【岩井志麻子】あなたはどっち? 40代「世話好き」と「身勝手」の境界線

四十を過ぎると、よっぽど頼りないと思われていない限り、若い子達から「世話好きオパサン」であることを期待される。そんなの嫌というなかれ。繰り返すが、そう期待されないってのは年相応の信頼や立場がない、と見られてるってことよ。

 

ある社交的な四十路の話

さて、セワ子(以下、みんな適当な仮名)は四十路の独身。稼ぎもあるし社交的で陽気でおしゃれで、セワ子がいると場が華やぐ。しかし、なかなか特定の彼氏ができない。正式な見合いや婚活に励むというのはないが、合コンやマッチングアプリは活用しているし、常に好きな男や気になる男はいて、積極的に誘っているのに。

さて、あるとき会社の後輩である一回りほど若い独身男子のイケ夫が、休暇にヨーロッパQ国を旅行することになった。セワ子はイケ夫を憎からず思っていたので、張り切った。可愛がっている後輩ユメ美の彼氏ジョンがQ国人で、今はそちらにいるのだ。

 

「行くから案内してやって」

セワ子はユメ美からジョンの連絡先を聞きだし、「イケ夫ってのがそっちに行くから案内してやって」と勝手に連絡。ジョンもいきなり会ったこともない女に見知らぬ日本男を世話しろといわれて面くらったが、ユメ美の先輩からの頼みとなれば断れない。

ちなみにジョンは日本語ができない。ユメ美とは英語で会話しているが、イケ夫はあまり英語ができない。だから行き違いすれ違いが生じ、ジョンは勤めを休んでまでイケ夫を待っていたのに、結局イケ夫はジョンに一言も連絡を取らず帰国してしまった。

 

悪気はないのだけれど

後輩ユメ美は怒ったが、先輩にあまりきつくもいえない。何よりセワ子に悪気はないのだ。しかしユメ美は、同世代の友達には愚痴った。すると友達は、ぶった切った。

「セワ子先輩って世話好きオパサンじゃなく、思いっきり身勝手ギャルよ。イケ夫くんに感謝されたい、イケ夫くんに頼りになるといわれたいだけで、へっちゃらで後輩のユメ美は利用する。ジョンくんのことも、自分を引き立てる道具でしかないんだわ」

 

40代からの正しい「世話好き」とは

この話を聞き、私もユメ美の友達に同意した。

自分が苦労し、ときには犠牲になってでも人を助けるのが世話好きオバサン。自分を引き立てるため、もしくは好きな人を振り向かせたいだけで周りの人を踏み台にするのは、世話好きオバサンではない。

四十路になったら身勝手ギャルでいることはやめ、正しい世話好きオバサンになるべし。

 

スポンサーリンク

【岩井志麻子】それは「ズルい女」なのか?

ズルいってのは、一般的な考えと解釈では、法的に罪に問われるほどではなくてもあまり正しくない手段で得をした、とか。正々堂々、正攻法、正面からは行かず、裏から手を回しただの横入りしただのいわれる方法で、何…

【岩井志麻子】40代から「やめたほうがいい」人間関係とは?

仕事で、服役経験者や刑務所への取材をしたことが何度かある。そこで当事者達だけでなく、刑務官や弁護士といった関係者も口をそろえたのは、「やっぱり何がつらいって、人間関係なんですよね」ということだった。人…

【岩井志麻子】ストーカー事件から考える、男女のカンケイについて

私が長年お世話になっている、東京ローカルの番組。現在、そこで司会者をしているFさんは、定期的にストーカーに狙われる。先日も、何人目かの逮捕者が出た。ストーカーになる女たち彼はお笑いを生業として、ときお…

【岩井志麻子】やってはいけない! 40代からの「イタイ恋愛」 

八月の半ばに世間を騒がせたあの、あおり運転の熟年カップル。あれはもう例外というか論外というか、いちゃもんつけられて殴られた罪なき運転者達はお気の毒ではあったが、不慮の事故、不測の事態で死者が出なくてよ…

岩井志麻子 不倫に向く女と、不倫に向かない女

不倫には最初から相手が既婚者だとわかっていて始めた場合と、相手が独身だと信じ込んでいて、不倫の自覚がないままに始まった場合がある。すべてがそうじゃないけど、前者はプレイ感、大人感が漂うのに対し、後者は…

岩井志麻子 なぜ婚活しても「好きな人ができない」のか?

「好き」の定義も感覚も表現も、人によって違う。たとえば体重120キロ超えの知人は、「デブは三ケタから。80キロくらいでデブを名乗るんじゃない」と怒っている。言葉の「感覚」は変わるものそういう私はがりがり…

岩井志麻子 「一流の男」とお付き合いするには

どんな子であろうが、うちの子が世界一可愛い。これは正しい。だけど、彼は私にとっては一流の男、っていうと微妙な顔をされがち。どんな男でも私には世界一可愛い、ってのは有りだけど。一流の男と会いたい、そして…

岩井志麻子 女40代から「捨てたほうがいい」もの「磨いたほうがいい」もの

バーやクラブのママをしている友達が、何人かいるのだけれど。彼女らは、「隣に座るだけで客が満足するほどの若さと美貌」「芸人並みのトークスキル、座持ちがする巧みな話術」「客のボトルをバンバン空けさせる酒の…

岩井志麻子 40代、50代の独身女性にみられる4つの特徴【独女あるある】

先日、定例の濃い女子会を開いた。漫画家の西原理恵子ちゃん、新潮社の名物編集者ゆかりちゃん、そして銀座の高級クラブのママ。みんな、同い年。つまりアラフィフね。特徴1 いろんな意味でキッツイ?今現在のこの…

岩井志麻子 なぜ、男は浮気するのか? 

そもそも、浮気の定義も人それぞれであるよ。彼氏や夫が同級生、同僚といった女性と二人きりで食べたり飲んだりしたのを浮気にカウントする人もいれば、それはまぁ気分はよくないけど体の関係じゃないから許す、とい…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事