【大人のメイクテク】一気に顔が若返る!40代が試したい3つのレスキューテク

雑誌やウェブで見かけたメイク法や、コスメカウンターで試したメイクを再現してみても「あれ? なんだかキマらない……」と思ったことはありませんか?

40代は、なにかと顔まわりの変化も訪れやすい年代。

トレンドのメイクを丸っと真似ただけでは「かえってオバ顔」「いつもより老けて見えていそうで不安……!」も、“あるある”です。

「このところ、トレンドを取り入れるたびに老け見えが心配」にお心当たりのある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、メイクがキマらないときに40代が試したい、ちょこっとテクのお話です。

 

メイクがキマらないときに試したい…40代のメイクテク1:アイラインを強めてみる

 

コスメカウンターでおすすめされたアイシャドウの塗り方や、雑誌のメイクページに書かれている手法をそのまま取り入れてみたら「なんだか、顔がぼやけた感じ」「普段より、オバサンっぽくなっちゃった!」なんてことも起こるのが40代の常。

そんなときには、アイラインを強めてみるだけでも、ぼやけた印象が引き締まり、フレッシュな雰囲気に変わるパターンも少なくありません。

昨今は、あまりアイラインを主張させないメイクもトレンド。だけれど、アイシャドウの色や塗り方によっては、40代の目もとは“ぼやけがち”なのも確かです。

そこであえて、アイラインを太くor濃く入れると、もともとのメイクのテイストをそこまで崩さずに、目もとのオバ感を払拭するテクに。

「カラーマスカラをしてみたけど、目に年齢が出ている気がする!」というときにも、アイラインで解決できるかもしれません。

 

メイクがキマらないときに試したい…40代のメイクテク2:チークの位置を変えてみる

 

チークの位置ひとつで、オバ見えもすれば若見えもするのが40代。

新しい色に変えたときや、普段とは異なる位置のチークにトライしたときほど「ん? なんだかオバサンぽいかも?」にも、ぶち当たりがちです。

新しいテイストのメイクをしたときに「アンバランス」「不健康そうに見えてる?」と感じたら、チークを広げたり、位置をずらすなどの微調整もオバ見え回避に有効なテク。

チークでやつれた印象が強まったときなどは、ちょっと広さや位置を変えるだけでも、健康そうな印象を取り戻せる術になる場合も多いのです。

迷ったときには、広範囲にふわっと入れてみるのも、手っ取り早い修正テクです。

 

メイクがキマらないときに試したい…40代のメイクテク3:眉毛の長さや太さを変えてみる

 

季節の変わり目には、これまでと異なる色を用いたメイクを楽しむ40代女性も少なくありません。

しかし、アイシャドウやアイライン、口紅を変えてみたら「ギョッとするほど、オバ見え!」なんてことになるのは残念。

「このメイクは、老け見えかも?」を少しでも感じると、二度とそのコスメは使いたくなくなるのも心理だけれど、そこで眉の長さを少し調整してみると、印象がガラリと変わるケースも。

一般的には、眉は太く短いほうが若見えすると言われていますが、メイクのテイストによっては必ずしもそうとは言い切れず、いろいろ試してみると「このメイクのときは、こんな眉が良さそう」が見えてきます。

ダサ眉にはしないようある程度のトレンドは意識しつつも、カーブや長さ、太さを調整して、うまくトレンドとマッチさせてみてください。

 

新しいメイクを試してみて「私って、老けたなぁ……」と感じるのは、40代になると“みんなが通る道”と言っても過言ではありません。そんなとき、使ったコスメを封印するのではなく、パーツにちょこっと手を加えて“キメ顔”を取り戻せれば、不必要にテンションが下がらずに済むのではないでしょうか。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

「いい年して何やってんの?」男がうんざりする40代女性のNGなLINEマナー3選

もはやLINEは、私たちの生活になくてはならなく感じるほど、日々のコミュニケーションには欠かせないツールに。そして、単なる連絡ツールながらも、その使い方には個性が出やすいのも確かです。みんなが使っているツ…

40代のセルフ美容は「電動」がキーワード!? 時短美容もかなう名品3選

最近の美容アイテムの進化は目覚しく、多くの優秀な電動アイテムも続々と登場中。40代の美容では「賢く、満足度高く、効果も欲しい!」なよくばり女性も多いだけに、アナログ美容に限界を感じたら、セルフ美容にも電…

「このオバサン、タチが悪そう」と思われる40代独女のNGコミュニケーション3例

40代になると、若い頃よりも、恋愛には自然体で向き合えるようになる人も少なくありません。しかしあまりにも自然体すぎると「この女性、タチが悪いな……」と男性に引かれてしまうパターンもチラホラ。ひとたび「タチ…

あっという間にマイナス3歳!「わたし老けた?」と思ったら見直したいコスメの“色”3選

40代は、これまでと同じメイクを続けていても、鏡を見ながら「あれ? なんだか老けた……?」と感じる瞬間も多々。その日のコンディションによっても、雰囲気変わりがちではあるものの、もしかするとメイクの“何か”が…

【乾燥対策】40代がニベアとプチプラで対策するならどう組み合わせる?

そろそろ、全身の乾燥が気になり始めた季節。とは言っても、まだがっつりと乾燥対策するのには早いだけに、ゆるっと乾燥対策を始めるのが、今の時期の気分です。40代はプチプラを上手に組み合わせて、満足度の高いお…

男性が「あれ?この人老けた?」としみじみ思った40代女性の定番ヘアアレンジ3例

男性からの印象は、髪型ひとつで「老けたなぁ」にも「年齢よりも若く見えるなぁ」にもなるのが、実態。デートの日だけでなく、デイリーのちょっとしたシーンでも、その日のヘアスタイル次第で、残る印象はガラリと変…

即、マイナス3歳!40代におすすめの髪の若見えテク3選

「最近、老けてきた……」にお心当たりがある場合、その原因が、ヘアスタイルにある可能性も否めません。40代は、髪型ひとつで若見えもすれば老け見えもする年代だけに、老け顔を回避するなら、髪の印象も最重要課題。…

【40代のスキンケア】顔が老けてきた!? と思ったら見直すべきこと3選

鏡を見て「最近、老け顔が加速したような……?」と感じたり、メイクのりが悪くなったと思ったりしたら、デイリーのスキンケアを見直すべきタイミング。40代の肌は、気候や体調によっても左右されがちなだけに、ついこ…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢を重ねるにつれ、アレンジのバリエーション…

正直、気持ち悪い!男が苦手に感じた40代女性の「秋チークNG3選」

男ウケを狙いたいシーンだけでなく、ビジネスシーンで男性からの好感度アップを図りたいときにも、メイクによる印象は重要。秋は、夏までのメイクと比較して深みのある表情を狙う40代女性も多いけれど、男性から「気…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事