今からでも間に合う!モデル美脚になる6つのポイントとは?

均整が取れて、すらりと伸びたモデルのような長い脚には誰もが憧れるもの。脚の形や長さなんて、生まれつきだから「今さらモデル脚になるなんて無理」って思っていませんか?

でも、そんなことはありません!

「日ごろの努力で、長さは変えられなくても、美しい脚になることはできるのです」とは、レッグコンシャリストとして、2万人以上の日本女性の脚の悩みを解決してきた、斉藤美恵子先生。まさに女性の脚のスペシャリストです。

先生が、「モデル美脚」のために必要だと言っている、毎日の生活の中で心がけたいポイントが6つあります。

1 脚全体を「やわらかく」しておく

「やわらかく」と言われても「?」な人も多いかもしれません。美脚には、表面のなめらかさも重要です。筋肉や脂肪が固まってしまうと、肌の表面もボコボコしてしまい、美しいラインがつくれません。お風呂に入ったりマッサージをして、やわらかい肌を心がけましょう。

2 正しい食事を心がける

 

「え?食事が美脚に関係するの?」と思うかもしれませんが、こちらも大きく関係します。とにかく栄養バランスのとれた食事は、身体全体の調子を整えるばかりでなく、脚のむくみや冷え過ぎを改善していきます。「美しい脚のためには冷え過ぎは禁物。コンビニのごはんや外食は、添加物が多く身体を冷やすので注意が必要です」とは斉藤先生。

 

また、冷たい飲み物ばかり飲んでいて、身体を冷やしてしまうのも美脚の大敵です。

3 いつでも「いい姿勢」をキープ

 

私たちの身体は、姿勢が悪くなると、構造的に重心が外側に移動して不安定になります。それがO脚やX脚の原因にもなってしまいます。座っているときも立っているときも、常に背筋をのばし、美しい姿勢を心がけましょう。

4 足裏のツボ押しやマッサージを

 

老廃物を流し、美脚をサポートするのがこういったセルフケア。しかも足裏にはつぼがたくさんあります。ちょっとしたすきま時間にも、足裏全体をもみほぐしたり、足の指や足首をまわしましょう。こうすることで血行がよくなり、代謝をあげたり、美脚の大敵であるむくみを取ったりしていきます。

5 靴選びは重要

 

間違った靴選びは、脚に負担をかけ、ひざが曲がってしまう原因にもなりかねません。さらにモデルのようにハイヒールをはきこなすためには、つま先で自分の体重を支えられるような筋力が必要です。できれば3~5㎝の中ヒールを選び、つま先に1㎝程度の余裕があるパンプスを選びましょう。幅と甲があっているかもきちんとチェックして。

 

6 日々いつでも脚に意識を

 

これも大事なポイントです。これは脚の形を意識して、ということばかりではなく、自分の脚の状態を常に知っておきましょう、ということです。肌の状態はどうか、形にゆがみがないか、メリハリがあるか、など…。脚の形や状態は、日々の生活習慣や食生活でも変わっていくので、いつでも自分の脚の状態を知っておくことが大切です。できれば定期的にサイズを測ってみるのもおすすめです。

 

あなたの脚悩みは2つのどっち?

そして、日本人女性の脚の悩みは

・むくみ

・O脚&X脚

かに大別されるのだ、とも語る斉藤先生。

 

実は、斉藤先生がこの2つの悩みにそれぞれ応えるべく、先生が開発から関わって作ったサンダルがあります。なんと、どちらもはくだけで、それぞれの悩みを解消するという優れもの。しかも付属の冊子には、ここで紹介した6つのポイント以外にも美脚になる方法やエクササイズなどのケア方法が満載!です。

美脚をめざすなら、できることからでかまわないので、実践あるのみ!

 

担当編集者の推しコメント「こんな人はこっち!」

 

こんにちは、付属冊子の編集を担当した佐藤です。私はこれまで、「美脚サンダル」はデザインが本当にイケてないないのが不満でした。気持ちよさそうなのに、履くだけでオバサン化するのが許せない。

 

なので、今回は「オフィスで堂々と履ける」「室内もOK」「近所サンダルとしても使える」ものを作りました。税抜1,890円というお得なプライスなのに、どんなスタイルでも履けるデザインだと自負してます。実際、20代だけでなく、40代以上のモニターさんにもデザインが好評でした。

 

欲張って2タイプ作ったので、どちらがよいか迷うと思います。担当編集として推しをご紹介します。

 

美脚サンダルビギナーがまず試したいという場合にオススメなのが、白×オレンジの「むくみ」タイプ。斉藤先生監修の足ツボを、想像の3割増しくらいでしっかりと押してくれます。モニターさんからは「最初の3日くらいは結構痛かった」という声も出ました。でも、履いているうちに慣れるんです。私個人はむくみが取れた実感があります。

 

普段から自分の姿勢や歩き方を直したいと思っている人は、青×ピンクの「O脚」タイプをどうぞ。大抵の人の重心は体の外側にずれており、猫背や腰痛、膝痛を引き起こすのですが、このサンダルを履いていると自然に重心が内側に調整されます。サンダルを脱いだあとも理想的な内側重心が自分でわかるようになります。

 

編集部ではスタッフがオフィス履きとして愛用しています。痛気持ちいい白が人気です。コンビニで履いているコを見かけることもありますよ! (編集担当 佐藤友里)

 

立ち仕事や冷え症で、むくみが気になる人に

はくだけで足の疲れとむくみにサヨナラ まっすぐモデル美脚になる! BIKYAKU&COサンダル

付録監修/斉藤美恵子 主婦の友社 1,890円+税

アマゾンはこちら hontoはこちら

生まれつきのO脚やX脚をまっすぐにしたい人に

はくだけでO脚&X脚にサヨナラ まっすぐモデル美脚になる! BIKYAKU&COサンダル

付録監修/斉藤美恵子 主婦の友社 1,890円+税

アマゾンはこちら  hontoはこちら

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? 試してみたらまさかの…【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

その下半身太り、実はおしりの冷えが原因!? 5分で解消するテク3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

1年使って判明!大山式足指パッド9つの「真実の効果」とは?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

坂東眞理子さん他が語る「魅力ある女性の生き方」とは?

3月8日は国連が定めた国際女性デー。渋谷のヒカリエでは「HAPPY WOMAN FESTA 2017」というイベントが行われました。当日は、終日に渡って女性の生き方、働き方を考えるセミナーやワークショップが開催されました…

キャリアコンサルタントが教える、女性が「自分らしく働く」ために大切なこと

3月8日に渋谷ヒカリエで行われたイベント「HAPPY WOMAN FESTA 2017」。国連が定めた国際女性デー、この日にあわせてヒカリエでは、女性の生き方、働き方を考えるセミナーやワークショップが終日に渡って開催され…

薬剤師がオススメ! つらい花粉症を乗りきる「3つの食材」

とうとう本格的にスタートした今年の春の花粉症。今年は、西日本は多めで東日本は例年並み、などと言われていますが、いずれにしても花粉症の人にとって今の時期は本当にツライもの。病院に行って薬を処方してもらっ…

気になる肌の乾燥はこの3大食材で、ぷるぷるに!

今の季節、肌の悩みといえば、なんといっても乾燥です!スキンケアタイムには、保湿クリームを塗ったり、お風呂上がりにマスクをしたり、こまめに乾燥対策をしていても、やっぱりカサカサ……という人も多いのでは?パ…

40代の疲れ目・ドライアイ・かすみ目・老眼を改善する食べ物は?

「疲れた~」というときに、肩や腰に違和感や痛みを感じる人は多いと思いますが、それと同様に、「目」に疲れがくる人も結構多いのではないでしょうか? 特に年齢を重ねてくると、視界がぼやけたり、ピントがすぐに…

痛い!ツライ!「頭痛」を撃退する身近な食材活用術

気圧の変化やホルモンバランスの不調、寝不足や寝すぎなど生活リズムの乱れなどなどで引き起こされる頭痛。さらに風邪気味など体調が不良のときにおこるものもあれば、肩こりや腰痛などが原因の場合も。慢性的なもの…

お腹ポッコリな「便秘」を解消!3つの優秀食材はコレ

食生活の乱れや運動不足はもちろんのこと、朝忙しくてゆっくりトイレに行く時間が取れなかったり、生理前など、ホルモンの周期やバランスによってもひきおこされるのが便秘。男性よりも女性に多くみられ、放っておく…

パンパン脚をなんとかしたい! 「むくみ」を解消する3つの食材

1月もそろそろ終わり。2017年もスタートしたらあっという間におわりそうですが、新年会などが続いたりして、なんとなく身体が「むくんでいるかも」、と感じている人も多いのでは?いつもの生活より、多く水分(もち…

イライラしたときに! 「心をリラックス」させる3大食材とは?

生理のサイクルなど身体の内側からのものが原因だったり、仕事や人間関係など外的なものが要因だったり、オトナサローネ世代にとって、日々イライラすることはつきものです。でも、それを食材で解消することができた…

正月太りなう。でも「どうしても肉な日」の3大おすすめ肉とは?

今日で正月の休みが終わり、という人も少数ながらいることでしょう。お正月の間、「2kg太った…」「気づいたら3kg…」などの声も聞こえてきます。なのに、これからまだまだ新年会が続きます。どうしても都合で肉を食べ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事