【九星フラワー占い】八白土星の11月は「重い荷物を降ろすためのヒントが」

本格的に寒くなってきましたね。寒くなると、人恋しいような寂しいような気分に陥りがちです。
寂しさ孤独感を中心に、その付き合い方、解消法、また孤独感うまく付き合った先にどのようなことがあるのか、そういった視点で占って行きます。

※八白土星の生まれ年は1965年、1974年、1983年、1992年です。
ただし、1月1日~2月4日、4日生まれの場合は前の年の生れになります。

自分の時間を人のために使うのかも

細々とした用事を頼まれたり、人の おしゃべりに付き合わされて、自分の時間が思い通りに使えないということが起きそうな1カ月です。

イライラするかもしれないし、人に冷たく辛くあたってしまうかもしれませんが、そういったネガティブな雰囲気を漂わせると思わぬアクシデントが起こります。

暗い気持ち、暗い場所がトラブルを招く

基本的な話でもありますが、 暗い夜道 には気をつけてください。

特に年末が近くなると、世の中の“気”がとても忙しくなっているので、トラブルが起きやすいものです。

不本位であっても、人の話にはできるだけ耳を傾け、人に頼まれたことは助けてあげるように。

さらに、そこで笑顔を忘れないようにしてください。

自分にとっての“宿題”の終わらせ方がわかるかも

そういった周囲の人の話を聞く中で、先延ばしにしていた 宿題に気が付くかもしれません。

そしてその宿題の 終わらせ方のヒントを得られるかもしれません。

もう一つ言ってしまうと、本当に大切にすべき人間関係 、もしかしたらすごく狭い範囲で区切っていたかもしれないその人間関係に、気がつくかもしれません。

ですから決して無駄ではないということを、どうか忘れないでください。

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、いいなと思っていた人の意外な 裏話や噂話を聞いてしまうということがあるかもしれません。

それを信じて心離れしてしまうのは、ちょっと早い気がします 。

実際に話をして本人から以下印象を大事にしてください。
金運ですが、間違えて多めに払ってしまったり、お財布を落としてしまったりといったアクシデントがないように気をつけてください。

それさえなければ、概ね安定しています。

そろそろクリスマスや年末の宝くじの時期ですが、必要なもの、何か欲しいもののことを考えて、それに必要な金額を思い浮かべ「必要なんです」と、天にむかって念じてみるのもいいかもしれません。

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、イエローカラーとブラウンです。

この2色がチェック柄になっていると、さらに 開運パワーが 強まります。

細々としたことがめんどくさいと感じてしまうその気持ちを、和らげてくれるでしょう。
ラッキーパーソンは、不動産屋の 経営者。

年齢が高めの男性でワンマンなタイプがさらに当てはまりす。
あまり関わり合いたくないタイプかもしれませんが、例えば、 街中で見かけたり、出会うようなことがあれば、運気 の波に乗れているというサインです。
ラッキーフードは、納豆つきの和定食。

限られた時間のなかで、やりたいことをやる気力をあたえてくれます。

ユリの花が象徴する八白土星の魅力とは

上から目線で鋭い発言が多いかと思えば、甘え上手、独特の存在感を持つ八白土星。長身の美人が多い星でもあります。「威厳」「純粋」という花言葉を持ち、背が高く凛とした姿のユリは、八白土星によく似合っています。八白は「家」をあらわす星。目上からかわいがられ、子供や後輩の面倒をよくみる八白は、組織や家族を1つにまとめる要となる存在です。複数の花をつけ、いくつものりん片が1つにかたまってできている球根、そんなユリの要素も八白的と言えます。
※10月の全体運を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク