1日たった2分「○○をして立つ」だけ!他人からの評価が驚くほど上がるナイショの心理テク

こんにちは、ウォーキングスタイリストの櫻田千晶です。普段は仙台をベースに、東京でもウォーキングのレッスンを行っています。

私はモデル出身ですが、教えているのは単なるモデルウォークではありません。

その人の人生をよりよく変える、身体を正しく使う歩き方をレッスンしています。

辛く厳しいレッスンではなく、明るく楽しく。

なので、コンテスト対策中のモデルから、90歳のおばあちゃままで、幅広い世代に「歩けば歩くほど人生がポジティブになる」と定評をいただいています。

さて、人は楽しいと笑いますし、悲しいと肩を落とし小さくなります。

当たり前のことですが、この動作を理解して、ちょっとだけ逆手にとれば、驚くほどに恋愛や職場など人とのコミニュケーションが円滑になるのです。今回はごく簡単な小さな「ポーズ」についてです。

 

第一印象が悪いと損をするこれだけの理由

職場や学校などで明らかな失敗や挑発的な態度をとったつもりはないのに、理不尽な扱いや今一つ信頼されなかったり、慕われず納得がいかないと思った経験や、そのような同僚や友人に心当たりがあるのではないのでしょうか?

 

背中を丸めたり、肩を寄せたり視線を下げたり。自信のない人は、とかく自分の身体を小さくしがちです。

 

面接や会議などでは非常に不利なスタートとなります。信頼や期待を得られず、活躍の機会も与えられにく。良いことは一つもありません。

 

また、内側に丸まった姿勢では声も小さくなり、下に向かうので、とても損をします。

 

誰も私のことなんか見ていない…それはウソ、他人は驚くほど敏感なんです!

私たちは人と出会った瞬間に視覚からとても多くの情報を得て、それを元に相手のイメージを形成するものです。

 

単に高価な服装やアクセサリーを身につけていれば素敵な印象として記憶されるというものではなく、仕草や表情、行動から絶え間なく感じ取っています。

 

そのデータを元に他人が受けた印象が形成されていき、「性格」として記憶されます。

 

その結果が期待や尊敬の値へと変わっていくのです。

 

自分も無意識のうちに相手の人柄や価値観などの情報を感じているもので、実は人は誰でも驚くほどに敏感なのです。

 

かつて言葉が生まれる前もそのようなボディランゲージや表情や視線の具合で社会や組織の中で立ち位置が決まったのではないのでしょうか?

 

なので、そこを理解して逆手に取り周囲に自分の印象をできる限り良く感じでもらったり、いらない誤解を与えてもったいない減点を受けないようにしてください!

心の中で思っていることも、仕草や行動に現れます

例えを挙げてみましょう。

 

■相手を警戒している → 腕を組んだりポケットに手を入れる

■嘘をついている → 鼻を触る

■退屈だと感じる → 髪を指に巻きつける

 

他人のしぐさで思い当たることはありませんか?

しかし、これらの多くは無意識。多くの人とやりとりをする忙しい職場などでは、なかなか自分で気をつけることはできないものです。

ですから今回は、とても簡単で効果的なボディランゲージを用いた準備運動をお伝えします。

 

スポーツでの優勝や新記録など、人はとても嬉しい時や達成感を感じると両手を高く掲げると思います!

自分の能力を確認して勝利を確証しそのようなポーズをとりますね。

 

これは世界中に共通していること。一説には、生まれながらの盲目の方もそのような感情になると同じ行動を取るそうなので、視覚で覚えたわけではなく、本能からくる行動なのでしょう。

心と身体が密接に繋がっている証拠ですね!

心と身体の密接度は想像以上に強く、また、一方通行ではないのです。

無意識におこなっている姿勢や立ち方は大きく心に反映されるのですが、考え方によっては堂々とした姿勢や歩く姿を意識しておこなうことは、周囲からの信頼やポジティブな精神を手に入れる近道なのです。

 

「ナイショで仁王立ち」をすると、すべてがうまくいく!

たった2~3分で心まで強くなる方法は、とっても簡単!

1  肩幅程度に両足を開く

2  胸を張って堂々とした姿勢をとる

3  目線はやや上にまっすぐ

4  両腕を腰に当てる。「仁王立ち」のポーズで立つ

 

この自信に溢れた姿勢を2分程度行うだけで、身体のとった姿勢が心に反映されます。

その直後の思考や表情、仕草などに落ち着きが現れて信頼できるイメージを持たれやすい傾向があるようです。

 

なので、職場で仕事が始まる前や面接の前などにひっそりとひとりで行うとよいでしょう。

 

この姿勢だけで「テストステロン」という前向きになれるホルモンも出ますので、合コンやデートなどの時にもおすすめします。

 

運命のパートナーにはいつ出会うかわかりません。

冷静に相手を見ることや場に流された自分になってしまわないために、お手洗いなどでお試しください。

でも、見るとぎょっとしますから、絶対に人の前ではおこなわないように!

 

強いフリをずっと続けるだけ。ウソから出た真で、本当に強くなる

現在の私は我ながらポジティブな性格なのですが、それはレッスンの度に人前で背筋を伸ばし両手を広げたり、たくさん動かし、意識的に堂々した態度でレッスンをおこなう生活を長く続けているおかげだと思います。

 

強いふりが自信に変わり、自信は周囲からの信頼へと変わり感謝までいただき、気がつくと私が元気をもらっているような日々です。

 

みなさんも自信のあるふりをして、自分の心を前向きにして疑いや警戒からではなく、信頼されるイメージからスタートしてしなやかなオトナの女性を楽しんでください。

 

自信に満ち溢れる姿勢と歩き方のレッスンは毎月東京でも開催しています。

http://www.chiaki-walk.com/

スポンサーリンク

香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

ある日突然訪れる不祝儀事や病気のお見舞い。これら冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違…

クラブママが斬る!40代女性の痛~いお酒の呑み方ワースト4

たった一度のあやまちで、社会的信用も人間関係も失ってしまう。それが酒席でのトラブルです。ほんの一杯のつもりが、杯を重ねるうちに泥酔。やがて、取り返しのつかない事…

育ちの良い女性なら魚はどこから箸をつける?【オトナの常識#4】

会食の席などで焼き魚が登場。きれいに食べるのに苦心したことはありませんか?箸使いが美しいと、それだけで育ちまで良さそうに見えるから不思議です。さて、お頭つきの魚…

「傘寿」読める?「古稀」って何歳? 長寿のお祝い「賀寿」とその方法

60才が「還暦」なのは知られていますが、そもそも数え?満年齢?そして、その次は何歳で祝うの?長寿を祝う「賀寿」の基礎知識をまとめました。

育ちの良さが出る!上品な女性のパンの食べ方【オトナの常識#5】

高級レストランでの食事に誘われたけれど、テーブルマナーが不安。例えばパンはどのタイミングで食べればいいの? オトナの女性度がアップするパンの食べ方とは?問題 パ…

知らないと恥をかく!エレガントな割り箸の割り方って?【オトナの常識#11】

割り箸をきれいに割ることができず、恥ずかしい思いに……。そんな人も多いのでは?実は、きれいに割るにはコツがあります。問題 割り箸のきれいな割り方とは?A.割り箸を縦…

結婚式出席、二次会から、出産祝い。お祝いのお金はいくらつつむのが相場? 

お祝いごとはいつでも「いくらつつんだら?」と迷うもの。贈答金の金額は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違ってきます…

喪中の人にもお歳暮を贈っていい?40代のお中元・お歳暮常識テスト

親族とのおつきあい密度や、仕事内容など、その人の生活ごとにまったく「わたし流」が変わる贈答。「実家がやっていたように」の範囲で対応できないこともあるでしょう。知…

飯田橋 電源・Wifiカフェ 1日こもって快適に作業できる「TIMES CAFÉ」【TOKYOノマドオフィス】

NYから生まれ育った荻窪に拠点を移して以来、ずっとどこにも所属しないフリーランスである私。自宅で仕事すること30%、取材や打ち合わせで外に出ること40%、カフェやシェ…

レストランで食事中、バッグはどこに置くのが正解?【オトナの常識#12】

貴重品や化粧道具などを入れた小さなバッグは女性の必需品ですが、席に座って困るのがその置き場所。どこへ置くのが大人のマナー?問題 小さなバッグはどこに置けばいい?…

【肩こり】ここをチェックすれば原因がわかる!5秒でOKのストレッチとは

オトナの女性の体には様々な不調が現れますが、その中でも多くの方を悩ませるのが「肩コリ」。つらい痛みを常に感じている方や、慢性的な不快感によりメンタルが消極的になってしまう方も少なくありません。なぜ肩コ…

【ぽっこりお腹】頭上で手を合わせて横にグーン!下半身すっきりの「プチ筋」トレ2つ

増やすのは難しくて減らすのが簡単なのは「お金」ですが、逆に増やすのは簡単なのに減らすのが難しいといえば何でしょうか?答えは「体重」です(笑)。誰でも40歳くらいまでは、食べ過ぎて2~3kg太っても、1週間程…

ミュールがパカパカいうのは勘弁…「素足に靴」でブス脚になる5つのNG

暑い夏はできるだけ素足になりたい!素足になって、サンダルやミュールも履きたい!でも、歳を重ねた女性たちは要注意。裸足になるとキレイに見えないことが多いのです。たとえばこんな問題が!以下、あてはまるもの…

汗をかいてもニオわない!「よい汗」を出すためのたった1つの習慣とは

香りは記憶とつよく結びつきます。日常の中で偶然ある香りを感じた瞬間に、その香りにまつわる人やシチュエーションなどの記憶が鮮明に蘇るものです。香りは人の「感情」と強く結びつくので、いい記憶だけでなく、悪…

54歳、離婚後5年寝たきりの鬱と乳がんを経て健康を取り戻すまで【100人の更年期#11】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

床に手のひらはつく?1日1分でベッタリつける足指ストレッチとは

たとえば体重や体脂肪率などの「数値」は自分でわかっていても、自分の身体の「柔軟性」まで意識している人はなかなかいないと思います。ですが、柔軟性は身体の美しさを作る一番大きな要素の一つです。柔軟性に欠け…

肩甲骨きゅっと寄せられる?代謝を上げ不眠を撃退する2つのポイント

新しい年度が始まる4月。1年の中で最も寒暖差が大きい月なので、体がついていかない人も多かったと思います。寒暖差は体温調節や血管の収縮など、自分の意識とは無関係な部分。体にストレスがかかり自律神経が乱れて…

パンプスのかかとがパカパカしてません?9割くらいの日本人は「足の幅」を間違えてる

ご存知でしょうか。実は欧米では、家の中でも靴を脱ぎません。1日の大半を靴と共に暮らしています。自宅に帰るとまず靴を脱ぐ、会社や電車の中でも脱ぐ日本人にとっては、1日中靴を履くだなんて信じられないですよね…

下半身の冷え、上半身のコリを解消する「やせ歩き」2つの方法

最近は運動不足だと感じているのに先延ばしにしたり、お正月休みに増えた体重が気になっているのに、寒いから運動したくな~い!と、思っていませんか?夏になっても暑くても運動したくないのに、それでは一体いつす…

ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

夏と冬、ダイエットに適しているのはどちらのシーズンでしょうか? ダイエットに取り組む人が多いのは、肌を露出する機会の多い夏。また、汗の量や夏バテによる食欲の低下など、夏のほうが痩せやすいイメージがある…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事