【九星フラワー占い】五黄土星の11月は「恐い物、不安が消えていく」

本格的に寒くなってきましたね。寒くなると、人恋しいような寂しいような気分に陥りがちです。

寂しさ孤独感を中心に、その付き合い方、解消法、また孤独感うまく付き合った先にどのようなことがあるのか、そういった視点で占って行きます。

※五黄土星の生まれ年は1959年、1968年、1977年、1986年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

自分を押し出すより、受け身になることを覚える

 9つの星の中でも 強運と言われる五黄土星。

強く念じれば 、その願いが 叶うほど 念が強いとも言われていますが、 今月は 思い通りにいかないことが多く ストレスを感じるかもしれません。

この状況を改善するには、強引さを引っ込め、 受け身になることを覚える、それが 一番の方法です。

うまくいかないこと=大切で、変化が必要なこと

ただ我慢を覚えろということではありません。

うまくいかないこと、つまり流れが止まってしまうことは、 今後の やり方や 考え方、 関わる人脈などの変化が 求められているということです。

そしてその変化は、決して自分でこれがよかろうと考え出し、作り出すことではなく、星が 向かうべき流れに導いてくれるもの。

星の導きを信じてみてください。

 

恐い物知らずの五黄にますます恐い物がなくなる

それを待つ こと が、 受け入れる力があるからこその受け身になる。

つまり大いなるものの意図 を受け取れること、その力を身に着けるということです。

大いなるものの力を借りることが身についたら、ますます怖いものがなくなると思いませんか。

今月は、そこを目指し、物事が停止することや変化を強いられることを、冷静に受け止めて 観察 してみてください。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが パートナーがいる人は、ここら辺で 関係性を見直す ことになるかもしれません。

フリーの人は、華やかな恋愛というよりは、将来家族になるような相手が現れるかもしれません。

つまりフリーの状態なら、それが停止、または変化 する可能性があるということです。

金運は、本来入るべき収入が滞ったりする心配がある一方、 お金に関する悩みが解消するきっかけがつかめるかもしれません。

あらゆる形の停止が、その人にあった形でおこるということです。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは マスタード と ベージュ。

我慢強 さ や 物事や 人の ことを受け入れる 力をくれる 色です

ラッキーパーソンは 母方の親戚 です。

親族の集まりに参加 するそういう機会がなければ いっそ お墓参りに行くのもいいでしょう。

この変化の時期にご先祖の ご加護が得られ ます。

ラッキーフードは たらこの おにぎり。

困難があっても諦めず次につなげようという前向きな気持ちを与えてくれます。

何かが停止して困ったな、と思った時に頬張ってみてください。

 

蓮の花が象徴する五黄土星の魅力とは

五黄土星は、9つの星のなかでもっとも運が強いと言われています。
その力の源は、良い物・美しい物だけでなく、悪と言われる物、汚れた物さえも受け入れる度量、器の大きさによるものです。
暗くて、その中に何が含まれているのか見ることもできない泥沼、けっして美しくはないその場所に咲く美しい蓮は、とても五黄土星的な花だと言えます。五黄は決して愛想はよくないけれど、仲良くなってみると愛情深く、生まれながらの姉御肌でもあります。
仏教で蓮は知性や慈悲の象徴とされ、その花言葉は「清らかな心」、「雄弁」です。

※10月の全体運を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク