

「相殺」の正しい読み方、知っていますか?

「相」と「殺」という漢字から「そうさつ」と読んでしまう人も多いはず。ですが、本記事で紹介する「相殺」の意味は

1 差し引いて、互いに損得がないようにすること。帳消しにすること。また、長所・利点などが差し引かれてなくなること。
2 二人が互いに相手方に対して同種の債権を有する場合、双方の債権を対当額だけ差し引いて消滅させること。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

なので、「そうさつ」は間違いです。

なお、「そうさつ」と読む場合には、

殺し合うこと。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

という意味になってしまい、だいぶ物騒です・・・。

正解はこちら!

「そうさい」です。

「殺」という漢字を見ると、思わず「サツ」と読んでしまいたくなるものですが、元々「殺」という漢字には2つの意味があると言われています。それは

  1. 殺す
  2. 削ぐ・減らす

という意味です。

そしてこれら2つを意味する「殺」の読み方は、古代中国語では発音が違いました。それが

  1. サツ
  2. サイ

なのです。

今でも、「サツ」で読むときには「殺す」という意味になり、「サイ」と読む場合には「削ぐ・減らす」という意味になります。なので「相殺」を「そうさい」と読むか「そうさつ」と読むかで意味がガラッと変わるんですね!

ただ、「そうさい」と読まなければならない場面でうっかり「そうさ“つ”」と読んでしまうと、その場が物騒な空気になりかねません・・・。「殺」の使い分けを覚えるよりも、「相殺(そうさい)」という単語を丸ごと覚えてしまいましょう。

 

 

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「もっぱら」ではありません!「宛ら」の読み方、知っていますか?

日常生活で見たことのある漢字であっても、使う場面によって読み方や印象が変わることがあります。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。郵便などでおなじみの「宛」という漢字。「〇〇宛て」…

「すく」ではありません!「須く」の読み方、知っていますか?

一度は耳にしたことがある言葉であっても、「漢字で書かれると読めない!」という人は決して少なくありません。とはいえ、人前で漢字を読み間違えてしまうと恥ずかしいもの。そこで本記事では、意外と読めない漢字の…

「なかる」ではありません!「中る」の読み方、知っていますか?

小学校・中学校で習った漢字のはずなのに、送り仮名がつくことで「・・・なんて読むの?!」と戸惑ってしまうような言葉はたくさんあります。読めそうで読めない漢字はたくさんありますが、人前で読み間違えることで…

「ひらく」ではありません!「繙く」の読み方、知っていますか?

漢字にはたくさん種類があり、その読み方も様々です。そのため一度は耳にしたことがある言葉であっても、漢字で表された途端に読めなくなる・・・なんてことも。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題…

「みほれる」ではありません。「見蕩れる」の読み方、知っていますか?

漢字にはさまざまな読み方があります。そのため、一見「こう読むのでは?」と思っても、想像していたのとは違う読み方なこともしばしば。読めそうで読めない漢字に戸惑った経験がある人は多いのではないでしょうか。…

「みうごく」ではありません。「身動ぐ」の読み方、知っていますか?

音読み、訓読みと、1文字にさまざまな読み方が存在する漢字。漢字自体は小学校・中学校で習うものであっても、馴染みのない送り仮名がつくことで「・・・え、なんて読むの?」と戸惑うことがあります。そこで本記事…

「はげる」ではありません!「刮げる」の読み方、知っていますか?

世の中には漢字がたくさんあります。中には、小学校や中学校では習わない漢字、社会に出てから触れる漢字なんてものもあります。そのため、耳では聞いたことのある言葉であっても、漢字で書かれることで読み方や意味…

「よどむ」ではありません!「泥む」の読み方、知っていますか?

漢字にはさまざまな読み方があります。そのため漢字1文字なら馴染みがあっても、その後ろに送り仮名がつくことで「え、これなんて読むの?」と戸惑ってしまう、なんてことも。そこで本記事では、意外と読めない漢字…

「あくたれる」ではありません!「悪怯れる」の読み方、知っていますか?

小学校・中学校で習っていた漢字も、大人になると接する機会が減るもの。「聞き馴染みのある言葉であっても、漢字でどう書くのかわからない」「漢字で書かれると、読めない」なんて経験、ありませんか?そこで本記事…

もちろん「きずなす」ではありません!「絆す」の読み方、知っていますか?

漢字にはさまざまな読み方があります。漢字1文字で表されたときには読めるのに、送り仮名がつくことで途端に読めなくなる・・・なんてこともあります。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。…

注目の記事

WORKに関する最新記事