上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。

 

山口百恵さんになれなかった天才少女・上沼恵美子

関東の方は、えみちゃんをご存じないかもしれません。

子どものころはのど自慢あらしをしていましたが、同じくプロを目指してコンテストに出場する天童よしみにいつも少し及ばず。えみちゃんはここで歌をきっぱりあきらめ、お姉さんと漫才コンビを組みます。

 

海原千里・万里の千里としてデビューし、天才少女の名を欲しいままにします。順調にスターの階段を上がるえみちゃんでしたが、20歳の時に出会った8歳年上の関西テレビディレクター・上沼真平氏に恋をします。

 

わずか22歳で結婚を決め、レギュラー13本を捨てて、芸能界を引退します。

 

お姑さんはこの結婚に大反対で(芸能人ではなく、いいトコのお嬢さんと結婚してほしかったそうです)、かつ同居。番組終わりのテロップに息子の名前が出ると、「えみこさん、拍手しなさい!」というような息子大好きお姑さんとの同居は苦労が絶えず、レコードを聴きながら「芸能界に戻りたい」と涙する日々だったそうです。

 

「専業主婦は耐えられない」宣言と共にテレビ復帰を決めたえみちゃんですが、そこは昭和のことですから、夫の言うことは絶対。

 

「西は姫路、東は京都」という夫との約束を守って、今でも東京進出はしていません。いちど引退してしまえば、これまでのキャリアはちゃら。えみちゃんですら、リポーターなどの下っ端から始めますが、そこは骨の髄まで芸能人。みるみる頭角を現してMCの座を獲得します。

 

もしかしたら、関東の方も「バラエティー生活笑百科」(NHK)でえみちゃんを見たことがあるかもしれません。「浪速のヤング主婦代表」というふれこみで出演し、「私の実家は大阪城」とボケる大風呂敷キャラで人気を集めます。「週刊文春」(文藝春秋)で人生相談のコーナーを持っていたこともありました。

 

西の女帝という呼び名にふさわしく、芸能人をズバズバ斬り、おカネの話もはっきりする。自分の処女喪失の日のみならず、ゲストにも「やったの?」と聞いてしまう。

 

特に秀逸なのが、夫の悪口でしょう。「前は夫がいるテレビ局に行くと、せつなさで息ができなくなった。今はあの人の息ができないようにしてやりたい」というえみちゃん。パートナーに不満のない人はいないと思いますから、適度な悪口は主婦むけのネタではないでしょうか。

 

オンナはカネがあれば幸せなのか?

そのえみちゃんが、「上沼・高田のクギヅケ!」(関西テレビ)に出演し、「男は甲斐性がないとダメ!」と発言していました。ここでいう甲斐性とは、ずばり収入。「貧しさは愛を冷めさせる特効薬」とも付け加えていました。

 

お金がなければ生活はできませんから、えみちゃんの言うことはもっともです。が、考えてみてください。アラフォー世代のお母さんは専業主婦も多かったと思います。つまりは甲斐性のある男性と結婚できたからこそ、専業主婦になれたのだと思いますが、あなたのお母さんは幸せそうでしたか?

 

自分の母親がとても幸せそうだったという人もいれば、そうでもなかったという人もいるでしょう。結局は人それぞれ。また、お金があればあるほど幸せとも言えないようで、脳科学者・中野信子氏によると、世帯年収が増えるほど幸福感は増えますが、1500万を超すと幸福感は下がっていくそうなのです。

 

つまり、年収の高い人と結婚すればハッピーとは言い切れないわけです。

 

男より前に「自分自身のタイプ」を知ったほうが結婚できる

加えて、案外盲点になっていると思うのが、みなさんがご自分の性分を理解しているかということだと思うのです。

 

みなさんは、どちらが嬉しいですか?

① 自分の恋人や夫が仕事で認められ、周囲に「あなたのパートナーはすごいね」「よかったね」と言われること
② 自分の話を、恋人や夫に「すごいね」「よかったね」と言われること

 

① の人は、年収の高い男性と相性がいいと思いますし、②の人は相手の収入にこだわらず、聞き上手で、仕事の意欲を高めてくれるような男性を探すことをおすすめします。

 

収入の多少に関わらず、お互いをほめあい、いたわりあうことが理想だと思います。しかし、男尊女卑傾向が強く、カップル文化というものがない日本の男女関係が、そこに達するまでにはまだまだ時間がかかるでしょう。

 

それに、人間の短所と長所は表裏一体。男女問わず稼ぐ人は、だいたい自分中心で、だからこそ、仕事に集中して結果が出せるのです。この性質は悪いことでは全くありません。

 

ただ、カップルになった場合、オレの話を聞いて聞いて、何言ってんの、私だって話したいのに自分ばっかり!となると、もめごとが絶えず、二人ともくつろげなくなってしまうでしょう。

 

「離婚しないオンナ」の理由って?次ページ

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

小泉進次郎のオンナに学ぶ、「ハイスペ婚」目指す40代の心得

内閣総理大臣・小泉純一郎のジュニアで、自民党厚生労働部会長・小泉進次郎。総理にもっとも近いと言われるオトコが、ニュースキャスター・滝川クリステルと結婚しました。おモテになりそうな顔立ちですし、総理大臣…

佐藤仁美は「サバサバキャラ」だから5歳年下にモテたのか?40代が陥る錯覚

テレビの世界に〇〇キャラという言葉は、すっかり定着しています。〇〇キャラは、実際に〇〇である必要はなく、他人との差別化として使われるものです。誰がキャラをテレビの世界に用いるようになったのか、正確なと…

浜崎あゆみ「身を滅ぼすほどの愛」でわかる「低迷」の本当の理由

浜崎あゆみ(以下、あゆ)の暴露本とも言われた「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)。作家の小松成美氏が「事実に基づくフィクション」として、あゆの過去の恋愛について書いたものです。早速読んでみましたが、「ど…

滝川クリステルという生き方、「決別できるオンナ」を作ったものは何か

若いときに、知っておけばよかったと思うことはいくつかありますが、その一つは「オトコは強くない」ではないかと思うのです。今の20代のカップルは、同棲しても財布は別、男性も家事をして、食事もそれそれ一人で…

壇蜜「俺が出世しないのは妻のせい」と思いたい男のニーズを引き受ける理由

売れる芸能人というのは、世相というか時代を反映しているのではないでしょうか。現代の女性アイドルに求められる要素とは?たとえば、昭和世代の女性アイドルや女子アナは、やる気のなさを頻繁にアピールしていまし…

デヴィ夫人、大統領夫人の座を射止めた「嫉妬」の燃料化テクニック

販売のお仕事は大変だなぁと思うことがあります。新宿伊勢丹のフレグランス売り場で、30代くらいの女性が「オトコする香水が欲しい」と販売員さんに話しかけていました。売り場でよく繰り広げられるシーンなのかもし…

中森明菜、実はジャニーズに翻弄され続けてきたその人生

特定の誰がをうらんでいるわけではありませんが、オトナやそのほかの人にだまされたなぁと思うことはあります。「努力は裏切らない」とか、「結果よりも、プロセスのほうが大事」とか。しかしながら、私のような人間…

蒼井優、「しずちゃんにも内緒」に秘められた魔性のオンナのこれだけの覚悟

「いい話だ!」とネットが歓喜した、非モテを掲げてきた南海キャンディーズ・山里亮太と美人女優・蒼井優の結婚。私には「人気のお笑い芸人と人気女優の職場結婚」「紹介したのは、職場の人(山里の相方であるしずち…

熊田曜子、手料理で「オトコの胃袋」をつかみたがる女のココロの闇とは

料理は日本において、宗教の一種といってもいいのではないでしょうか。未だに「料理は女性がするもの」という固定観念は消えませんし、その昔、河野景子が「ピンチも料理で救われます」(世界文化社)という本を出し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事